夏の空知を探る その2 by団員H君

2015年8月の旅2-2 2015.08.30着信

続きまして、赤平に出ます。
4年前にも「TANtanまつり2011」にて探索しましたが、今回はミスター(鈴井貴之氏)の出身地でドラマ「不便な便利屋」のロケ地となったところを巡ります。
ドラマでもトロッコ車輌が保存してある機械工場内がちらっと映ります。
団員H君20150830-011

丁度、昼時なので昼食にロケ地にもなった食堂「珍来」のご当地名物?「がんがんラーメン」を食します。
本来、炭鉱産業時代にホルモンを味噌ベースのスープに煮込んだホルモン鍋で炭鉱マンがストーブでガンガン焚いて、ガンガン煮込んで、ガンガン食べて、ガンガン語り、ガンガン働くという意味合いの炭鉱町らしい鍋料理でそのラーメン版と言ったところです。
最近は、「カツラーメン」なるものが名物とか。
団員H君20150830-012

店前にドラマにも登場したカブも…
団員H君20150830-013

赤平の次は芦別に向かいます。
芦別市図書館の野外展示されている保存車輌を探ります。
団員H君20150830-014

団員H君20150830-015

続いて、帰路途中の三笠に出る夕張国道(452号線)沿いにある旧三井芦別鉄道の廃線跡を辿ります。
団員H君20150830-016

岩見沢に抜ける道で三笠トロッコのDLがありました。
団員H君20150830-017

団員H君20150830-018

最後は、岩見沢にて今春廃車され、つい最近に静態保存で移設された赤電車(711系)を拝んで札幌に戻ります。
団員H君20150830-019

団員H君20150830-020
(完)


出前カブの写真を見たら我が家の助六号が休車同然になっているのを思い出しました。整備するか…。尚、三笠トロッコ入口にあるDLは芦別から来たもの。団員H君同様夕張国道から運ばれて来たのでしょうか? by情報家S藤

tag : 鉱山軌道 展示 普通の鉄道

夏の空知を探る その1 by団員H君

2015年8月の旅2-1 2015.08.30着信

こちらもまたまた渡道です。
今回は、ひょんなことから?「水曜どうでしょう」のミスターこと鈴井貴之氏が監督し、今春放送したドラマ「不便な便利屋」(テレ東、現在BSジャパンで再放送中)の札幌でのイベントの抽選に当選してしまったからです。
2週間前に当選通知のハガキが届き、個別で宿を手配するにもネットで調べると空室なし。(あっても1泊4万円以上の高級ホテルのみ)
仕方なく旅行会社のパックを利用するも飛行機代は安いものの宿は1泊1万円代後半が僅か残っていたのでその場で即決。
しかも土日1泊2日を予定していたが、土曜午前便と日曜夕便の茨城便はパックでは枠一杯なのか取れず。
結局、いつも通りの金曜夜便出発~月曜朝便帰着で手配。
宿さえ取れれば成田発のLCCも考えましたが2週間前なので格安設定が無かったので断念。
後で判ったのは8/30に「北海道マラソン」が開催されるとのことであった。

イベントは29日の夕方からで、生のミスターを拝見。

翌30日(日)の本日、格安レンタカー(軽、免責補償、全て込々で3千円)を利用し前回(6月)に引き続き、空知地区を探索。

今回は主に昨年のS藤さんレポ「LCCで北海道を探る」(参照)を参考に空知地区を辿ります。
先ずは、美唄の旧東明駅跡に静態保存されているEタンクから。
団員H君20150830-001

続いて、「炭鉱メモリアル森林公園」、「美唄市郷土資料館」を探ります。
団員H君20150830-002

団員H君20150830-003

次に上砂川に入り、「かみすながわ炭鉱館」、「歌志内市郷土館ゆめつむぎ」、「悲別ロマン座」の鉱車を探ります。
団員H君20150830-004

途中、旧上砂川駅に立ち寄ります。ここは別名「悲別駅」と言い、「北の国から」の倉本聰氏がTVドラマで撮影した「昨日、悲別で」のロケ地でした。
また同じく倉本聰脚本で高倉健さんが主演した映画の撮影地でもあります。(今は、廃線が決まった同映画ロケ地の「増毛駅」の方が話題になっています。)
団員H君20150830-005

団員H君20150830-006

団員H君20150830-007

団員H君20150830-008

団員H君20150830-009

団員H君20150830-010


突発的な渡道で空知の「鉄」巡りです。私の探索では漏れた「美唄市郷土資料館」「歌志内市郷土館ゆめつむぎ」をカバーしてくれました。 by情報家S藤

tag : 鉱山軌道 展示

夏の松本・大町を探る by情報家S藤

2015年夏の青春18きっぷ第三弾は久しぶりのロングショット。

青春18きっぷ2015夏003

立川までの切符を買って28日新宿発のムーンライト信州に乗り込みます。
ムーンライト信州81号20150828-004

この席、残り1席だったのを押さえたものでしたが、分かる人には分かるのかなあ…、ドアの開閉がうるさくて…。指定席完売の放送も入りましたがAB席は誰も来ないので上諏訪あたりで移動しました。
ムーンライト信州81号指定席券20150828

早朝の松本着。目的地は大町ですが、このまま行くとチョット早すぎるので…、夕方に行く予定の銭湯の道程を下調べして、ここ「みづしろ」をチェックして、牛丼屋で朝食をとります。「みづしろ」は改装工事中。軌道は残念ながら溝が埋められてしまいました。通路になるのでしょうか。奥に台車が確認できます。
みづしろ20150829-002

大糸線始発電車に乗ります。
大糸線3221M20150829-001

そして柏矢町で下車してビレッジ安曇野の朝風呂へ。(いきなりかい!)地下73メートルから湧出する地下水利用のお風呂でした。ビレッジ安曇野と言えば頚城鉄道の除雪車が一時期展示されていましたね。(現在は成田ゆめ牧場)
ビレッジ安曇野20150829-001

浴後、再び柏矢町駅へ戻り大町へ。まずは市野屋商店の軌道を眺めて…。
20市野屋20150829-002

そして今回の隠し玉!大町駅と市野屋商店の間にある元商店の軌道跡です。2010年の探索時に発見しましたが、時間が無かったのと家人に会えなかった事で取材ができず、写真だけだった軌道です。今回は取材成功です。ここは今は面影がありませんが元肥料店で穀物類も扱っていたそうです。敷地の一番奥には蔵も残っていて途中に家が建ってしまいましたが玄関付近と蔵の部分だけは軌道が残っています。軌間は620mm(実測値)。台車は処分されてしまってます。
20大町の元肥料店20150829-010
(大町市大町2564隣)

2時間近く市街地を探索しましたが新発見には至らず、駅に戻ると若干の空腹感が…。昼には少し早い時間ですが駅そばを一杯。生そばを茹でる「特製かき揚げそば」410円。普通のそばより40円高い値段設定です。
信濃大町駅そば20150829-001

松本まで戻り少し移動して今回のメイン。チョット訳ありで今回は詳細を伏せさせて頂きますが、最近の廃線跡ではピカ一。いずれ公開させて頂きます。520mm軌間の軌道跡が100メートル超です。
20施設N20150829-093

再び松本駅へ。次はバスで空港方面へ向かいます。目指すは以前ブログでお伝えした軌陸車の試運転線です。
アルピコバス20150829-001

空港のひとつ手前のバス停「空港東区」で下車。近くにあるTADANOという会社の敷地内にたくさんの作業車が置いてあります。そしてその敷地の一番奥に軌道があります。末端には京急の作業車。シートに隠れてますが種車はジープです。試運転線の軌間は1067mmのようですが一部1435mm(推定)と3線区間になっていました。トラックから軌道車に変身する踏切部近くには軌間の調整用でしょうか、レールが何本か転がっていました。
20TADANO20150829-039

反対側の末端にはトモエのサーボロコがあります。軌間は不明ですがナローは確実です。
20TADANO20150829-020

事務所の所在地は松本市大字空港東8777ですが敷地の中程に塩尻市との境界線があって試運転線がある場所は塩尻市大字洗馬になります。村井駅からもコミュニティバスが運行されています。

またまた松本駅に戻り〆にかかります。駅から歩いて約10分の由緒ある銭湯「塩井の湯」へ。鉱泉を利用した湯で今日一日の汗を流して…。
塩井の湯20150829-005

〆の湯になるはずでしたが想定外の事態です。予定の列車まで50分近くあったので「みづしろ」へ再度向かう途中でした。ビルの隙間に!?!? レールではなくL型のアングル材ですが、これトロッコでしょ!店の方に了解を得て写真を撮っていると女将さんらしき方が現れてトロッコを動かして来ましょうか?…いやいや宜しければこちらからトロッコの所まで…。奥まで入らせて頂きました。一番奥に台車が一台。聞けば現役で毎日稼働しているとの事。こんな街ナカの死角に、これはとんだ特ダネじゃねえか~~。©NTT Docomo
20植田鰹節店20150829-008
植田鰹節店(松本市大手3-2-18)

最後に未知のトロッコ発見で興奮冷めやらぬまま帰路につきます。松本駅で銘菓「あずさ」、駅の売店でとり釜めし(860円)を購入して甲府行きの普通列車に乗り込みました。小淵沢で大月行きに乗換えます。今日、ここまで何度か211系に乗りましたが最後にようやくクロスシート車が来ました。
中央325M20150829-001

ロングシートでは躊躇いますがクロスシートなら大丈夫。夕飯の「とり釜めし」を頬張りました。この釜めしは松本駅で買いましたが塩尻駅構内で販売されているものです。製造販売は塩尻市の「カワカミ」。容器がプラで正直期待していませんでしたが、食べてみると、こ・れ・は・レベル高いですよ。味付けや野沢菜など、どれを取っても美味でした。
とり釜飯20150829-001

大月から東京行きに乗換え。帰宅は昨夜の出発からほぼ24時間。有意義な18きっぷの利用でした。

tag : 工場軌道 街角軌道 軌道跡 展示 普通の鉄道

焼津の赤阪鐵工を探る by軽探団

焼津駅近くの大規模鐵工所「赤阪鐵工」を公開しました。

22赤阪鐵工20141210-008再

WEB軽探団 赤阪鐵工

tag : 工場軌道

夏の稚内~上野を探る from長老S氏

稚内発~上野行 2015.08.25着信

恒例の島での休暇を過ごした後、帰りは鉄に徹しました。
長老S氏稚内~上野001

サロベツ~ハマナス~はやぶさを乗り継いで帰っ来ました。
長老S氏稚内~上野002

上野までの長旅の始まり。
長老S氏稚内~上野003

北斗星が亡き後、最後のブルートレイン。
長老S氏稚内~上野004

本日のB寝台は、満席でした。
長老S氏稚内~上野005

早朝の青森を出発。
寝台とは言え、疲れ気味です。
長老S氏稚内~上野006

約24時間かけて、帰っ来ました。
最北の稚内の遠さを、実感できました。

明日、会社です。


18きっぷの続報が来ないと思っていたら礼文島でしたか!昔、団長が礼文島には「レブンイレブン」というコンビニがあると言っていたのを急に思い出しました。 by情報家S藤

tag : 普通の鉄道

夏の栃木・埼玉を探る by情報家S藤

2015.08.22、18きっぷ第2弾は北関東(栃木・埼玉)です。

青春18きっぷ2015夏002

上野から宇都宮線に乗車。前回同様鶯谷のナベトロを狙います。連写した1コマに収まりました。近くに台枠部分もあるはずですが今回も捉えられずです。
鶯谷駅20150822-001

普通列車宇都宮行きは宇都宮始発に接続するのかと思っていたら、小山駅のホームで「黒磯」行きの電車を発見。調べてみると接続するのは高崎発黒磯行きの電車でした。そこで石橋で乗り換えることに。107系4両です。
宇都宮線425M石橋20150822-003

今日の最初の目的地は野崎です。で、行ってはみたものの、思ったほどの収穫は得られずトンボ帰り。氏家駅近くのコンクリート工場を車窓から。
09前田製管20150822-001

小金井の高架下。新幹線の下に新幹線です。子供が乗っていました。
09小金井高架下20150822-005

空腹感が大きくなったので小山で途中下車。ホームにある立ちそば屋で一杯。
小山駅そば20150822-001

小山~間々田間にあるコンクリート工場。チョット怪しい雰囲気です。
09東間々田のコンクリート工場20150822-003

一旦大宮まで戻り今度は高崎線。JR大宮工場では車輛を載せる台車がトロッコ風。2両1組で3組あります。左側が動力車で右が非動力車でしょうか?
11JR大宮工場20150822-004

鴻巣で降ります。以前とれいん誌で紹介された清水金物店のオマケの軌道跡。現地の駐車場へ行ってみると矢部製作所の看板がありました。
11矢部製作所20150822-006
(鴻巣市本町5-8)

他のトロには寄らずすぐに深谷へ移動しました。今日はココからもう1トロ。JRだと籠原の方が近いのですがレンタサイクルを借りるため深谷を選択。思惑通りレンタサイクル借りて向かった先は「キザイ工業熊谷工場」です。2012年5月に探索した横浜の新羽幹線工事で使われていたBLに書かれていた会社です。現地へ行ってみるとBLの姿はありませんでしたが、工事用の貨車がいくつか確認できました。
11キザイ工業熊谷工場20150822-004
(熊谷市三ヶ尻3755)

深谷市街へ戻ります。深谷駅の手前で踏切を渡り進むと一見して線路跡と分かる遊歩道と自転車道がありました。日本煉瓦製造専用線跡に間違いありません。自転車の返却時間までまだ余裕があるので走ってみることに。途中の案内板で確認すると全長は4kmです。2kmくらいの所で交差した道路にセブンイレブンを発見。休憩と水分補給です。

再びチャリを漕ぎ始めると線路跡最大の見せ場がありました。終点まであと1.5km。
11日本煉瓦製造専用線跡20150822-012

コースの終点まで行ってみると煉瓦製造跡地には新しい別の会社がありました。敷地に沿って進むと煉瓦製造工場の事務所が残されていました。見学が出来そうなので近付いてみると、案内の方がいて見学を勧められました。休憩がてら覗くことに。すると写真や模型、資料などを元に丁寧に説明してくれました。入館無料、無料P(数台分)、簡単な休憩室ありです。

写真撮影はOKとのことなのでトロネタを中心に。

工場の模型には専用線や構内のトロッコ線などがはっきり描かれてました。模型の右上が深谷駅方向で専用線がカーブして工場内に進入して来ます。
右側のS字状の川に架かる橋の左に現在いる事務所があります。
写真中央を縦に走るのは構内で煉瓦を運搬するトロッコで、見えない部分にも多く線路が敷設されていました。
11日本煉瓦製造資料室20150822-009

窯の模型。構造が分かるように断面図になっています。窯の周囲には焼く前と焼き上がった煉瓦を運ぶトロッコ軌道。
窯の上には燃料の石炭を運ぶトロッコがあったそうです。
11日本煉瓦製造資料室20150822-010

別の部屋にはレールが展示されていました。右上がトロッコ用、左と中央したが専用線のもので太さが2種類。トロッコ用は頭幅2.5、高さ5、底面幅5。専用線用の細い方は頭幅3、高さ6、底面幅6でした。(単位センチメートル)
11日本煉瓦製造資料室20150822-011

写真が何点かありました。
複写しトリミング、色調を調整しました。

窯から製品を取り出すところ。
11日本煉瓦製造資料室20150822-016

煉瓦の原料となる粘土は工場周辺の土地を掘って採取していて、掘った後はそのまま水田になったそうです。周辺には今でも水田が多く残っています。粘土を工場へ運ぶトロッコは馬が牽いています。撮影は昭和32年と記されていました。
11日本煉瓦製造資料室20150822-018

成型された生煉瓦を切って通常の大きさにして更に切り口や角は手作業で整えたそうです。運搬用トロッコのレールが少し写っていました。
11日本煉瓦製造資料室20150822-019

工場内の専用線ヤードを横切るトロッコ軌道。
11日本煉瓦製造資料室20150822-020

ここで売られている煉瓦のペンダント(300円)。実際に使われていた刻印が打たれています。
日本煉瓦製造ペンダント20150822-001

お土産に1つ買って、案内をして下さった方にお礼を言って後にしました。帰りは窯の近くを回って再び専用線跡を通って市街地へ戻りました。

深谷駅から高崎方向へ4つ目の踏切近くにある謎のレールを探索します。フェンスに囲まれて中に入れないので外から写真だけ。
11吉田工務店20150822-004

市街地には旧中山道が通り奥行きの長い構造の建物が見られ、酒蔵、酒屋、製麺所、金物店などトロッコがあっても不思議ではない建物が数多く残ります。左右をキョロキョロしながらペダルを漕ぎますが、残念ながらトロッコは確認出来ません。
深谷市街地の風景20150822-003

旧中山道の裏道を行くと煙突を発見。近づいてみるとご主人が顔を出して暖簾を掛けました。銭湯です。時計を見ると丁度4時。自転車の返却時間まで1時間あります。ここは迷わず入湯!
公衆浴場中湯20150822-002

何処にも浴場名の表記がなく帰宅後ネットで調べると「中湯」でした。
(深谷市仲町9-36 16:00~23:00・水曜日定休 430円)
実はこの後、自転車を返却し「姫の湯」にも入湯。夕方の心地良い風を受けながら駅へ戻りました。

帰宅前に深谷から反対方向へ1駅。岡部駅から引込線が延びる関東分岐器へ。ホーム先端と帰りの電車の車窓から探ります。JRと繋がる引込線とは別線の構内軌道は見える範囲で3線確認出来ています。
11関東分岐器20150822-017

岡部から快速アーバンで一気に上野まで。
快速アーバン上野20150822-001

到着は15番ホーム。やっぱり上野駅は下がいいですね。

tag : 工場軌道 軌道跡 展示 グッズ 遊覧鉄道

RM最新号(№385)を探る by情報家S藤

毎度お馴染RMのコーナーです。

今月の特集は「特急〈あずさ〉の半世紀」です。
RM385(2015.10)

まずはしばらくあずさの特集記事が続きます。
次の臨海鉄道基礎講座はなかなか面白い記事ですがトロネタはなし。

そして進むことp82、やって来ました「トワイライトゾ~ン」。おっと今月は「河原の歳月-江戸川-」と題したスペシャル。江戸川堤防・河川敷にある軽レールで出来た車止め群をレポートした、私も引きそうなくらいの実にマニアックな内容です。レールは堤防工事等で使用されていたものと推定しています。
■江戸川堤防・河川敷の軽レール p82-85(2010.02.24・2010.03.01・2010.03.14・2010.03.18・2010.03.19・2010.03.24・2010.05.31・2010.06.24・2015.06.04)

トワイライトゾ~ンはこれで終わり…、と思いきや!「河原の歳月-江戸川-」再び始まります!昔の堤防・河川敷工事の貴重なレポ。
■江戸川工事事務所 松戸 p85-87(1961頃)
■江戸川工事事務所 流山 p88-89(1961頃)
■江戸川工事事務所 野田 p89(1964.01.27)
ここは鉄道誌でも初登場級のネタでした。

再びページをペラペラ…、中々トロネタが現れません。ようやくRMInformationで、
■三岐鉄道北勢線のイベント告知 p148(2015.10.01)

書籍の案内で、
■国有林森林鉄道全データ中部編 p156
■私が見た特殊狭軌鉄道第3巻 p156

今月の付録は「中小私鉄第三セクター運行図 2015西日本編」
■三岐鉄道北勢線 p65-67(2012.03.20改正)

小冊子「広田泉のぶらりローカル線の旅」も付いてます。

トロッコ度★★★☆☆(3)

2015.08.21発売
1500円(本体価格・付録付)

ズーラシアを探る by情報家S藤

先日、LINEでこの様な写真が届きました。

軌道風の2筋の線。軌間は広め。橋の先でチョイと左カーブして…、
ズーラシア20150818-002

車止めとトロッコ風オブジェが!
ズーラシア20150818-001

どういう意図で設置されているのか分かりませんが何故かここだけ鼠園らしい雰囲気です。


よこはま動物園ズーラシア
神奈川県横浜市旭区上白根1175-1

東京駅100周年Sicaを探る by情報家S藤

2014年12月20日、東京駅で起きた騒動はマニアの一人として思い出したくもないが、忘れてはならない事件だと思っている。が、ここでその件をどうこう議論する気もありません。何故ならここは「軽探団」だから…。(意味不明な文章ですよ!byTちゃん)

その後、希望者全員に販売される事になり純粋に欲しいと思った私は申し込んだのでありました。そして待つこと約半年、振込用紙が届いたのであります。
東京駅100周年Suica005

普段は腰の重い私もすぐにコンビニへ行って代金を支払いました。すると今月の18日に届きました。
東京駅100周年Suica006

封を開けてみると、まずは挨拶文。文章の内容について語る気はありません。何故ならここは「軽探団」だから…。(また言いますか! byTちゃん)
東京駅100周年Suica001

そして主役のSuica。
東京駅100周年Suica004

こちらは台紙です。
東京駅100周年Suica002

裏側はこんな感じ。
東京駅100周年Suica003

ところで2000円の内訳はカード代が500円で使えるのは1500円ですよね?売る前には説明があったのかも知れませんが、売った後は関係ないのかな?

このSuicaの購入希望は約500万枚と聞いています。かける2000円でいくらになるんだ?1500円は使うかも知れませんがカードを払戻しする人はほとんどいないと思うので500万枚×500円は完全にJR東に入る訳で…。まあそれをどうこう語るつもりはありません。何故なら…(もう結構です!byTちゃん)

とりあえずは入手できてめでたしめでたしでございます。

tag : グッズ

釜石鉱山の資料を探る by軽探団

行くぜ東北2015夏

WEB軽探団資料室に「釜石鉱山見学会配布資料」と「釜石鉱山見学領収書」(団員H君提供)をアップしました。
03釜石鉱山550ML坑道入口fromYahoomap
《Yahoo mapより550m坑道入口付近》 軌道と車輛が見えますか?

資料室へはブログ右側「WEB軽探団トップページ」→「資料室」へお進み下さい。

tag : 鉱山軌道

JRトレインくん南武線E233系を探る by情報家S藤

前回ご紹介した北斗星と同じシリーズのサブレです。

JRトレインくん南武線E233-001

早速蓋を開けてみると…、中身は全く同じです。他にも何種類か出ていますが中身は同じなのでしょうか?こちらも東京駅の売店で購入しました。

サブレは国産です。価格は669円(税込)。

販売者 JR東日本リテールネット

宇部市石炭記念館のパンフレットを探る by軽探団

WEB軽探団資料室に宇部市石炭記念館のパンフレット(2009年1月)をアップしました。

35宇部市石炭記念館パンフレット2009

WEB軽探団資料室は当ブログ右側の「WEB軽探団トップページ」から「資料室」へお進み下さい。

tag : 鉱山軌道 展示

東京中央郵便局の地下鉄を探る by軽探団

読売新聞2015年8月4日の夕刊に掲載された記事です。

13東京中央郵便局20150804読売夕刊

日本の地下鉄の始まりは東京駅と東京中央郵便局の間に郵便物輸送用に敷設されたトロッコの様な鉄道でした。新聞記事の写真が小さくて見えにくいですが、同じ写真は郵政博物館HPでも確認できます。(下記リンク)

3線あって渡り線もある本格軌道です。リンク式の連結器と小さなバッファがついてますね。

参考:郵政博物館HP資料

夏の越後を探る from長老S氏

青春18きっぷ4 2015.08.14着信

青春18切符の縛りは、厳しくなったな〜⁉

飯山から新幹線にしようか迷いました。
長老S氏20150814-001

長老S氏20150814-002

結構、清水トンネルを抜けて東京を目指す人が多かったです。

高崎で、偶然C61を見ることができました。
長老S氏20150814-003


C61を見る事ができて、在来線で正解でしたね。今週はイベント系列車の運行も多数です。 by情報家S藤

tag : 普通の鉄道

夏の長野を探る from長老S氏

青春18きっぷ3 2015.08.13着信

今朝、少し早起きして、中央線を乗り継いで姨捨へ来ました。
天気が、イマイチ残念でしたが期待通りでした。
長老S氏20150813-001

長老S氏20150813-002

桑ノ原信号場(?)にも入ってくれて、満足な乗り鉄でした。
本日は、野沢温泉で泊まりです。
温泉、天然クーラー、ビールで夏休みは、完璧です。
今日は、寝るぞ〜⁉


通り雨も止んだので、下駄を鳴らして外湯歩きへ。
長老S氏20150813-003

13湯有るとの事、とりあえず2つ入りました。


今日は寝るぞ~って、風呂入っとるやん! by情報家S藤

tag : 普通の鉄道

夏の山形・会津を探る その2 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-2 2015.08.13着信

続いて近くの山形交通旧高畠駅の保存車両を拝見。
団員H君20150813-011

団員H君20150813-012

団員H君20150813-013

ラストスパート?で米沢から会津に抜け、「猪苗代緑の村」の旧沼尻鉄道の保存車両を確認します。(「猪苗代の保存車を探れ!」参照)
団員H君20150813-014

団員H君20150813-015

団員H君20150813-016

ラストは磐梯熱海の「ゴールドマイン玉川」の近況を探ります。(「郡山の金山施設を探れ!」参照)
団員H君20150813-017

再開するとかしないとかの噂があったみたいですが残念ながら廃墟化?。
団員H君20150813-018

日帰り温泉施設「ユラックス熱海」で一浴して磐越道~常磐道で一気に帰ります。


【本日の走行距離488㎞】

やはり関東の方が暑いですね。


ユラックスは30年近く前に入湯したことがあります。その時、出入口に自動改札口が設置されていました。当時、首都圏で普及し始めた頃で恐らく東北初の自動改札だったのではないでしょうか。(当社比) by情報家S藤

先輩、当社比の使い方が微妙に間違っていますよ。 byTちゃん
微妙じゃないでしょ! by団員H君
そうか、「社」じゃなくて「団」だな。「当団比」。 by情報家S藤
そこじゃねえだろ! by団長

tag : 展示 鉱山軌道

夏の山形・会津を探る その1 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-1 2015.08.13着信

6日目(8/13)、昨晩泊まったのは新庄駅近くでトレインビュー。
団員H君20150813-001

今回も探索箇所を欲張ったので早朝出発の連続。
しかし、本日は最終日なので多少ゆっくりしようと思ったが、はやる気持ちに負けて7:30出発。
あいにくの空模様。
気温21℃と心地良い。

最初は、河北中央公園の「いもこ列車」(「謎の長物車を探れ!」参照)を探索。一般公開日は年に数回で本日は休み。
団員H君20150813-002

団員H君20150813-003

団員H君20150813-004

続いて、西川町の月山の酒造資料館に展示している山形交通の保存車両を拝見。
団員H君20150813-005

団員H君20150813-006

次は同じ地区(西村山)で月布鉱山の周辺を探索。現在は坑内を四駆車やトラックでの搬送ですが、かつてはトロッコを利用していました。夏休みで流石に中には入れません。約10年前に訪問したときは周辺に鉱車の残骸が放置してありましたが5年前にはほとんど撤去されていたので、折角近くにきたので再確認してみました。
結果は…
スカ。
団員H君20150813-007

団員H君20150813-008

続いて、山形道~上山温泉を経て高畠町に出ます。
ここではS藤さんが5年前に訪れた米鶴酒造の軌道を探ります。(「真夏の酒蔵を探れ!」参照)
団員H君20150813-009

せっかくなので試飲したかったけどマイカー運転なので残念。
団員H君20150813-010


大江町の月布鉱山、気になります!ポッカリと口を開けているのは坑口でしょうか? by情報家S藤

tag : 展示 工場軌道 鉱山軌道

ひたち海浜鉄道を探る from長老S氏

青春18きっぷ2 2015.08.12着信

ひたちなか海浜鉄道を見て来ました。
海に行く人も、チラホラ居て賑わっていました。
長老S氏20150812-001

那珂湊あたりを、ぶらついて帰っ来ました。
長老S氏20150812-002

勝田からの普通は、品川行きが無くて残業でした。


残業って…
常磐線、上り普通の品川行きは、朝に数本、勝田発はありますが、日中は土浦発のみです。 by団員H君

「ざ」 残業 残念 座敷 残暑 材料…
 「ざん」 残業 残念 残暑 残業中… my スマホ

tag : 普通の鉄道

夏の秋田・山形を探る by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-2 2015.08.12着信

次は、秋田市に出て「仁別森林博物館」(「森のボールドウィンを探れ!」参照)を探索。
ここも交通の便が悪く休館も多いので難易度高いところと言える。
ここでは様々な森林鉄道で活躍した車両が保存されています。
団員H君20150812-010

団員H君20150812-011

団員H君20150812-012

次に、再び内陸部に入り秋田道を経由して湯沢市近くの羽後というところで、羽後交通雄勝線の保存車両を探ります。
団員H君20150812-013

続いて山形県に入り、先日、団長が仕事?でレポした「まむろ川温泉梅里苑」のトロッコ列車を探ります。
団員H君20150812-014

団長と同じく運転日でないのは残念。
団員H君20150812-015

団員H君20150812-016

近隣の「真室川町立歴史民俗資料館」も一応、チェック。
団員H君20150812-017

団員H君20150812-018

本日は新庄にてタイムアップ。
【本日の走行距離421㎞】


仁別と真室川の登場です。真室川は折角の動態にも関わらず稼働日が少ないのが残念ですね。 by情報家S藤

tag : 森林鉄道 展示

夏の青森・秋田を探る by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-1 2015.08.12着信

5日目(8/12)、ちょっと早目の5:00出発で、早朝に跡形も無くなった旧十和田市駅跡に立ち寄り、奥入瀬~十和田湖を横目に秋田県に突入。
団員H君20150812-001

団員H君20150812-002

団員H君20150812-003

団員H君20150812-004

途中、通り道である国道103号線大湯温泉では、ここでもS藤さんレポの八重樫建設「地下へ延びる謎軌道を探れ!」の現認を試みます。
ありました。
団員H君20150812-005

団員H君20150812-006

更に国道103号~285号~105号と走行し、阿仁合にある「阿仁異人館」に到着。
団員H君20150812-007

ここには阿仁鉱山で働いていたトロッコ、BL・鉱車・バケットローダー車が屋外展示されています。
団員H君20150812-008

何故かそばには腕木信号機と日本最初のレールというものが置かれていました。
団員H君20150812-009


八重樫建設は不思議な軌道でしょ?現役時代を知りたいものですが…。 by情報家S藤

tag : 工場軌道

夏の下北を探る その2 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-2 2015.08.11着信

少し汗をかいたので奥薬研温泉にて一浴。
入浴券200円は安い。
団員H君20150811-012

一応、観光で恐山にも立ち寄ります。
団員H君20150811-013

団員H君20150811-014

団員H君20150811-015

ここから一気に今夜の宿泊地・十和田市に向かいます。
日中は天気が良く、気温も25℃でしたが、七戸に入ると豪雨となり南部縦貫鉄道七戸駅に着くも外に出れず…
仕方なく早々に十和田市のBHにチェックイン。

夕食には、青森のB級グルメ「バラ焼き」と冷たいビールとで堪能。
団員H君20150811-016

【本日の走行距離300㎞】


温泉は恐山にある浴舎も渋くてお奨めです。南部縦貫は残念でしたね。それでもバラ焼きにビールとは堪りませんなあ~。 by情報家S藤

夏の下北を探る その1 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-1 2015.08.11着信

4日目(8/11)、本日は下北半島を一周します。
団員H君20150811-001

先ずは、脇野沢に向かい、製材所の「通行可能?史上最強のヨレヨレ軌道を探れ!」の現存確認を探ります。
結局見つからず。

続いて、津軽海峡沿いのクネクネ道を辿り、大間崎に出ます。大間と言えばマグロ! 少し奮発して「三色マグロ刺身定食」を食します。
団員H君20150811-002

団員H君20150811-003

食後は、下風呂温泉にある未成線大間鉄道の鉄道アーチ橋と旧大畑駅に立ち寄ります。
団員H君20150811-004

団員H君20150811-005

団員H君20150811-006

次に奥薬研温泉に向かい、定番の大畑森林鉄道跡 (「軌道の残る遊歩道を探れ」参照) を探索。
団員H君20150811-007

団員H君20150811-008

団員H君20150811-009

団員H君20150811-010

団員H君20150811-011


脇野沢の製材所は流石に古いネタなので…。それでも森林鉄道跡は線路が撤去されることなく残っていますね。 by情報家S藤

tag : 森林鉄道 軌道跡

宇部市石炭記念館を探る by軽探団

WEB軽探団にて宇部市石炭記念館を公開しました。防爆型DLが素晴らしい!

35宇部市石炭記念館20090118-013

WEB軽探団 宇部市石炭記念館

tag : 鉱山軌道 展示

夏の岩手・青森を探る その3 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-オマケ 2015.08.10着信

金山沢旧小学校から松舘小学校の途中で八戸鉱山の八戸キャニオン展望台に立ち寄りました。
団員H君20150810-020

団員H君20150810-021

団員H君20150810-022

団員H君20150810-023

団員H君20150810-024


鉱山近くまで行くと、何処までが立入OKで何処から立入禁止なのか分からなくなります。 八戸キャニオンの景色は迫力ありそうですね。 by情報家S藤

tag : 鉱山軌道

夏の岩手・青森を探る その2 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-2 2015.08.10着信

続いて、久慈を経て青森県に入ります。

八戸の住友セメント保存車両がある金山沢旧小学校(「廃校に残された石灰石列車を探れ」参照)、松舘小学校(「校庭のプリムスを探れ」参照)、新井田小学校(「加藤の保存機を探れ②」参照)の現在の保存状態を探索。
団員H君20150810-010

団員H君20150810-011

団員H君20150810-012

松舘小学校は今年3月に閉校になったとか。
団員H君20150810-013

団員H君20150810-014

団員H君20150810-015

団員H君20150810-016

八戸を出ると三沢の航空科学館に立ち寄り、懐かしいYS-11を見学。
団員H君20150810-017

下北半島に入ります。
ここでも北東端にある尻屋崎の尻屋崎鉱業所(「本州最北、エンドレス軌道を探れ!」参照)の現況を確認します。
団員H君20150810-018

残念ながら保存車両は発見できませんでした。
団員H君20150810-019

夕刻なのでここでタイムアップ。今夜は下北のBHに宿泊。
【本日の走行距離354㎞】


松舘小学校も廃校なんですね。金山沢は廃校後も手入れされていますが、松舘は大丈夫でしょうか?尻屋崎の保存車輛が無くなったのは残念ですね。 by情報家S藤

tag : 鉱山軌道 展示

夏の岩手・青森を探る その1 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-1 2015.08.10着信

昨日の夕食は、焼肉&盛岡冷麺を堪能。
団員H君20150809-027

3日目(8/10)、早朝のパン屋に寄って朝食を仕入れます。
ここ「福田パン」は盛岡のソウルフードとして有名とのことです。
団員H君20150810-001

団員H君20150810-002

本日は、再び三陸海岸に出ます。岩泉を経て「マリンローズパーク野田玉川」
に向かいます。(新レポ?)

途中、廃線となったJR岩泉線の終着駅、岩泉駅に立ち寄ります。
団員H君20150810-003

「マリンローズパーク野田玉川」は、野田玉川鉱山跡でかつてのマンガン坑道を観光化した施設です。
団員H君20150810-004

団員H君20150810-005

鉱山マニアにはたまらないところのようですが、ガラガラでした。
団員H君20150810-006

団員H君20150810-007

団員H君20150810-008

団員H君20150810-009

また冬季は閉洞で震災の影響はなかったようです。


トロッコが残るのは坑道内のみなのでしょうか?かつては小型BLと木製鉱車が走った508mmゲージの鉱山軌道でした。 by情報家S藤

tag : 鉱山軌道

夏の岩手・宮城を探る その3 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-3 2015.08.09着信

次に内陸に入り、陸中松川に向かいます。ここ「石と賢治のミュージアム」では旧東北砕石工場のトロッコ軌道を確認することができます。(東亜産業東北タンカル工場「貨物ホームから延びる直線軌道を探れ!」参照)
団員H君20150809-017

団員H君20150809-018

団員H君20150809-019

団員H君20150809-020

団員H君20150809-021

団員H君20150809-022

団員H君20150809-023

団員H君20150809-024

団員H君20150809-025

団員H君20150809-026

東北道に乗り、今夜の宿・盛岡に向かって本日は終了。【本日の走行距離274㎞】


ワイヤーロープを動力とした直線トロッコがあった東北タンカルも今や宮沢賢治関連の観光施設です。木製トロや鍋なしナベトロ、坑道内の軌道など…、現役時代よりも見どころ多数ですね。 by情報家S藤

tag : 鉱山軌道 工場軌道 展示

夏の岩手・宮城を探る その2 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-2 2015.08.09着信

続いて、国道45号線で東に戻り陸前高田に立ち寄ります。
復興はまだまだのようです。
団員H君20150809-011

次に気仙沼を抜けて、「大谷鉱山資料館」に向かいます。
その前に最寄り駅のJR気仙沼線小金沢駅にも立ち寄ります。
団員H君20150809-012

路盤がえぐれたままです。
団員H君20150809-013

団員H君20150809-014

「大谷鉱山資料館」では展示保存されているBLと鉱車を確認。(「由緒ある金鉱山の資料館を探れ!」参照)
団員H君20150809-015

団員H君20150809-016


奇跡の一本松~小金沢駅…、痛々しく見えるのは空模様のせいではないようです。 by管理人

tag : 鉱山軌道 展示

夏の岩手・宮城を探る その1 by団員H君

行くぜ東北2015夏

2015年8月の旅-1 2015.08.09着信

昨日は数少ないトロッコ乗車での鉱山坑道見学を堪能させて頂きました。

2日目(8/9)、本日は先ずは番外編で岩手開発鉄道を探索します。
途中、JR釜石線上有住駅近くの「日鉄鉱業大洞鉱業所」跡地をチェックします。(「謎の無人鉱山を探る」参照)完全に撤去されスカ。
団員H君20150809-001

ここから県道で峠越えをし、かつての岩手石橋駅に出て、旧日頃市駅~旧長安寺駅~盛駅と辿ります。
団員H君20150809-002

団員H君20150809-003

団員H君20150809-004

団員H君20150809-005

団員H君20150809-006

団員H君20150809-007

団員H君20150809-008

団員H君20150809-009

更に先端の赤崎まで行きます。
団員H君20150809-010

残念ながら休日なので列車は走っていませんでした。


日鉄鉱業大洞鉱業所は完全撤去ですね。鉱山自体が閉山なのでしょうか。岩手開発が頑張っているのは嬉しい限りです。 by情報家S藤

tag : 鉱山軌道 普通の鉄道

夏の東京湾を探る from長老S氏

青春18きっぷ 2015.08.09着信

今年の夏休みは、青春18切符で刻んで遊ぼうと思います。

まずは、東京湾を一周して来ました。
長老S氏20150809-001

長老S氏20150809-002

長老S氏20150809-003

明日明後日は、会社です。


小湊鉄道~鋸山~東京湾フェリー…、内房巡りの王道を行く感じです。 by管理人

tag : 普通の鉄道 その他の乗り物 展示

プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2017.10.08》
●WEB軽探団「20北中込の製材所」「22富士化工」の本文・写真を更新しました。

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。