本探団 新廃線紀行/嵐山光三郎を探る

先日、ブックオフで購入した本です。嵐山光三郎さんの「新廃線紀行」です。全国26路線の廃線跡を旅した紀行文を集めたものです。(小説宝石にて2008年1月号から2009年10月号に連載)

鉄道の専門家ではないので、各々の紀行文は遊び心のある柔らかなタッチの文章で綴られていて読みやすいです。
新廃線紀行/嵐山光三郎

この中に軽便鉄道が2路線含まれています。(訪問日は不明)
■仙北鉄道登米線 p55~67
■草軽電気鉄道  p135~147

◇トロッコ度★☆☆☆☆(1)

光文社
2009.12.25初版発行
1500円

※因みにブックオフでの購入価格は510円でした。

tag : 軌道跡 展示

WEB軽探団 北九州メタルクリーンの加藤を探る

WEB軽探団写真帖にて「北九州メタルクリーン」を公開しました。

40北九州メタルクリーン19901003-004

WEB軽探団写真帖へは、WEB軽探団トップページから「写真帖」アイコンをクリックしてお入り下さい。

携探団 団長、嵯峨野のトロッコを探る

団長です 2014.11.26 11:29着信

京都です-
嵯峨トロッコ駅の無料休憩所にて
嵯峨野トロッコ20141126-001

嵯峨野トロッコ20141126-002

********************
続けて- 2014.11.26 15:03着信

トロッコ嵐山です-
嵯峨野トロッコ20141126-003

嵯峨野トロッコ20141126-004

********************
続き- 2014.11.26 22:12着信

嵯峨野トロッコ20141126-006

********************
続き- 2014.11.26 22:15着信

たまたま雨宿りで来たのです-
以前は無かった-
奥にはSL-
イルミネーションです-
嵯峨野トロッコ20141126-007

嵯峨野トロッコ20141126-008

********************
続き- 2014.11.26 22:16着信

山陰線ってー人力だったの?
嵯峨野トロッコ20141126-009

嵯峨野トロッコ20141126-010

********************
続き- 2014.11.26 22:19着信

入口のモニュメント-
微妙な-
奥にはNゲージ、さらに有料でHOのパノラマも有りました-
嵯峨野トロッコ20141126-011

嵯峨野トロッコ20141126-012

********************
続き- 2014.11.26 22:23着信

SLイルミネーションってーどう?
この後仕事でし-
なつかしやぁ-
嵯峨野トロッコ20141126-014


団長、京都へ行っとるんか!人車は松山町の模造品ですかね。それと個人的な好みではSLの電飾はナシですね。新橋駅前のSLなんかも色々と飾付けしてますけど車体の黒色と電飾の明るさが合わない気がしていますよ。京都行きの目的は仕事ですか?ご苦労様です。

tag : 展示

WEB軽探団 北九州メタルクリーンを探る

福岡県旧宮田町(現宮若市)にあった2台の加藤。「北九州メタルクリーン」を公開しました。

40北九州メタルクリーン19901003-005

WEB軽探団 北九州メタルクリーン

携探団 元登山家Hさん、富山を探る その2

聖地巡礼、再び 2014.11.22 21:03着信

次の日はバスと無料の県営渡船を乗り継いで、万葉線へ。
th_20141121-001

ドラえもんトラムも、やって来ました。車内は壁面はもちろん、天井までドラえもん一色。やたら明るい女性運転士さんが、「ぜひ中も見てください」と、しきりに勧めてくれました。
th_20141121-002

th_20141121-003

富山駅前に戻ると様子が変です。新型のLRTが交差点で立往生。よく見るとパンタグラフがありません。
どうやら工事による仮設の架線に不具合があってパンタグラフを引っ掛けて壊してしまったみたい。これでは自走できません。しばらくして他の電車に引かれて車庫に収容されました。
th_20141121-004

とんだハプニングを見納めに、はくたかで帰ってきました。


おやおや最後はレアな場面ですね。貴重なレポ有難う御座います。聖地巡礼、お疲れ様で御座いました。

tag : 普通の鉄道 その他の乗り物

携探団 元登山家Hさん、富山を探る その1

聖地巡礼、再び 2014.11.22 21:01着信

北陸新幹線が開業する前に富山に来ました。そうすると、ここは外せません。
朝イチで行きましたが、冬眠の仕度をしていたみたい。
th_20141120-001

次の地点には、これで行きます。
この電車は、この色ですね。
th_20141120-002

最近の地方私鉄には珍しい車掌乗務。発車してみると、二階建て付き3両編成に乗客は私一人。
久々の快挙です。
二階建てに整理券、なんだか変です。
th_20141120-003

次に訪れたのは、ここ。
富山まで来たのだから、これも外せませんね。でも今回は見るだけ。
th_20141120-006

駅前の駐車場の一角に、「トロッコ広場」なる場所が出来ていました。
この機関車、周りに柵はありません。触れます。模型製作の資料集めには、言うことなし。
th_20141120-004

th_20141120-005

本来の目的は、コチラ。
地鉄市内線とライトレールの直通化に向けて、富山駅では分岐線や停留所の新設が進められていました。
新しい路面軌道ができると、ワクワクします。
th_20141120-007

久し振りに元登山家のHさんよりメールを頂きました。第一報は11月20日の昼前。その内容は「カボチャ色の電車や西武や東急、京阪が入り乱れている。後ほど、例により旅レポを送ります。」普通の鉄道に関しては一般常識以下の知識しか持たない私は、このメールを読んでもHさんが何処へ行ってるのか分かりませんでしたが、本日ようやくレポが届きました。軽探団向きのネタを織り交ぜて送って頂き有難う御座います。

tag : 展示 普通の鉄道

ネタ探団 加藤製作所本社の「加藤」を探る

先日発行された「加藤製作所機関車図鑑」によれば、東京都品川区にある加藤製作所本社には3台の機関車が保存されているそうです。そのうち2台は610mm軌間のナローですが、残念ながら非公開の為、なかなか紹介される事がありません。しかし、その非公開機関車が何と以前、テレビで放映された事がありました。その時の様子がこちらです。

加藤001

加藤002

加藤003

放映されたのはテレビ東京の「空から日本を見てみよう」という番組です。放映日は2011年9月15日でした。

番組によれば機関車は定期的に整備点検されているようで、その整備の模様が放映されました。放送の通り普段もわざわざ外へ出しているのか?重機のデモも兼ねての構成なのかはわかりません。流石に本社の保存機だけあって手入れは完璧ですね。

この機関車は「加藤製作所機関車図鑑」によれば(鳶)米山向けの4tGLで現存する加藤最古の機関車だそうで、製造年は推定で昭和4年(1929年)とのこと。

尚、この番組は現在DVD化されて販売しています。興味のある方はテレビ東京のHP(こちら)を確認下さい。

********************
また、加藤製作所本社にはもう一台のナロー機があります。こちらは以前に発行された「加藤製作所の機関車」(いさみやロコ・ワークス 1987年刊)の表紙に登場します。写真は茨城工場に保存されていた頃のものですが、形状や色が明確にわかる貴重な一枚です。屋外展示ながら綺麗に保存されていましたね。

08加藤製作所茨城工場1986

「加藤製作所機関車図鑑」によれば海軍向けの4t機。こちらも貴重な1台です。

tag : 展示 工事軌道

本探団 RM最新号(№376)を探る

冷たい冬の雨が降る中、ヤマトの配達の方が「ポストだと濡れるので…」と呼鈴を押して手渡ししてくれました。有難う御座います。(本体はビニール袋に入っているので濡れても大丈夫ではありますが…)

RM376 2015.01

今月もペラペラとページをめくっているうちにトワイライトゾ~ンまで来てしまいました。(オヨヨ)

すると…、今月は「SPECIAL」の文字が。何がSPECIALなのか?表題は「合掌造りの村の森林軌道」です。これは期待できますぞ!
■飛州木材牛首谷森林軌道 p113-115(2014.05.17他)

更に進んで書籍のコーナー。
■加藤製作所機関車図鑑 p158

今月は以上で御座います。
トロッコ度★☆☆☆☆(1)

2014.11.21発売 1580円(本体価格) 卓上カレンダー付

今月の特集は「冬への備え」。ホントに冬を感じる寒い日に届いた最新号でした。

tag : 森林鉄道

モノ探団 南大東島を探る

2014.11.19、団員H君より郵便物が届きました。早速開封してみると…、お~~、「南大東島」。

団員H君より南大東島土産

中身はようかん、岩堀春夫氏の写真集「南大東島」、観光協会作製のDVDとパンフレットが3枚。今月初旬の南大東島探索のお土産でした!有難う御座います。DVDは空港で最後の1枚だったそうで、確認後返却することになっています。

パンフレットは早速軽探団資料室にアップしたのでご覧下さい。特に「南大東島」(写真左上のパンフレット)は残存する線路跡が記載された地図があるので資料性が高いと思います。

※軽探団資料室は「WEB軽探団トップページ」から「資料室」アイコンよりお入り下さい。

tag : グッズ 工場軌道 軌道跡 展示

ビュー探団 菅原工務所の加藤を探る

行くぜ、東北 2014年夏

グーグルのストリートビューを駆使すると自宅に居ながらにしてトロッコ探索を楽しむ事ができます。では早速探索開始!

先日発行された「加藤製作所機関車図鑑」を記念して、まずはココを探ってみましょう。

現存機一覧の152ページの最下段に「菅原工務所」の保存機(非公開)が紹介されていますが、グーグルマップに所在地を入力してストリートビューに切り替えると…、何やら温室のようなガラス張りの建物の中に黄色い物体が!
06菅原工務所201210-003

アップすると…内燃機関車だ!
06菅原工務所201210-004

実はひとつ隣のコマがベストアングルだったのですが、いつの間にか削除されてしまったようで、コマ飛びするようになりました。今は見れないベストショットがこちら。どうです?バッチリでしょ。
06菅原工務所201210-001

このストリートビューの撮影は2012年10月です。所在地は各自でお調べ下さい。ネットで検索すればすぐ分かるハズです

tag : 展示

本探団 釧路炭田 炭鉱と鉄路を探る

秋葉原の書泉ブックタワーで購入しました。特にトロネタの本ではありませんが本のタイトルは少々気になりますよね。

釧路炭田 炭鉱と鉄路

本のタイトル通り釧路周辺の炭鉱に鉄道に関する内容ですが、北海道新聞釧路面に連載された「記憶の一枚」を本に纏めたものです。執筆者は釧路市立博物館学芸員の石川孝織氏です。一枚の写真と文章によって構成され、独自の調査と炭鉱の仕事に携わった方々の聞き取りによる文章作りが主になっています。全64編の中には鉄道に関する内容は多数ありますが、トロッコが関係しているのは5編ありました。で、その内容は?

■雄別炭鉱通洞坑口 p90-91「運搬」
■太平洋炭鉱 p102-103「救護隊」
■栄和炭鉱深山新坑 p106-107「中小炭鉱」
■尺別炭鉱(尺浦隧道) p120-121「尺浦隧道」
■太平洋炭鉱運炭軌道 p130-131「坑外電車」

トロッコ以外の鉄道は数多く登場します。釧路臨海鉄道(太平洋石炭販売輸送)、雄別炭砿鉄道(雄別鉄道)、尺別鉄道(尺別炭砿専用鉄道)、明鉱庶路炭鉱専用鉄道、国鉄白糠線、根室本線など。巻末にはそれらの写真が多数あります。

トロッコ度★★☆☆☆(2)

釧路炭田 炭鉱(ヤマ)と鉄路と
著者  石川孝織
発行 釧路市立博物館友の会
定価 1112円+税
A5版 198ページ

tag : 鉱山軌道 普通の鉄道

WEB軽探団 蔦屋建設機材センターを探る

茨城町の「加藤」が保管されていた資材置場「蔦屋建設機材センター」を公開しました。

蔦屋建設20000811-002

WEB軽探団 蔦屋建設機材センター

※「加藤製作所機関車発売記念」で今月は「加藤」のプチ特集にしま~す。

tag : 展示

携探団 団員H君、デッドセクションを探る

デッドセクション 2014.11.09 21:01着信

帰路に上野から乗った「フレッシュひたち」が、たまたま651系で取手~藤代間で電源切り替えで消灯。
デッドセクションで消灯中

ひさびさに経験しました

ちなみに653系以降は消灯しません


そうなんだ~、最近は消えないんだ~。何故か昔、銀座線も駅の近くで消えたのを思い出しました。

tag : 普通の鉄道

携探団 団員H君、那覇を探る

2014年11月の旅 2014.11.09 16:34着信

********************
おはようございますm(__)m
那覇の朝は雲時折陽もさしてます。
昨日の車軸はふるさと文化センターで展示してありました。表示などはありませんでした。
********************

3日目(11/9)、日中は晴れて暑いです

(元々は1日目に那覇に前乗りして、2日目にマイレージ対象の午前便(直行)で行き、3日目の午前便で戻り夕方の羽田便に乗り継ぐ計画でしたが、前述の通り往路の直行便のマイレージ対象座席枠が完売した為、1日目の午後の経由便で渡島したので最終日の本日、那覇にて夕方の帰り便まで時間がまるっきり空いてしまいました。)

とりあえずホテルのチェックアウトまでダラダラし、一旦荷物を空港のコインロッカーへ。
昼食に国際通りの食堂で沖縄料理を堪能
dh_20141109-001

dh_20141109-002

牧志市場をぶらりして、ゆいレールで首里まで往復。

あとは、早めに那覇空港に向かい17:05発SKY518便で羽田へ

今回の南大東島訪問は、多分シュガートレインが無ければ一生行かなかった地であろうと思います。
軌道復活の際は再訪も考えたいと…では

********************
島の地図ですが、事前にネットから「離島ドットコムの南大東島情報」より得ました。
本レポで用いた名称をそこから使いましたのでご参考まで。


3日間の渡る南大東島レポ、有難う御座いました。軌道復活は楽しみのひとつですね。お疲れ様でした。

tag : その他の乗り物

携探団 団員H君、南大東島を探る オマケ

2014年11月の旅-オマケ 2014.11.08 22:24着信

最後にもう一度訪ねた「機関車庫跡」の別な角度から。
dh_20141108-041

dh_20141108-042

「2号ポイント・レール」の埋もれたレール。
dh_20141108-043

「橋梁」付近の残り。
dh_20141108-044 dh_20141108-045

島では深夜に雨が降り、期待した星空は望めず
朝は薄雲で日中は晴れ間が多く暑かったです
レンタカーはカーナビが無く難儀しました
カーナビに慣れ過ぎも考えものです。
南大東島はサトウキビ畑ばかりでしたが貴重な経験となりました

ところで南大東空港の売店で、ないねん出版の岩堀春夫写真集「南大東島」を見つけたので残りの2冊購入しました。
もし入手していないようでしたら送付します
dh_20141108-046


岩堀氏の写真集「南大東島」は持っていません。是非お願い致しま~~す。新年会の時でいいからね~。

tag : 軌道跡 工場軌道

携探団 団員H君、南大東島を探る その4

2014年11月の旅-4 2014.11.08 21:31

「シュガートレイン」の軌跡探索以外も途中、島内観光も。

最初に島内最大の鍾乳洞「星野洞」。
珊瑚礁が隆起してできた島なので洞窟内は神秘的で圧巻です。
dh_20141108-031

dh_20141108-032

続いて、怪しい雰囲気の「バリバリ岩」なる奇景を見学。
dh_20141108-033 dh_20141108-034

南大東空港で小休止。
dh_20141108-035

dh_20141108-036

島内一望できる「日の丸山展望台」
dh_20141108-037

dh_20141108-038

西港に停泊する那覇航路定期船。
台風の影響で日程がズレていたそうです
島特性の波の影響で着岸出来ないので荷物は全てクレーン車で荷降ろしをするそうで、乗客はカゴに載せて上陸するとのこと
dh_20141108-039

帰りは、16:00発RAC861便で南大東島を離れ、那覇へ。

那覇空港から市内へはゆいレールを利用。
ゆいレールの1日乗車券は、当日のみでなく発券から24時間有効なので明日の夕方便で帰るので十分活用できるのがうれしい


以前は西港付近にもレールが残っていたと聞いてましたが団員H君のレポにはありませんでしたね。撤去かそれとも埋められたのか?尚、鍾乳洞の写真は上下がイマイチ判りませんが、向きは大丈夫だったでしょうか?

tag : その他の乗り物

携探団 団員H君、南大東島を探る その3

2014年11月の旅-3 2014.11.08 14:45着信

もう一つ「新東レール」
dh_20141108-021

dh_20141108-022

昼食は、島の食堂「伊佐商店(冨士食堂)」にて名物の大東そばと大東寿司のセットを頂く
dh_20141108-023

dh_20141108-024

dh_20141108-025

午後からは、ふるさと文化センターを探訪。
ここには雨宮製作所製の「2号」SLと日本車輌製の「8号」DL、それと客車や貨車が残されています。
dh_20141108-026 dh_20141108-027

dh_20141108-028

dh_20141108-029

dh_20141108-030

お~~、大東そばと寿司が旨そう!いよいよ保存車も登場しましたよ!

tag : 軌道跡 工場軌道 展示

携探団 団員H君、南大東島を探る その2

2014年11月の旅-2 2014.11.08 12:42着信

西港を折り返し集落に戻る途中の「池之澤レール」
dh_20141108-011 dh_20141108-012

荷積み場所だった「2号ポイント・レール」
dh_20141108-013

dh_20141108-014

dh_20141108-015

「旧東レール」
dh_20141108-016 dh_20141108-017

「新東レール」
dh_20141108-018 dh_20141108-019

dh_20141108-020

結構線路が残っているようですね。以前、当ブログで紹介したのは旧東線跡のようですね。

tag : 軌道跡 工場軌道

携探団 団員H君、南大東島を探る その1

2014年11月の旅-1 2014.11.08 12:18着信

2日目(11/8)、朝から島内をレンタカーで探索。
島内は周囲20.8㎞なのでレンタサイクルではしんどいので安価なレンタバイクにしようかと思いましたが、他のブログ等で事前調査すると故障車が多いらしく天候のリスクも考慮し、宿泊したプチホテルでレンタカーも取り扱っていたので面倒なので一緒に事前予約していました。(※ここでも以前はレンタバイクも扱っていたが今は休止とか…)
また、日帰りで借りても昨夕から24時間借りても料金が変わらないとのことで昨夕から借りていました。(24H/6,000円、日帰り1H/1,000円…税別・燃料別)

まずは、本命の「シュガートレイン」の軌跡を探索。
島では「シュガートレイン」の復活を計画しているとかで観光客誘致を目的に「シュガートレイン夢復活実現事業」とやらが来年度の完成を目指し今年度から着工しているとのニュースを耳にしたので確認もする。
しかし、現地に来てみると計画は、ずれ込んでいて2016年度着工の2017年度完成予定となっていた。
いずれにせよ国内最南端の鉄道復活が楽しみである。

最初に宿の近く製糖工場近くの「橋梁」付近。
dh_20141108-001 dh_20141108-002

dh_20141108-003 dh_20141108-004

集落にある「機関車庫跡」
dh_20141108-005

dh_20141108-006

続いて車を走らせると廃線跡の所々に短い線路も何箇所か残されており、軌道跡が遊歩道として残されています。
先に、集落から西港までの軌道跡「フロンティアロード」を辿ります。(線路なし)
dh_20141108-007 dh_20141108-008

dh_20141108-009

dh_20141108-010

南大東島のシュガートレイン復活の話しは1年前くらいに知りました。計画は遅れているとは言え3年後の復活に期待したいですね。

tag : 軌道跡 工場軌道

携探団 団員H君、ついに南大東島を探る

2014年11月の旅 2014.11.07 17:17着信

南大東島リベンジ

今年1月下旬に決行した南大東島探訪、南大東行の航空機整備トラブルによりあえなく断念
早々にリベンジを果たしたく、台風シーズンを外した11月に再チャレンジしました
(しかし、外したつもりが直前の台風20号の発生には焦りました
前回はスカイマークのSKYバーゲン/片道5,800円(成田便)を利用しましたが、昨今のスカイマーク経営難により片道1万円以下の設定便が無く、安価だった成田便の全廃により羽田便の選択となりました。(茨城便又は成田便LCCも検討しましたが那覇での乗り継ぎ時間が合わず、見送り…)
まずスカイマークの早割の発売が早かったので新たに設定された「フレックス」(早割)にて
往路12,000円/復路13,000円の羽田~那覇便をゲット。(とりあえず今回の往復運賃でJAL・ANAの片道の早割分とほぼ同等である)
続いて、那覇~南大東便はJAL系なので溜まったマイレージで往復無料を試みましたが、座席枠が少なく往路だけ取れず。仕方なく往路は那覇~北大東~南大東の経由便で普通運賃25,600円を利用。(復路のみマイレージ利用で無料)結局、スカイマーク羽田~那覇便往復運賃とほぼ同じ。

※補足:那覇~南大東便はJAL系の琉球エアコミュータ(RAC)が運航で、直行1便(午前便で那覇⇔南大東往復)と曜日で那覇→北大東→南大東→那覇か那覇→南大東→北大東→那覇の三角ルート(経由便)があり、北大東を経由するとマイレージは対象外になるが、普通運賃・往復割引は下りない限り、直行運賃を適用するとのこと。但し、経由便はネット予約が出来ず電話か窓口予約になるので煩わしい。

結果的に、羽田~那覇の往復をJALのマイレージで無料にして、那覇~南大東島を往復割引運賃の31,600円にすれば良かったと後になって後悔…
(前置きが長くてスミマセンm(__)m)


…ということで本日、羽田8:25発SKY513便で那覇へ。
dh_20141107-001

那覇にて乗り継ぎ、13:45発RAC847便で北大東島へ。
dh_20141107-002

dh_20141107-003

dh_20141107-004

経由便だが一旦降機し再び搭乗。南大東行は15:20発RAC836便となり、日本一短い定期航空路だとかで所要時間15分で実際に飛んでいるのは約6分というフライトを体験。(←実はこれを体験したかった…)
dh_20141107-005

dh_20141107-006

dh_20141107-007

今朝の始発で茨城を出てからやっとのことで、台風情報でお馴染みの絶海の孤島・南大東島に上陸しました。
やはり島は暑いです
機内もそうでしたが、ほとんどの人は半袖です
南大東空港に着くと、予約していた宿の送迎車に乗り島内唯一の集落へ。
前回の計画では日帰りで予定していましたが、前回の教訓を生かし?島での1泊。
今回お世話になる宿は「プチホテルサザンクロス」という民宿に毛が生えたようなビジネス向けの宿です。

南大東島上陸、おめでとう\(^o^)/ 今夜はコルコルで祝杯ですか?(from S藤)

******************************
2014年11月の旅続き 2014.11.07 21:37着信

素泊まりなので。夕食は、盛り場?にある「●●●●」で地元料理を堪能。
幻の魚、★★★の「◎◎◎◎◎◎◎」を食す。この魚、大トロより美味いとされ、☆☆の多く人間が△△△△できない▼▼▼▼で、食べ過ぎると、翌日××××から▲が流れ出て■■■■のお世話になるとか、ならないとか。□□□□□では◆◆が◇◇されているそうで、島でも▽▽▽▽▽とのこと。

それを○○と塩焼きで
同席の海人(漁師)によると、普段は当日捕りたてを出すとのことだが台風の影響で漁に出られないとかで冷凍もの
dh_20141107-008

dh_20141107-009

店内では、女将さんと地元の海人逹とカウンターで談笑
シュガートレインの思い出話など聞けました。
残念ながら、お勧めの夕日と星空は、雲が多く見れませんでした

※諸般の事情により一部伏字とさせていただきました。(by 管理人)

これじゃ何をどう食べたのか分からないじゃないですか!(by Tちゃん)

島いいすねぇ-さとうきびエキスプレス楽しみ-(by 団長)

WEB軽探団 藤澤石材店を探る

WEB軽探団写真帖にて高崎の老舗石材店「藤澤石材店」の写真をアップしました。

10藤澤石材20090827-005

藤澤石材店は今月(2014年11月)、軌道を撤去する事になり、11月2日にトロッコを軌道上に乗せてさよなら運転会が行われました。

写真帖へはWEB軽探団トップページから「写真帖」へお進み下さい。

tag : 街角軌道

記事探団 乾電池電車を探る

2014.11.03のスポニチの記事です。小坂鉄道跡で行われたイベントでしょうか?

スポニチ20141103

何か面白い企画でいいですね。

tag : 遊覧鉄道

喰探団 団員H君、柳葉魚寿司を探る

北海道旅行に行った一週間後に出張で再び北海道へ。
約45分の商談の為に前泊で苫小牧に。
月曜日、17時まで普通に仕事して、茨城空港19時発のスカイマークで渡道。
翌日の午前中にちょっと仕事して夕方便で帰茨。
美味しい出張でした

その時、昼食に今しか食べられない鵡川の柳葉魚寿司を今年も頂きました
20141021-001

20141021-002

20141021-003

20141021-004

不漁とかで3年前に訪れた時より一人前が半分に…
20111010-001

いやはや3年前の写真と見比べると不漁とは言え淋しいですね。
プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。