読探団 大船渡線BRTを探る

2013.04.26読売新聞夕刊より

読売夕刊20130426

利便性は高まるとは思いますが…。やはり鉄路を繋げたいですよね。

軽探団 常陸を探る

仕事の異動で忙しいのを理由にお彼岸の墓参りをしていなかったので、流石に重たい腰をあげて茨城県水戸市郊外にある我がS藤家の墓まで行って来ました。

季節柄、あちらこちらで鯉のぼりが泳いでいます。
鯉のぼり20130429

無事に墓参りを済ませて帰る途中、怪しいバスの廃車体と倉庫代わりの貨車を発見。場所はかつて茨城交通の電車が走っていたあたりです。
水戸市内20130429-001

水戸市内20130429-002

このまま帰るには早すぎます。折角なので何処かに…、と考えましたが、以前、関東RFC会長氏より情報を頂いた石岡のトロを探索してみる事に。ナビを石岡市国府3丁目にセットし、いざ!まずは一番有名な「福島屋」さん。祝日のせいか?通路のシャッターは下りていて中は見えません。チョロっと見える線路だけ。
福島屋砂糖店20130429-002

続いて福島屋さんの向かい側のブロックにある「森と花屋」さん。写真中央の建物の左側の通路にかつてトロッコがあったそうです。今は撤去されてレールと車軸が保存してあるらしいのですが…。スミマセン、レポしていません。次の機会に…。昔の肥料店の看板が残されています。隣の隣はWEBでも発表している「あさ川」さんですが、こちらは休業中でしょうか?前回同様、店をやっている雰囲気がありません。更に良く観察してみると震災の影響でしょうか?店の屋根が崩れているように見えます。裏からも覗いて見ましたが門が閉まっていて奥まで確認できませんでした。ただしトロッコは残っている感じです。
森と花屋20130429-001

続いて廃業した酒屋さん。実は今日のメインはココです。やはり関東RFC会長氏より情報を頂きました。しかし通りに面した表側は完全封鎖です。呼び鈴もなく手の打ちようがありません。電気のメーターはゆっくり回ってましたが、見た感じ人の気配がありませんが一応裏へ回ってみます。すると倉庫のすぐ近くまで接近することができました。
石岡の酒店20130429-001

そして木戸の僅かな隙間から覗いて見ると…、判りますか?ビールケースの所にレールが施設名と場所を原則公開の当サイトですが、スミマセン、ココは暫し非公開で…。理由は絶対に扉を抉じ開けたくなるからです。(いや~~中に入りたい!)
石岡の酒店20130429-002

トロッコのレールを確認出来た嬉しさと中に入れなかった悔しさと半々で探索終了としました。再び福島屋さんの近くに戻って昼食にします。森と花屋さんの向かい側にある蕎麦屋の東京庵です。中はレトロ感満載。
東京庵20130429-001

探索でひと汗かいたので天ざる(850円)にしました。
東京庵20130429-002

GW前半です。渋滞前に帰路につく事にしましょう。

呑探団 地ビール「東京駅」を探る

久しぶりに鉄系飲み物のご紹介。

先日、東京駅構内にあるエキナカショップ「はせがわ酒店」を覗いてみました。すると「東京駅」という名のビールを発見。別件の用事があったので帰りにもう一度寄って購入。そして何日か冷蔵庫で寝かせて呑んでみました。
地ビール 東京駅

肴はレバーカツです。一口呑むと口の中にうっすらフルーティーさが広がりました。口当たりも爽やか。いかにも地ビールという味です。(どんな味や!)ま、言葉で説明するのも難しいんで、例によってラベルの説明書きを…。

ボトルコンディションビール東京駅
(瓶内発酵ビール)
シャンパンと同様に瓶内二次発酵を行ったビールです。二次発酵により長期熟成が可能となり、瓶詰後、数ヶ月はホップのきいた爽やかさが、その後は徐々に香味に複雑性が増し、3~5年後には香味のピークをむかえ熟した果実の様な味わいが楽しめます。
※瓶底の沈殿物は旨さを保持する酵母等です。

東京駅 500ml瓶 650円

製造者 石川酒造㈱ 東京都福生市熊川1
販売者 長谷川酒店 東京都江東区亀戸1-18-12

はせがわ酒店東京グランスタ店2013.04

WEB軽探団 由比山中で見た謎のトロッコを探る

WEB軽探団小ネタ特集で由比山中で見た謎のトロッコを公開しました。

由比山中1987-001

WEB軽探団小ネタ特集はブログ右側にある「WEB軽探団目次」よりお入り下さい。

WEB軽探団 飯野森林めがね橋を探る

熊本営林局飯野森林鉄道跡に残る石橋「めがね橋」(宮崎県えびの市)を公開しました。

飯野森林鉄道跡めがね橋20130302-004

WEB軽探団 めがね橋

本探団 RM最新号(№357)を探る

昨日までの暖かい陽気から一変して寒くなってきた19日の午後、ポストにはレイルマガジンが届いていました。先月で期限が切れた定期購読を一年延長しました。

RM357

定番のトワイライトゾ~ンのコーナーには…、
■小湊鉄道里見の砂利線 p106,107(2011.03.14)

続いて期待の屋鋪さんのコーナー…、
文章では多数の軽便系の記述はありますが、写真は尾小屋のみ。
■小松市立ポッポ汽車展示館 p119(2008.08.16)

その他では…、
■三岐鉄道北勢線 運輸営業開始10周年記念事業の告知 p142

以上

トロッコ度★☆☆☆☆(1)
2013.04.20発売1500円(付録あり)

軽探団 船堀駅周辺を探る

何度か都営新宿線船堀駅周辺を探索した事があります。船堀駅の北側を通る新大橋通り沿いから更に北側は町工場と住宅が混在した地域になります。その東小松川あたりで見かけたトロッコもどきを紹介します。

まずは船堀駅から徒歩で10分少々の所にある「関東鉄工」の謎の物体。レールの上に載っていますがトロッコではなさそうです。移動式の作業台か何かのようです。(東小松川4-56)
関東鉄工2007.09.09-002
2007.09.09撮影

次は「関東鉄工」から船堀街道に出た所の角にあった機械系工場の「能率機械製作所」です。工場内にトロッコの線路がありましたが、残念ながらここは現在マンションに建て替わってしまいました。写真中央に平台車のようなものが確認できます。線路は中央のシャッター部から90度カーブして右のシャッターの中へ続いていました。(東小松川4-57)
能率機械製作所2006.07.28-001
2006.07.28撮影

最後は「渋井六郎商店」。工場内のレールの上に平台車のようなものがあります。良く見るとトロッコではなく機械の一部のようでした。(東小松川4-40)
渋井商店2013.04.17-001
2013.04.17撮影

「関東鉄工」と「渋井六郎商店」はグーグルのストリートビューでも確認できます。

※いずれも私有地内です。探索には十分な配慮をお願いいたします。

WEB軽探団 黒部ルート見学会のご案内を探る

先日、東京、有楽町方面をブラリ。交通会館の富山県事務所で「黒部ルート見学会平成25年度」を入手。WEB軽探団資料室にアップしました。
黒部ルート見学会のご案内 平成25年度版
※資料室は軽探団トップページ(ブログ右側参照)より入り下さい。

WEB軽探団レンタサイクル情報に白河観光物産協会(白河駅構内)の情報を追加しました。
※レンタサイクル情報はWEB軽探団目次(ブログ右側参照)内の下の方に入口があります。

友探団 根岸線全通40周年を探る

根岸線全通40周年 関鉄RFC会長様より

4月9日、根岸線が全線開通40周年を迎えました。
磯子、洋光台を経て第3期線の大船への延伸開通から早40年です。
これを機に様々なPRを実施して行きます。小生も実行委員なので、JRとの協力の下、企画提案しています。

一環として先ずは、9日よりスタンプラリーを開始しました。スタートから18きっぷのお客様が殺到し、景品が無くなってしまう程の勢いでした。
大船~洋光台の内、3つスタンプを集めるとE5、6系マグネットクリップがもれなく貰えます。(5月6日迄)

今月20日には、港南台・本郷台開駅イベントを港南台駅周辺で実施します。崎陽軒に記念駅弁をお願いし、20、21日に横濱~大船の売店で限定発売します。
小生の企画デザインでオリジナルTシャツも作り発売を開始しました。(横濱タウン新聞で販売取扱しています。http://town-np.jp/)

関係チラシを添付しますので、是非ご来線下さい。

根岸線40周年001

根岸線40周年002

根岸線40周年003

根岸線40周年004

ご連絡有難う御座います。全通40周年ですか!一時期、洋光台行きの電車があったのを思い出しました。

WEB軽探団 大谷忠吉商店を探る

旧奥羽街道沿いの酒蔵「大谷忠吉商店」(福島県白河市)を公開しました。

大谷忠吉商店20130326-007

WEB軽探団 大谷忠吉商店

携探団 被災地大船渡を探る

大船渡 団員H君より2013.04.11 21:18着信

昨日に続き、本日は大船渡に来ました。
仕事までの時間調整で大船渡駅跡に来ました。

約10年前に仕事で最後の写メの右側に写っている大船渡プラザホテルに宿泊したことがありますが駅舎を含む駅前商店街は跡形もなく、以前見えなかった港も周りが開けて今は見えます。(ホテルは改装して営業していましたが、他の残されていた港側の建物は被災のままでした…)
旧線路を挟んで港側(旧駅前側)は、護岸工事等で再開発中。
反対の山側はかなり建物が立って生活が戻っていました。

駅舎跡はBRT化し殺風景ですが小さい待合室の中にバス位置情報のディスプレイがあり近代化していました。

仕事の帰り道、陸前高田市を通りましたが、ナビ通りに市街地を迂回するコースを辿ったため高台からちらりと眺めた程度になってしまいました
(茨城までの道のりが長いので致し方ありませんでした…)

しかし、市街地を離れた大船渡線沿いに出た時に流失した橋梁や盛土を見ると、あらためて悲惨さが物語っていました。
ナビは一ノ関インター経由を示したので気仙沼や南三陸を通ることが出来ませんでした…残念

大船渡20130411-007

大船渡20130411-006

大船渡20130411-005

大船渡20130411-004

大船渡20130411-003

大船渡20130411-002

大船渡20130411-001

おやおや団員H君、車で行っていたのですね。てっきり鉄道&レンタカーかと思っていました。ご苦労様でした。私も再訪せねばと思っています。

携探団 被災地石巻を探る

石巻 団員H君より2013.04.10 21:55着信

※今回はトロ抜きです。

S藤さんに引き続き、僕も被災地を目にする事が出来ました。
こちらは仕事での出張ですが…

本日は石巻にて「打ち合わせ」という立派な仕事です

石巻港は復興工事が盛んでダンプだらけでした。
また日本製紙の工場脇の貨物線にDE10がコンテナ車を引き連れていたのには感動しました。(残念ながら仕事相手との移動中で写メが取れませんでしたm(__)m)

先方と別れたあと、時間が余ったので女川まで足を伸ばしました。
残念ながら女川駅跡が跡形もありませんでした
写メは石巻線の現在の終着駅「浦宿」です。

本日は一ノ関のビジネスホテルに宿泊し、明日再び沿岸部に出て大船渡に行きます。

仕事中なので立場上、好き勝手出来ませんが、貴重な経験となります

浦宿20130410-002

浦宿20130410-001

浦宿20130410-003

先月、私も東北の被災地を巡りましたが、鉄道の被害も甚大でした。女川付近も津波の被害が大きな地域だったようです。鉄道の復活は厳しい状況なのでしょうか…。

本探団 究極の現役ナローゲージ鉄道を探る

トロッコマニアお待ちかねの書籍が発売されました。

究極の現役ナローゲージ鉄道20130403

早速気になる中身から…。

■白い恋人鉄道 p70
■丸瀬布森林公園いこいの森 p84-89
■旧奥行臼駅 p83
■茶内ふるさと広場 p82
■元鶴居村郷土資料館 p83
■中泊町博物館 p93
■金木歴史民俗資料館 p94
■青森市森林博物館 p95
■日本粘土鉱業岩手鉱業所 p60
■小岩井農場まきば園 p90,91
■小岩井農場牛上丸牛舎 p91
■材木町公園 p92
■仁別森林博物館 p96,97
■まむろ川温泉梅里苑 p15,61,98,99
■大一商店 p159
■協三工業 p50-54
■やながわ希望の森公園 p100,101
■那珂川清流鉄道保存会 p102,103
■足尾歴史館 p104-109
■足尾銅山観光 p110-113
■碓氷峠鉄道文化むら p61
■日豊鉱業 武蔵野鉱山 p1-3,24-29
■ユネスコ村廃線跡 p119
■野火止の農家 p119
■斎藤牧場 p4,5,23,30-35
■茂原市郷土資料館 p114
■大多喜駅(大多喜町復元人車) p115
■成田ゆめ牧場まきば線 p116,117
■くびき野レールパーク p16,81,128,129
■北陸重機工業 p59-62
■黒部峡谷鉄道 p13,54,78-80
■立山砂防軌道 p62,123
■立山カルデラ砂防博物館 p122,123
■赤沢森林鉄道 p60,124-127
■野辺山SLランド p120,121
■新トモエ電機工業 p12,55-58
■熊野簡易軌道 p8,9,40-43
■近鉄内部線・八王子線 p71,76,77
■三岐鉄道北勢線 p72-74
■軽便鉄道博物館 p14,75
■海と星の見える丘公園 p158
■浜寺公園 p15,132,133
■アクティオEG搬送システム部 p63-66
■桜谷軽便鉄道 p130,131
■一円電車明延線 p16,136,137
■あけのべ自然学校 p134
■明延振興館 p135
■明延鉱山学習館 p138
■明延鉱山探検坑道 p139
■神子畑選鉱場 p140,141
■史跡生野銀山 p142,143
■笠岡交通公園 p144
■経ヶ丸グリーンパーク p145
■井笠鉄道記念館 p146,147
■七日市公園 p148
■池田動物園 p149
■新市クラシックゴルフクラブ p150
■太陽保育園 p151
■東洋鋼鈑 p10,11,44-48
■早内製作所 p12,67-69
■マイントピア別子 p152
■別子銅山記念館 p153
■丸山公園 p154,155
■三菱石炭鉱業高島礦業所 p61
■下屋久営林署 p60
■壷川東公園 p156
■南大東村立ふるさと文化センター p157
■鹿島建設トンネル工事 p6,7,36-39

以上、60ヶ所以上のナローが掲載。写真、記事に日付がないのが残念ですが、参考写真以外の本文掲載の軌道、施設は全て現役、現存という素晴らしい内容です。日豊武蔵野は久しぶりのメディア登場、また斎藤牧場、東洋鋼鈑は初登場などマニア垂涎の内容です。

トロッコ度★★★★★(満点)

究極の現役ナローゲージ鉄道
岡本憲之著
2013.04.02第一刷 講談社発行 2800円+税


併せてこちらも要チェック!
週間現代20130413号

こちらは「究極の現役ナローゲージ鉄道」の宣伝を兼ねたカラー5ページにわたる記事です。
■花巻電鉄 p19
■碓氷峠鉄道文化むら p18
■西武山口線 p19
■くびき野レールパーク p18
■黒部峡谷鉄道 p18
■赤沢森林鉄道 p15,17
■新トモエ電機工業p16
■三岐鉄道北勢線 p19
■近鉄内部・八王子線 p19
■桜谷軽便鉄道 p16
■井笠鉄道 p19
■東洋鋼鈑 p17
■丸山公園 p17

トロッコ度★☆☆☆☆(1)
週間現代 2013年4月13日号
講談社 400円(税込)

WEB軽探団 金山を探る

WEB軽探団資料室にて佐渡金山(新潟県)、大谷金山(宮城県)のパンフレットを公開しました。

佐渡金山入坑許可証20130323

大谷鉱山歴史資料館20130329-004

WEB軽探団資料室へはWEB軽探団トップページ(ブログ右側にあります)よりお入り下さい。

WEB軽探団 多久市民俗資料館を探る

佐賀県では稀少なトロッコが展示されている多久市民俗資料館を公開しました。

多久市民俗資料館20091129-003

WEB軽探団 多久市民俗資料館

携探団 佐渡金山を探る 写真7(ラスト)

破砕場~惣徳新坑

見学コースは線路上を歩き新坑に入り売店が出口です。

佐渡金山 破砕場~惣徳新坑20130323-001

佐渡金山 破砕場~惣徳新坑20130323-002

佐渡金山 破砕場~惣徳新坑20130323-003

佐渡金山 破砕場~惣徳新坑20130323-004

佐渡金山 破砕場~惣徳新坑20130323-005

佐渡金山 破砕場~惣徳新坑20130323-006

佐渡金山 破砕場~惣徳新坑20130323-007

佐渡金山 破砕場~惣徳新坑20130323-008

以上、写メ集でした

と、言うわけで7回に分けてお送りした佐渡金山特集、如何でしたでしょうか?WEB軽探団資料室にも佐渡金山パンフレットをアップしましたので合わせてご覧下さい。

携探団 王子動物園を探る

王子公園内を快走する 怪しき添乗員桃屋君より2013.03.31 14:59着信 

機関車
王子公園20130331

園内を走る「こども汽車」ですね。テキサス号という名前だそうです。関西でも桜が満開ですね

携探団 佐渡金山を探る 写真6

機械工場~高任公園

小屋の中にはニチユの4tBLが居ます。

機械工場~高任公園20130323-001

機械工場~高任公園20130323-002

機械工場~高任公園20130323-003

機械工場~高任公園20130323-004

微妙に残されている線路がいいですね。

携探団 団員H君モノレールを探る

モノレール完乗 団員H君より2013.03.30 17:18着信

※今回はトロ抜きです

やっと国内のモノレール全社完乗、最後の上野動物園モノレールに乗りました
上野動物園モノレール20130330-001 上野動物園モノレール20130330-002

たった1分半で150円の乗車の為に 600円の入園料は、いささか納得出来ないが目的達成の為なので仕方ない

曇天の中、花見客と春休みの行楽で混んでいたが、とりあえず目的達成。

パンダ20130330

次なる目的は何にしようか?

友探団 究極の現役ナローゲージ鉄道を探る

せんろ商会岡本様より連絡を頂きました。

突然の告知にて失礼いたします。
お世話になっております。せんろ商会の岡本憲之です。
昨年6月に発行しました講談社「究極のナローゲージ鉄道」がおかげ様で、好評となり第二弾が4月3日に発売されることになりました。

究極の現役ナローゲージ鉄道

=============================================================
タイトルは「鉄道秘蔵記録集シリーズ 究極の現役ナローゲージ鉄道」
目次
第1章 特別誌上初公開のナローゲージ鉄道
日豊鉱業(株)武蔵野鉱山
(有)斎藤牧場
トンネル工事用仮設ナローゲージ
熊野簡易軌道
東洋鋼鈑(株)
第2章 ナローゲージの車両メーカーたち
協三工業(株)
新トモエ電機工業(株)
北陸重機工業(株)
(株)アクティオEG搬送システム部
(有)早内製作所

Coiumn1白い恋人鉄道
第1・2章は原則として、訪問・問合せ禁止(一部除く)

第3章 営業路線のナローゲージ鉄道
三岐鉄道北勢線
Coiumn2軽便鉄道博物館
近鉄内部・八王子線
黒部峡谷鉄道

第4章 たずねるナローゲージたち
北海道・簡易軌道の保存車たち
一円電車や那珂川清流鉄道保存会
足尾歴史館に桜谷軽便鉄道。
それに羅須地人鉄道協会ほか…
その他全国約40施設をブックアップして紹介!!

ISBN:978-4-06-218034-4
本体価格:2,800円+税
判型:B5

=============================================================
また、発売日の前々日の4月1日には「講談社・週刊現代」にて、究極の現役ナローゲージ鉄道&究極のナローゲージ鉄道の紹介ページが掲載されます。合わせてよろしくお願い申し上げます。

せんろ商会(けいてつ協会本局)=========================
○足尾事務所:〒321-1523栃木県日光市足尾町松原12-5
TEL/FAX:0288-93-3403
●東京事務所:〒171-0044東京都豊島区千早2-17-2
携帯TEL:090-8681-4687

せんろ商会(けいてつ協会本局):岡本憲之

E-mail:senro@rail.nifty.jp 
【せんろ商会HP】URL:http://senro.na.coocan.jp

=====================================================

軽探団 奥州を探る 3日目

2013.03.30、再度沿岸部を訪問します。

宿の窓から鳴子温泉駅が見えました。ホームに列車が停車中です。
鳴子温泉駅20130330-004

早速朝食をとって出発です。
20130330朝食

最初にトロネタから。三本木亜炭記念館を覗きますが館内は撮影禁止。入口のオート三輪で勘弁して下さい。復元の木製トロと坑木運搬車の2両が展示されていました。
三本木亜炭記念館20130330-010

石巻市にある「石ノ森萬画館」へ。3月28日にリニューアルオープンしたばかりです。周辺は地震の影響でデコボコが目立ちます。
石ノ森萬画館20130330-006

石巻から沿岸部を仙台に向けて流します。早くも東松島市で昼食の時間になりました。国道45号沿いの普通の食堂「コバルト」で海鮮ラーメンを食べました。
20130330昼食

東松島市「野蒜付近の仙石線」
20130330東松島市野蒜

松島市「松島付近」
20130330松島

ゆっくり仙台市へ向かい、青葉城から仙台の町並みを見てレンタカーを返却。お土産と夕飯用の弁当を買い込んで列車に乗り込みました。
きっぷ やまびこ64号

新幹線の改札近くにある「伊達の牛たん本舗」にて「牛たん弁当」と「牛たん弁当(芯たん)」の2種類を買って半分ずつ分けて食べました。う~~ん、どちらも旨い!
20130330夕食

3日間の東北旅行を終えて帰路につきました。それでは最後に団員H君風に〆させて頂きます。
「牛たん食べて牛ターン(Uターン)…」 お後が宜しいようで…。

軽探団 奥州を探る 2日目

2013.03.29、今日はいよいよ被災地に入ります。震災の被害、復興、支援についてはブログで語るつもりはありませんが、初めてなので一応被害の象徴的な所を回りましたので写真だけ。

朝食はバイキング形式です。
20130329朝食

食後、早めにチェックアウトして海岸部を目指します。県道48号~国道284号を東へ。大船渡線竹駒駅手前あたりから景色の変化に気付きます。

陸前高田「奇跡の一本松」
20130329陸前高田013

鹿折唐桑駅前「第十八共徳丸」
20130329鹿折唐桑駅前006

車の中から気仙沼市役所前の金物店にあったはずのトロッコを探しましたが、見つかりませんでした。震災、津波で無くなったのか、それ以前に撤去されたかは不明です。大谷鉱山歴史資料館へ向かいます。館内にBL+鉱車+鉱車+鉱車が保存展示されています。入館無料。
大谷鉱山歴史資料館20130329-029

気仙沼市「陸前小泉駅付近」
20130329陸前小泉002

南三陸町「防災対策庁舎」
20130329南三陸町002

復興に向けて頑張っている南三陸さんさん商店街へ。
南三陸さんさん商店街20130329-003

商店街の中にある「はしもと」で昼食にしました。
20130329昼食

商店街のすぐ目の前にBRTの志津川駅がありました。やはり鉄道ではないのが寂しいですね。
BRT志津川駅20130329-002

石巻市「大川小学校」
20130329石巻市立大川小学校003

今夜の宿は鳴子温泉です。宿にチェックインした後、共同浴場に行きました。その途中、駅に立ち寄ってみるとホームに列車が入っていました。
鳴子温泉駅20130329

鳴子温泉早稲田桟敷湯。浴槽には透明な含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉が溢れていました。
鳴子温泉早稲田桟敷湯20130329-001

宿は鳴子温泉鳴子ホテル。こちらは白濁、硫黄臭の湯です。内湯の他に露天風呂もありました。
鳴子温泉鳴子ホテル20130329

夕食はバイキングにしました。質は高く美味しく戴きました。
20130329夕食

布団の上に横になると疲れがどっと出てきました。今夜も早寝です。

軽探団 奥州を探る 1日目

2013.03.28から2泊3日で東北へ家族旅行に出ました。目的地は世界遺産「平泉」と海岸部の被災地です。家族連れなのでトロ系は控えめですが1日1トロを目指してプランを組みました。まずは初日から。

少し早起きして8時前のはやてに乗って出発です。
キップ はやて103号

まずは車内で朝食です。昔から好きなチキン弁当です。(結構根強いファンが多いと聞きます)
20130328朝食 チキン弁当

仙台で6分停車。後続の列車に追いつかれる接続待ちでした。
20130328仙台003

下車駅は一ノ関です。新幹線ホームからED75の姿が。久しぶりに見る機関車です。
20130328一ノ関001

更に跨線橋を歩いていると工事用列車がゆっくり走って来ました。
20130328一ノ関002

一ノ関駅でレンタカーを借りてスタートです。今日のメインは平泉の金色堂です。時間は十分あるので少し足を延ばして奥州市へ。昼食前に蔵の街「江刺」を少し散策。そのついでに依田養商店(「よだよう」と読むそうです)へ。駐車場のすぐ隣りです。通路のシャッター下から線路が顔を出していました。訪問するとちょうど女将さんが戻られたところで写真撮影のお願いをすると入口付近までならOKを頂きました。少し奥に台車がありましたが女将さんが入口まで押して来てくれました。有難う御座います。普段はあまりお見せしないとのことなので、探索時、もし断れたら素直に出直しましょう。江刺の酒蔵にもトロッコがあるとの情報もあったのですが今回はここまで。
依田養商店20130328-004

江刺で昼食にするつもりでしたが休業の店が多く仕方なく国道沿いのファミレスに変更。大きな建物が目を引く「南部屋敷」なる和食の店へ。一応地元ではTVコマーシャルもしているローカルチェーン店です。
20130328昼食 南部屋敷

さていよいよ世界遺産「平泉」です。まずは中尊寺から。駐車場に車を停めて金色堂を目指します。参道の途中にビューポイントが。眼下に鉄道が見えます。
20130328中尊寺009

金色堂です。建物の中にあって撮影禁止です。
20130328金色堂006

続いて毛越寺。池の水を抜いて修復工事中でした。
20130328毛越寺010

宿に入る前にもう1箇所。車で約5分の達谷窟。
20130328達谷窟002

さて今夜の宿は毛越寺のすぐ近くの温泉ホテル「平泉ホテル武蔵坊」です。入口には悠久の湯という日帰り温泉がありました。気になったので、宿にチェックインして夕食前に一浴。源泉は宿と同じでした。
20130328平泉温泉悠久の湯

宿の全景。施設は少し古めですが従業員さんは親切丁寧でした風呂は内湯のみ。湯はあまり特徴のないナトリウム-塩化物泉。浴槽内で循環してますが、新しい湯が注ぎ込まれオーバーフローしていました。
20130328平泉温泉ホテル武蔵坊

夕食のメインは前沢牛。美味美味
20130328夕食001

そして釜めし。こちらも美味
20130328夕食002

たらふく食べた後は部屋に戻り明日に備え早めの就寝です。明日はいよいよ被災地に入ります。
プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2017.10.08》
●WEB軽探団「20北中込の製材所」「22富士化工」の本文・写真を更新しました。

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。