暇探団 野生の証明を探る

先日、テレビで薬師丸ひろ子を観て、そう言えば「野生の証明」にトロッコに乗って逃げるシーンがあったような…、と思い早速TSUTAYAでDVDを借りて来ました。

トロッコが出て来るのは確か終盤の逃走シーンだったような…。前半のシーンは適当に流します。するとトロッコのシーンは突然現れました。木製の箱トロに高倉健と薬師丸ひろ子が乗っています。
野生の証明001

機関車はなく下り坂を自然降下して行きます。路盤は結構立派に見えますね…。
野生の証明002

箱の中に二人が入ってこのサイズ。意外と大きいのでは?
野生の証明003

アップにすると作り物感が出てます。連結器はなく一応「手押しトロ」のイメージでしょうか?
野生の証明005

一般人のトロッコのイメージはこんな感じなのでしょうか?足回りと箱に違和感を感じますが、何か別の台車を利用したのでしょうか。
野生の証明007

トロッコは素掘りのトンネルに向かって走ります。この後、トンネル内でトロッコが停止ししますが、ここで衝撃的なシーンがあります。何とトロッコの箱の中にブレーキレバーがあるのです。箱の外ならまだしも、鉱石だか土砂を積むトロッコの箱の中にブレーキレバーなんてあり得ないですよね!
野生の証明009

トロッコを降りて高倉健がトンネルから出て来ます。こちら側はコンクリート製のポータルです。違うトンネルで撮影したのでしょうか。坑口に何か文字が書いてありますがイマイチ不鮮明で読み取れません。この後、ヘリコプターからマシンガンを放つ松方弘樹と銃撃戦になりトロッコのシーンは終了します。
野生の証明010

で、気になるのは「これ何処?」ですよね。周囲の針葉樹の感じから何となく日本ではないような気も…。トロッコシーンになる前は日本だと思うですが…。知識がないので登場するヘリコプターが何処のヘリなのか?判るひとには判るのでしょうが。ロールエンドにも手掛かりになるものはありませんでした。検索サイトなども調べましたが、北米では?みたいなのはありましたが、確定はできませんでした。

本探団 j train最新号(№49)を探る

20日を過ぎて仕事帰りに本屋へ…。携帯用の小型時刻表は春休みの臨時列車が完全ではないようなのでパス。3月号に期待して、j train最新号だけ購入しました。

j train №049 2013春

早速中身のチェックです。

トロッコ・軽便鉄道関連記事
■消散軌道風景 高田機工の鉄道車両たち そのⅡ p131-135

以上で御座いました。

トロッコ度★☆☆☆☆(1)
2013.02.21発売 1400円(税込)

WEB軽探団 石山木材を探る

酒の町、京都伏見の製材所「石山木材」を公開しました。

石山木材19950609-02

WEB軽探団 石山木材

本探団 RM最新号(№355)を探る

今月も無事に届きました。RM最新号です。

RM355 2013.04号

ページをめくります、めくります、めくります、めくります…、終わった。

完全スカでした!(オヨヨ)

トロッコ度☆☆☆☆☆(0)
2013.02.21発売 1200円

ではまた来月

暇探団 鶴見市場を探る

2013.02.19、雪まじりの中、地元横浜の鶴見区にある京三製作所に行ってみました。京浜急行鶴見市場駅から歩いて向かいました。

期間限定で保存されているトラックを一般公開しています。門を入ってすぐのエントランスにありました。
京三号

説明書きを頂きました。それによれば展示の京三號は水冷V型2気筒750ccエンジン搭載の0.75t積小型トラックで、1937年(昭和12年)製造だそうです。国産自動車生産の礎を築いた由緒ある車です。

京三製作所正門です。ガラス張りのエントランス内右側にありました。京三製作所は現在では鉄道信号システムなどを製造する会社ですがホームページの中に京三號が紹介されています。HP
京三製作所

再び歩いて鶴見市場駅へ向かいました。鉄道模型店の老舗「はやぶさ模型店」は健在です。ガラス越しに中を覗くとHOの153系が見えました。確かHOナローも扱っていたのでは?
はやぶさ模型店

《京三號の一般公開について》
期間 2013.03.29まで
時間 10:00-15:00・土曜日、日曜日、祝日を除く
見学 無料
場所 京三製作所 横浜市鶴見区平安町2-29-1
交通 鶴見市場 歩20分
電話 045-501-1261

携探団 流氷を探る

唐突に 団員H君より 2013.02.17 14:41着信

五年ぶりに知床へ流氷を見に来ました。
曇天でしたがしっかり着岸していました。
20130217-001

札幌への帰途は流氷特急オホーツクの風に乗車。
20130217-002

ノースレインボーエクスプレスの車両の中、石北線の雪原をザンギを肴にビールはおつなものです
20130217-003 20130217-004

いやあ~、相変わらずフットワーク軽いですね。それにしても寒そうですが、車内でのビールは旨そ~~~う

ネタ探団 NテレD島を探る その5

久しぶりの続報です。

沖合いから島に接近すると陸地に何か見えます。もしかして…、
D島20130120OA-001

黒い筋の先に終点とあります。
D島20130120OA-002

チョット見ない間に全通していました。距離500メートル、レール248本、枕木620本、工期3ヶ月だそうです。
D島20130120OA-003

手作りトロッコも健在。
D島20130120OA-004

最高の遊び道具です。
D島20130120OA-005

喰探団 電車チョコを探る

バレンタインデーに因んでチョコの話題です。

以前からよく行く駄菓子屋に電車チョコなる菓子がありました。少しずつ買って気付くと30種になっています(写真)。103系のスカイブルーが重複していますが実は行き先が「明石」と「大阪」で異なっています。他の車種ではない例ですのでレアケースかも知れません。全部で何種類が発売されているのか判りませんが、新しい電車も出ているのでこれから先も種類は増えそうです。
電車チョコ001

電車の長さは11センチ。中には仁丹状の粒チョコが入った袋が2つ入っています。
電車チョコ002

主に下記の2店舗で購入しています。値段が異なるのは何故?
■駄菓子の夢や 1個37円(税込み)
■おかしのまちおか 1個30円(税込み)

黒谷商店
大阪府大阪市生野区林寺6-9-34
HP

軽探団 東急砂利トロ新丸子を探る

2013.02.11夕方、短い時間でしたが東急新丸子駅から延びていた砂利軌道跡を探って来ました。昨年世田谷図書館で複写した地図を頼りに探索します。

東急砂利 新丸子 地図

南武線武蔵小杉駅で下車して一旦西へ歩いて府中街道の小杉御殿町交差点から等々力方面へ進み、中原街道を左折して新丸子方面へ向かいました。途中、鍵の手状に曲がっていたり、古い醤油蔵の跡などもあり古い街道筋の名残も見られます。その醤油蔵から住宅街を北へ歩いて多摩川の土手へ。まずは古い地図の1の地点です。

まずは土手の上から南東の方向を。地図の軌道の色に合わせて写真上に想像線を描いてみました。土手の位置がそのままと仮定すると現在の多摩川沿道が軌道跡になりそうです。青線は新丸子から延びる引込線末端手前から延びる砂利用軌道(地図にそう記載されている)。赤線は引込線末端から河川敷へ延びる軌道です。この奥には古い地図にも寺院の記号が記載されていて、現在でも成就院という寺院があります。その北側にある駐車場あたりに積換施設があったのではないでしょうか。
東急砂利 新丸子1-01

土手から南を見るとこんな感じです。地図で赤線は青線の下を立体交差していますが、その痕跡はありません。横断歩道の向こうの鉄門の中は窪地になっていて、河川敷での砂利採取が禁止された後に砂利採掘された場所です。
東急砂利 新丸子1-02

歩道橋から西を望みます。写真撮影の後、周辺を歩いてみましたが軌道の痕跡は発見できませんでした。
東急砂利 新丸子1-03

土手沿いを東へ歩いて2の地点まで行くと、怪しげな細い住宅の裏手に妙な隙間があります。新丸子からの引込線跡のようです。
東急砂利 新丸子2

迂回して反対側へ回ると同じように怪しい隙間があります。(地点3) 背中側は新丸子保線区で、隙間の線と保線区の敷地の線が一致していますので緑線が引込線跡と見て間違いなさそうでした。
東急砂利 新丸子3

陽が傾き北風も強く寒くなってきました。砂利軌道の痕跡を微妙に感じたひと時でした。

WEB軽探団 金山沢小学校跡を探る

住友八戸の石灰石列車が残る金山沢小学校跡を公開しました。

金山沢小学校跡001

WEB軽探団 金山沢小学校跡

トロ鉄遺 軽便鉄道二宮駅跡を探る

今年に入って追加されたカテゴリにお気づきでしたか?何度か名称を変更しましたが、この度ようやく「神奈川トロ鉄遺産」に落ち着きました。これは軽探団の独断と偏見により勝手に決定する、「いつまでも残しておきたい…、残すべき価値のある…、軽軌道(トロッコ)、軽便鉄道の遺産」であります。選考されたからと言っても某団体のエバーグリーン賞のような権威はありませんが、「よう残っとったな~…、こりゃ~残しとかなあかんでぇ~…」というモノばかり?です。(と思っています。)

さて栄えある第1号は!じゃじゃ~ん!「湘南軌道二宮駅跡」です。JR二宮駅北口から徒歩で数分の所に記念碑があります。
湘南軌道二宮駅跡20120318-001

その碑の写真を拡大したものがこれ。駅本屋と本社屋のようです。
湘南軌道二宮駅跡20120318-001トリミング

現存する建物はこちら。1階部は判りませんが2階の窓は当時のままです。この建物がいつ建てられたのかは不明ですが湘南軌道の前身である湘南馬車鉄道の開通が1906年(明治39年)だそうで、もし開業当初からあるのだとすると築百年以上になりますが…。
湘南軌道二宮駅跡20120318-003

記念碑のすぐ隣に建物が建っています。
湘南軌道二宮駅跡20130131-001

撮影日2012.03.18(上3点)・2013.01.31(下)


№001 湘南軌道二宮駅跡
所在地 中郡二宮町二宮823
交通  JR東海道線二宮 歩すぐ

本探団 忘れ得ぬ鉄道情景№1を探る

先日、秋葉原に行く用事があって、書泉ブックタワー覘いてトレイン誌の隅っこにあった「忘れ得ぬ鉄道情景№1」を購入しました。トレイン誌の昨年6月号に「新発売」と書いてあるので、発売時期は昨年の5月頃だったのではないでしょうか?

開くと初めに発刊にあたっての経緯が記されています。それにはかつて出版されていた「蒸気機関車」誌のような自由闊達な雑誌を目指し編集されたようです。私も晩年の「蒸気機関車」誌を何冊か所有しています。誌名から当然蒸気機関車が主役でしたが、蒸気機関車とは全く関係ない専用線の記事なども多く掲載されてました。さて、どんな内容なのか?早速ページをめくってみましょう。

忘れ得ぬ鉄道情景№1

トロッコ・軽便鉄道関連記事
■成田ゆめ牧場まきば線 p5(2010.10),p97-101
■頸城鉄道 p16-17(1966.05.12),p23-30
■西大寺鉄道 p18-19(1940.02.14)
■明治礦業平山礦業所 p51-58,p102-103
■京都の硯鉱山 p73-78(2005)
■大塩組世良田工場・仙石工場軌道 p83-86,p102-103(1963頃・1973.12.29)

トロッコ度★★★☆☆(3)

この書の中で一番シビれるのはやはり「京都の硯鉱山」です。けむりプロ監修らしく鉱山名や所在地は伏せられていますが見当はつきます。大塩組の砂利トロは鉄道ファン誌300号に掲載された「利根川のふたつの軌道」と題されレポートの補足的な内容で、佐原とここの軌道が紹介されていました。ファン誌に掲載された猿の惑星を彷彿させるナベトロの台枠と砂利山の写真が衝撃的だった事を思い出しました。表紙には№1と記されていますので次号にも期待して待ちましょう。

忘れ得ぬ鉄道情景№1
KEMURI PRO監修 杉行夫編集
2012.07.01 プレスアイゼンバーン発行 3990円(税込)

暇探団 軽探団本部改修工事を探る

1月中旬より作業していました「軽探団本部改修工事」がほぼ終了しましたのでお知らせいたします。期間中、一部メール等の返事がお出しできませんでした。誠に申し訳ございませんでした。今月2日より全面復旧いたしました(多分)のでご報告いたします。

と言う訳で簡単に作業内容の報告を…。今回の作業内容はHDDの入換えをメインにバックアップ体制の強化と不要パーツの撤去でありました。

まずは必要資材の調達です。PC内のデータを一時的にバックアップを取る為に外付HDD2TB USB3.0対応(ヨドバシ川崎アウトレット11,700円)、内臓HDD500GB(ソフマップ横浜店4,780円)、USB3.0インターフェイス(同1,000円)を揃えました。ヨドバシでは蓄えていたポイントを活用したので実質16,000円程度の出費となりました。
軽探団本部改修工事001

まずは蓋を開けます。埃も結構溜まっていました。最初に不要パーツの撤去です。このPCの購入は約4年前。XP末期のDELL製でHDDは250GBでした。購入してすぐにヤマハ製のCDドライブを付けました。これは当時一部メーカーが採用していたコピーコントロールCDも読み取れるスグれモノでしたが、接続方式が何とSCSI。当時既に化石に近い接続方法で、このPC標準のSATAに変換するインターフェイスを探すのに苦労しましたが、今回の改修で撤去です。余談ですが当時は旧PCから移植したIDE接続のHDDも内臓していたので同じPC内で3種類の接続方法が混在しておりました。(後にメインHDDの容量不足から650GBのHDDに入れ換えて現行の体制に)
軽探団本部改修工事002

CDドライブはネジを抜けばすぐに外せます。同時に不要になったコードとインターフェイスも撤去。そして新たにUSB3.0用のインターフェイスを挿入すれば組立完了です。蓋を閉じて外付けHDDを接続します。

まずは内臓HDDのデータを外付けHDDへバックアップ。XPのバックアッププログラムでコピーします。合わせて私用メールで利用しているアウトルックの内容もコピー。これでバックアップは完了です。

軽探団本部改修工事003
最上段のCDドライブを撤去。跡地にはBRドライブを入れる予定。

いよいよ再構築です。新しくメインにするHDDは購入した500GBにするつもりでしたが、増設した650GBも十分使えそうなのでこっちをメインに変更しました。とりあえずフォーマットして更の状態に。旧メインのHDDをPC内に残したまま、コード類を外して新HDDをメインになるよう接続します。そして再セットアップを開始。まずXPのSP2をインストール。次にUSB3.0インターフェイスのドライバを落として外付けHDDと繋げると復旧作業のスタンバイ完了です。バックアッププログラムから復旧すると新HDDが稼動し始めました。OEのデータも戻すとかなりいい感じになります。XPのSP3とIE8を入れてセットアップを終えました。

軽探団本部改修工事004
左から
旧HDD 本PCオリジナル 250GB
新HDD 増設で使用していたもの 650GB
新規購入HDD 新設用に購入 500GB

ここまで簡単に記してますが結構な時間を費やしました。判らない事に直面した時は旧HDDに接続し直してネット検索で対処しました。まだ細かい設定が不十分ですが一応新HDDでの作業が可能になりました。で、新規購入のHDDはどうするか…。折角なのでシステムだけでもセットアップしておきましょう。同じようにインストールしてデータ復旧して稼動するのを確認してPCから外しました。これで最低レベルの機能を備えた予備HDDの完成です。PC内の予備HDDにもOSを残したままなので2つの予備HDDになりました。後は外付けHDDとの同期が設定できれば…、と思っていますが…。

このままPCが好調であればHP、ブログ共に完全再開です。宜しくお願いいたします。

軽探団 湘南を探る

2013.01.31、財務大臣のご機嫌とりに湘南へドライブに出掛けました。春の予算委員会の結果を占う大事なプロジェクトです。

天気は上々、カーナビの指示に従いながら国道1号線藤沢あたりを西へ走っていると、これから向かう予定の茅ヶ崎にある「えぼし」の車が抜いて行きました。これはナビよりも正確か!と後について走ります。流石は地元商用車。新湘南バイパスに藤沢IC入口では渋滞している「←茅ヶ崎」の標識には従わず直進。バイパス利用かと思いきや次の信号を左折。すると渋滞の前にまんまと入りました。しかもこっちが本線扱いで優先権ありです。素晴らしい!そして次なる技は小和田の信号を左折し東海道の踏切越え。海岸沿いの134号まで一気に抜けて西へ。距離的には若干のロスはありそうですが茅ヶ崎の市街地を通らず快適ドライブです。

で、予定よりも若干早く無事に到着しました。ここは以前、当ブログなどでも時々登場する元登山家Hさんに連れられて来た事がある店です。その時は夜で旨い魚介を肴に呑みに来たのでした。
茅ヶ崎 えぼし

時計はまだ昼前ですが昼食にします。メニューには沢山の旨そうな魚介が並んでいますが、ここはボードに書かれていた今日の定食から「地魚刺盛定食」、財務大臣は天ぷら定食、共に1400円をチョイス。刺身はどれも旨く戴きましたが意外にも漬物が旨かったりします。(半分が写真枠外です)ご飯はお茶碗に少し多目の盛りですが1回だけお代わりが出来ます。
今日の定食 地魚刺盛定食

さて満腹になったところで腹ごなしです。二宮駅近くの山の上にある吾妻山公園に登ってみましょう。134号を更に西へ走りJR二宮駅北口近くのコインパーキングに車を入れ、いざっ!約300段の階段を一気に登ると体が暖まりました。さらに進むと途中、スイセンの花が咲いています。そして山頂からは西に富士山、南に相模湾を一望。眼下に新幹線も見えました。菜の花も咲いて平日にも関わらず結構な人出です。
吾妻山公園008
(判り難いが中央に富士山があります

山頂でノンビリし、寒くならないうちに下山します。下り階段では東海道線が見えました。でも…、
東海道線002

軽探団的に二宮といえばココです。鉄道遺産に登録すべきレベルの物件です。下山したところで湘南軌道二宮駅跡をチラっと探索してから車に戻るのでした。
湘南軌道二宮駅跡

帰路は駅前のコンビニで買った眠気覚ましのコーヒーを口にしながら助手席で寝ている財務大臣を横目に見ながらハンドルを握るのでありました。

WEB軽探団 山佐林業を探る

名古屋堀川沿いの廃軌道「山佐林業」を公開しました。

山佐林業009

WEB軽探団 山佐林業
プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。