軽探団 平戸製作所を探る

悲しいお知らせです。

本日、横浜市神奈川区子安通の平戸製作所を探索すると…。この状況でした。平戸製作所の建屋は解体されて住宅地として整備。併せて軌道も完全撤去されてしまってるのです。
平戸製作所跡002

末端まで行ってみましたがレール1本残っていません。銀杏の木もありません。
平戸製作所跡004

暫しその場で呆然としていました。快特の風の頬を叩かれ我に返り滝坂踏切まで戻ります。
平戸製作所跡007

振り返ると軌道があったところに薄っすらと痕跡を感じるのは気のせいでしょうか…。
平戸製作所跡009

悪い夢でも見ているようで…。でも現実です。本当に残念でなりません。重い足取りで現場を後にしました。

軽探団 三河・駿河を探る

18きっぷ第四弾は再びムーンライトながらで出発です。
青春18きっぷ04

まずは名古屋まで行ってそのまま上り電車に乗って探索開始!
ムーンライトながら20120827

早朝の岡崎駅で下車。チャリを漕いで石屋町通りの石材店へ。『新美石材店』という主に鳥居などを作っている石材店の作業場ですが工場は廃業している感じです。台車は2台ありますがトロッコというよりは石材加工機械の一部のようでした。
新美石材店

岡崎駅まで戻り再び上り電車に乗車。次なる目的地は…、電車に乗って時刻表をめくって決めます。豊橋市地下資源館もリストアップしてありますが開館時間を待つと後の行程に影響が出そうなのでパス。天浜線の岩水寺にしました。豊橋で接続の電車を待ちますが遅れているようです。新所原の乗換時間は4分。(厳しいな…)結局4分強の遅れで豊橋駅を発車。時計と睨めっこしますが乗換は難しそう。浜松から遠州鉄道を使うよう作戦変更です。浜松駅から新浜松駅までチャリを担いで移動しました。(汗だく)東ルートのフリーきっぷを買って乗り込みました。車内で豊橋駅で買ったおにぎりで朝食を済ませます。
フリーきっぷ東ルート 遠鉄西ケ崎駅構内

遠州鉄道の岩水寺駅と天浜線の岩水寺駅は全く違う場所ですがチャリならそれほどの距離ではありません。天浜線経由よりも早く現地に着く事ができました。天浜線岩水寺(がんすいじ)駅の北方に『岩水(いわみず)石灰』という会社あって、かつて採掘場から石灰工場までトロッコ輸送していました。今回はその探索です。近くまで行くと岩水石灰の関係者の方がいてお話しを聞くことができました。トロッコは30年くらい前に廃止。住友セメントがトロッコ輸送をしていたとのことでした。軌道跡は現在も石垣が築堤のように残っていましたが軌道に関するものはありませんでした。幅はせいぜい2フィート軌道がやっとという感じです。
岩水石灰

次はチャリのまま西鹿島駅へ。以前に探索済みの『駅近くの軌道跡』と『天竜土建』の探索です。天竜土建は機関車を保有している噂もありますが未確認のため資材置場裏の車軸とレールの山を確認するにとどめました。
西鹿島駅近くの駐車場

天竜土建

天浜線は本数が少なくていけません。更に次の目的地の二俣本町までチャリ移動です。街道沿いの旧市街地にある赤い古いガソリン軽量器が目印の『鎌田屋商店』へ。現在は商売はやっていませんが綺麗なガラス戸の中にトロッコの線路がハッキリ見えます。呼鈴を鳴らして撮影のお願いをすると扉の外からならOK。軌道に近づけず軌間計測はできませんでしたが500mm程度と推定しました。
鎌田屋商店

ようやく天浜線に乗ることができました。停車時間の長い天竜二俣駅構内では足漕ぎトロッコで子供が遊んでました。
天竜二俣駅構内

遠州森で下車します。旧市街地の残る本町の狭い道路の商店街の中にある『松浦儀一郎商店』へ。ここは『立入厳禁』にも掲載されてますが松浦儀一郎商店のHPにもトロッコの写真が出ています。しかし現在は事務所移転のため、ここでは商売をされていません。現場まで行って扉を何回かノックしましたが反応なし。仕方なくブラインドの隙間から失礼して…。通路にトロッコの線路が確認できました。
松浦儀一郎商店

遠州森駅まで戻ってホームで次の列車を待っていると…。向こうの工場に何やら線路のようなものが…。望遠で覘いてみると確かにレールです。他にも短いレールが2線ありました。
遠州森駅裏の木材加工工場

掛川へ出て再び東海道の上り電車に乗ります。静岡の乗換時間を利用してホームにある『富士見そば』で昼食。暑いので冷たいそばを・・・。
冷やしおろしかけそば

今日最後の下車駅富士で降ります。まずは『小林製作所』へ。確かここも立入厳禁で紹介された工場軌道があります。工場の裏手の公道から失礼して…。現役かどうかは不明ですが軌道から外されてる鋼製台車が工場内にありました。他にも別線で3線が確認できました。以前は公道を横切っていたようですね。
小林製作所

この後、以前新幹線の車窓から見た工場を探索に行きましたが工場は既に取り壊されて更地になっていました。工場は『富士興和』という会社だったようです。富士から熱海乗り継ぎで夕方には帰宅しました。夜行日帰りの探索でした。(あ~~それにしても暑い)

軽探団 上州を探る

2012年夏、青春18きっぷ第三弾は上州路です
青春18きっぷ003

空が明るくなりはじめた頃、チャリに乗って家を出て高崎行きの普通電車に乗りました。最初の目的地は渋川です。高崎で乗り換える時、向こう側のホームに湘南色の電車が…、おっとこれは!側面はいいんですけど、前面はチョット違和感あるなあ~。私は特急色の方がいい感じに思います。
高崎

接続した水上行きも湘南色の115系。両毛線などにも結構湘南色が走ってました。渋川で降りてチャリで10分足らず、上ノ町の街道沿いにある堀口家住宅は国指定登録有形文化財の由緒ある建物ですが、実はこの中にトロッコの線路が残っていることは意外に知られていません。
堀口家住宅

渋川から上り電車に乗ります。反対側の下り電車は湘南色でした。前回はスカ色でしたが、やはり国鉄色はシックリきますね。
渋川

新前橋で両毛線に乗り換えます。跨線橋を渡ると向こう側の車庫ではアントが電車を押していました。
新前橋

次の目的地は群馬大島です。以前に探索しブログでも紹介した畑の軌道と佐々木木材防腐です。夏の強い日差しの中、チャリで向かいます。冬~春はハッキリ見えた軌道も夏場は草が生茂りこんな状態でした。
前橋市の畑

その足で佐々木木材防腐へ向かいました。木材を防腐加工する釜に送り入れる軌道が3本あります。軌間900mm(実測値)1線と580mm(実測値)が2線あります。写真は900mm軌道の方。こちらは探索時に使用しておらず台車が確認できました。
佐々木木材防腐

次は桐生へ向かいます。次の電車まで時間があったので昼食を済ませてから駅に向かいました。桐生ではまずは西桐生駅に程近い駐車場に残るレールですがここはトロッコ用かどうか?微妙…。軌間380mm(実測値)、距離は目測で7メートルくらいか?
やすらぎ宮前町パーキング

折角なので桐生市内を散策します。本町通りをチャリで一通り流してみますが暑くてたまらず小一時間で駅に戻りました。写真は矢野本店(大正5年)と銭湯の一の湯です。
桐生市内 一の湯

本当はもうひとつ探索しようと思っていましたが暑さ疲れで取りやめました。帰りは小山経由で東北線で帰路につきます。一体、今日の前橋、桐生あたりの気温は何度くらいだったのでしょうか?夜のニュースが楽しみです

本探団 j train最新号(№47)を探る

季間誌(年4回発行)『j train』最新号の紹介です。時々不発に終わるRMと違い岡本氏連載のコーナーがあるのでトロネタは必ず登場し安定感(どんな安定感や!)があります。というわけで今号より勝手にトロネタ紹介をさせていただくことに!

少し前に岡本氏からのメールをいただき、伊藤組の機関車の件は知っていましたが、いよいよ正式発表のようです。
j train047(2012秋)

■那珂川清流鉄道保存会 p120
■足尾歴史館・伊藤組 p131-135

トロッコ度★★☆☆☆(2)

以前ブログに書きましたが那珂川清流鉄道は一度だけ前まで行ったことがあります。まだ準備中で撮影すらも禁止でしたので車の中から覘いただけでその場を後にしましたが、最近になって公開したとの噂もありますので近々再訪を考えています。(いつになる事やら…)

足尾歴史館・伊藤組は機関車移転の記事を中心に東北本線の伊藤組近くで列車から転落して亡くなった馬場少年(トロッコマニアの方ならご存知でしょう)のお話しを交えて紹介されています。伊藤組で保存されていた4台の機関車は2012年5月に足尾歴史館に無事運ばれたようです。レストアされて今後の公開に期待ですね。

馬場少年に関する新聞記事(スカイドライブ収蔵PDFファイル)

2012.08.21発売 1400円

携探団 団員H君の夏休みを探る

団員H君から夏休み最終日のレポートが届きました。(今回もトロッコ抜きです)

夏休みレポ 最終日結果報告
2012.08.20 20:12

夏休みが終了しました。

ブログを拝見し帰路の報告が無いとの苦情?により大変遅くなりましたが報告致します。

S藤さんが上高地に来ているとのメールを受け、涼しそうな大糸線経由を選択。車窓の景色は素晴らしかったですが照りつける日差しは暑く、松本や甲府以降、都会に近づくにつれ混雑し車内の温度も

南小谷~松本~甲府~立川は全て信州色の115系。懐かしいスカ色を期待していましたが文字通りスカでした

以上、夏休みレポ完了m(__)m

20120816-01 20120816-02

20120816-03

S藤さん、帰りの渋滞の中央道ではケンカはしませんでしたでしょうか?
S氏さん、Kっさん、何処か出かけられましたか?
団長さん、もちろん仕事ですよね?ご苦労様です。

残暑厳しそうですが皆様頑張りましょう!

----END----

と、言うわけで『スカ色』なしで『スカ』という、『いよいよ伊予』並みのギャグでこの夏を締めくくる団員H君でありました

WEB軽探団 三建木材工業を探る

名古屋界隈、最後の現役製材所トロッコ?『三建木材工業』を公開しました。

三建木材工業

WEB軽探団 三建木材工業

携探団 団員H君の帰路を探る

団員H君のレポートが中途半端でしたので夏休み最終日のご報告を。(トロッコは登場しません)

夏休みレポ 最終日
2012.08.16 07:52

おはようございます。本日も猛暑日の予報

昨日は城端線を再訪し高岡泊。つい先月も出張で高岡に来たばかり。その時は、はくたか~Maxとき~フレッシュひたち、でしたが今回は18切符。

①北陸~大糸~中央
②北陸~(直江津経由)信越~篠ノ井~中央
③北陸~信越~(長岡経由)上越~高崎線
と選択肢はあります。

どうやって帰ろうかな… 今日は茨城まで乗り放しです。

ところで北陸線の413・455・475系(三両編成または×2)はとうとう金沢~直江津のみ。敦賀~富山間の鈍行は新型521系に置き換えられています。しかも新型は二両編成又は×2で短くなっています。残念

20120815-01

20120815-03

20120815-04

20120815-05

----END----

と、言うわけですが結局どのルートで帰ったのか?は報告がなく不明です。

本探団 RM最新号(№349)を探る

19日の早朝、ポストの中に届いていました。今朝届いたのか昨日届いていたのか?

そんな事より開封開封!さてと…、ん?ん?ん?
レイルマガジン№349 2012.10

今月はスカです~~~

トロッコ度☆☆☆☆☆(0)
2012.08.21発売 1500円 付録付

軽探団 夏休みも探る

夏休みです。久しぶりの家族旅行で上高地に行ってきました。でも普通に行くのも何なんで…。少しだけトロ成分を混ぜ込んでみました。

早朝6時過ぎ、朝飯抜きで中央道に入り、とりあえず談合坂まで。ここで朝食を済ませて松本へ向けて再び走り出しました。天気と相談しながら上高地に入るのは翌日として今日は安曇野散策をすることに…。
談合坂SA スタ皿定食

豊科ICまで走り定番の大王わさび園へ。IC降りて少し走ると渋滞に。何じゃこりゃ!とノロノロを車を進めると結局渋滞の原因はわさび園でした。わさび園散策の後は昼食。穂高の有名そば処『常念』へ。初めて行ってみましたが思った以上に面白い蕎麦屋さんでした。
そば処 常念 常念 おろしそば

食後は松川村のハロー安曇野へ。ここは釣り堀や土産物屋、とんぼ玉博物館などがある観光施設ですが、園内にSLの形のミニトレイン(軌間610mm)が走っています。他にもオート三輪、バモスホンダなどのレトロカーもあったり…。
ハロー安曇野

バモスホンダ

この後は天気が崩れてやや強めの雨。宿に向かうことにしました。
宿は沢渡(さわんど)温泉の上高地ホテル。Jらんのネット予約で7月の半ばになって最後のひと部屋を押さえたのであまり期待はしていませんでしたが、4人で泊まるには部屋が狭かった以外は良かったです。料理は予想以上に美味しく、温泉も露天岩風呂と内湯が朝9時まで入れて悪くありませんし、宿泊者は宿の駐車場に車を置いて上高地散策へ行けます。また沢渡の中でも上高地に近い所に位置していて、宿の目の前がバス停でした。
上高地ホテル夕食

翌朝、いよいよ上高地へ入ります。朝食を7時半でお願いしたのですが、6時前に完全に目覚めてしまい、この時間を利用して早朝トロッコです。さてこんな時間に行く先は…。沢渡から車で約20分、安房トンネルを抜けて平湯温泉の近くにある『あかんだな駐車場』です。ここに何があるのでしょうか?実はここのバスターミナルの近くに謎のトロッコがあるという情報を入手。ダメ元で確認に向かいました。すると…、
あかんだな駐車場

ありました!シートに覆われた謎の物体が!しかし、シートの下から少しだけ見える車輪を見逃すほど節穴ではありません。今回、流石にシートの中身までは確認できませんでしたが、シート下から覗いた感じでは色は茶色、2軸車で軌間は1メートル以上です。幅狭でノッポ型の形状、屋根上がスッキリしている感じからバッテリー機関車と推定しましたが車種は不明です。(貨車ではなさそうです) で、ここまで書いて中身を発表できないのは申し訳ないので知りたい方は『安房トンネル 工事トロッコ』などで検索してみて下さい。中身の写真が見つかると思います。時々、公開している感じもありますのでタイミングを図りたいですね。尚、『安房トンネル』の通行料は普通車750円ですので往復で1500円の探索経費がかかっていますがカミさんには内緒。仕方なくETCは使わずに小遣いから現金払いです。また『あかんだな駐車場』は上高地を訪れる観光客がマイカーからバスまたはタクシーに乗り換える為の施設で、駐車場の他にバスターミナル、タクシー乗り場、トイレなどがある市営の駐車場です。利用時間は早朝から夕方18時までで夜間は出入りが出来なくなります。また車中泊も禁止のようでやや不便な感じです。駐車料金は500円ですが今回の探索での短時間利用は無料でした。(これはラッキー)トロッコはバスターミナル横のトイレの裏手にあってバス利用者からは死角になっていますが第2駐車場左奥の階段からバスターミナルへ降りると発見できます。

トロ探索から宿に戻ると朝食までまだ時間があったので朝風呂を楽しんでからメシにしました。朝食を美味しくいただいていよいよメインの上高地です。
上高地ホテル朝食

私は2回目の上高地ですが家族は初めてです。大正池までタクシーで入り時間をかけて河童橋まで歩きました。朝は雨が降ったり止んだり、昼前から晴れて午後は快晴になりました。本当は明神池まで行きたいところですが時間の都合でここまで。河童橋上流の河川敷で遊んで、昼食をとってバスターミナルまで降りて帰りもタクシーに乗りました。超B級トロッコ専門サイトですので詳細レポートは割愛して写真だけ。
上高地 河童橋上流

上高地から降りて沢渡温泉の宿から新島々を通って松電に沿って松本駅へ。お土産は我々身内の中では定番の銘菓『あずさ』です。駅ビル4階の店で購入しました。
銘菓あずさ

この後、時間があれば街角軌道の『みづしろ』か『諏訪湖畔のプリムス』と思っていましたが時間が少し足りないようなのでパスして松本ICから帰路につきました。
帰路 渋滞

途中、渋滞は想定内でしたので道中は急いでも仕方ありません。松本駅から諏訪湖SAで休憩を挟み初狩PAまでカミさんが運転を頑張ってくれたので夜の渋滞区間は私。思案の結果、小仏トンネルの渋滞を回避して大月から河口湖、山中湖を経て御殿場に抜けて東名へ路線変更しましたが、こちらも渋滞で帰宅は12時前でした。あ~しんど。

携探団 尾小屋鉄道を探る

紀伊勝浦から想定外の福井へ移動した団員H君より続報が届きました 今回は長~~いですぞ

夏休みレポ続々編

2012.08.15 18:59着信
本日もなまら暑いです 加賀温泉から駅レンタカーにて尾小屋鉄道跡を探ってきました。

まずはポッポ汽車展示館。屋外で無料です。客車の中にも入れました。残念ながら隣接の尾小屋鉱山資料館は休館日でした。

次は尾小屋駅跡付近。バスの終点付近にありました。他、転車台や廃線跡探索は生い茂る夏草と虫で断念m(__)m

最後は粟津のいしかわ子ども交流センター小松館のなかよし鉄道。水曜日は運行日のはずが休館日のため運休こちらは今月26日に年に一度?の特別運行で四両編成が見れるとか…

----END----

写真も添付されていましたが後述のメールに添付されている写真と重複しているので割愛しました。で、つづきです。

尾小屋写真集1
2012.08.15 19:38
迷惑かもしれませんが写メの全てを送信します。

まずはポッポ汽車展示館。
尾小屋01-01

尾小屋01-02

尾小屋01-03

尾小屋01-04 尾小屋01-05

尾小屋01-06

尾小屋01-07

----END----

尾小屋写真集2
2012.08.15 19:44
同じくポッポ汽車展示館。
尾小屋02-01

尾小屋02-02

尾小屋02-03

尾小屋02-04

尾小屋02-05

尾小屋02-06

尾小屋02-07

尾小屋02-08

----END----

尾小屋写真集3
2012.08.15 19:51
またまたポッポ汽車展示館。
尾小屋03-01

尾小屋03-02

尾小屋03-03

尾小屋03-04 尾小屋03-06

尾小屋03-05

尾小屋03-07

尾小屋03-08

----END----

尾小屋写真集4
2012.08.15 20:11
尾小屋駅跡付近

一枚目の写真、二叉路の左側道入口の左手がバスの終点。右側の道の左手に旧尾小屋駅跡入口。ポッポ汽車展示館は左側道を更に奥へ行きます。
尾小屋04-01

尾小屋04-02 尾小屋04-03

尾小屋04-04

尾小屋04-05

尾小屋04-06

尾小屋04-07

尾小屋04-08

駅跡が間違っていたら申し訳ありません。

----END----

尾小屋写真集5
2012.08.15 20:22
最後は、なかよし鉄道。出来れば体験乗車したかったです。夏休みぐらいは開館して欲しかったです。15日のお盆休みだから?
尾小屋05-01

尾小屋05-02

尾小屋05-03

尾小屋05-04

尾小屋05-05

尾小屋05-06 尾小屋05-07

尾小屋05-08

----END----

如何でしたでしょうか?団員H君の尾小屋レポート。写真39枚の超長編になりました。お疲れさまで御座いました。

携探団 今日はトロッコは探らず

団員H君より続報です

夏休みレポ 続編

2012.08.14 22:13
本日は18切符を使って紀伊勝浦から紀勢、阪和、大阪環状、東海道、北陸線で福井まで乗り放しでした。
20120814-01 20120814-02

20120814-03 20120814-04

寄宿後、テレビのニュースで知りましたが、関西地方は凄いことになっていたようで

こちらは今朝、紀伊勝浦で列車に乗ったとたんに降りだし、紀勢線内で時折局所的な豪雨に会ったものの、止んでいる時もあり和歌山以降は降りませんでした。
但し、特急くろしおは接続の新幹線の影響で大分乱れていました。
結局、紀伊勝浦から大阪まで一度も抜かれなかったみたいです。

行程で影響があったのは大阪からで午前中の京都線内の路盤流失による運休の影響により新快速が終日運転取り止めで米原方面の快速は高槻から全て各停になっていたことです。
本来は敦賀直通の新快速に乗る予定でしたが快速は全て米原止り。
しかし米原で直ぐに敦賀行きに接続したので予定通り福井に着くことが出来ました。

明日はいよいよ…

----END----

最後は意味深なセリフで締めくくられています。明日に期待(情報家S藤)

携探団 熊野路を探る

夏休みで旅に出ている団員H君より着信がありました。

2012.08.13 20:20
残暑お見舞い申し上げます

夏休みレポ

昨日は中学の修学旅行以来の奈良市内散策。
まずは定番の小川又兵衛商店に立ち寄り、猛暑の中、混雑の大仏見学。
20120813-01

本日は日本一長い路線バス、八木新宮特急バスを完乗。かなり過酷な道を走行。昨年の豪雨の爪痕が生々しかったです。
20120813-02

20120813-03

そして今晩は紀伊勝浦のホテル浦島に再訪し温泉巡りを堪能しています。
20120814-04


するとKっさんより反応が…
2012.08.13 21:31
このバスのメーカーは?三菱かな?

即座に回答が…
2012.08.13 21:57
日野です。

この路線はまだ二桁ナンバーの旧式です。
世界遺産地域を走る路線なのにいいのかな?

再びKっさんより
2012.08.13 22:52
日野だったのか。。。
それにしても、かなり古いモデルだよね。まだ現役なのが信じられない。。。

ネタ探団 横浜水道みちを探ろう

本日、役所に行ったらこんなパンフを発見!うまく行けばトロッコレールをゲットか?
横浜水道みちクイズラリー2012
(パンフレットをクリックすると拡大PDFファイルになります)

水道道
(参考画像:水道みち 横浜市旭区)

私は都合がつかず断念。皆さんは如何ですか?

WEB軽探団 大畑森林鉄道跡を探る

軌道が残る遊歩道、大畑森林鉄道跡(青森県)を公開しました。

大畑森林鉄道跡003wide

WEB軽探団 大畑森林鉄道跡

モノ探団 プラレールのトロッコを探る

鉄チャンの登竜門と言えば間違いなくプラレールが挙げられるでしょう。幼少の頃、プラレールで遊ばなかった鉄ちゃんはいないと言っても過言ではありません。それどころか大人のプラレールの愛好家は多いようです。

先日、あるBックOフを覘くと本の他にもフィギア、プラモ、ミニカーなども扱っていて、冷房に涼みながら店内をウロウロしていると、105円のコーナーにカプセル玩具やミニカーに混じってプラレールの車輌が単品でぶら下がってました。そこで見つけたのがコチラ。
プラレール トロッコ

コレは一体何なんでしょう?見た目はナベトロとホッパー車を足して2で割ったような形状ですが横のレバーで鍋が傾く仕組みになっています。構造はグランビー鉱車のよう…。何両か繋げて機関車に牽かせてみたいですね。

恐らく何かのセットで製品化されたのでしょうが、私はプラレールマニアでないので良くわかりません。

我が家にもまだプラレールは残っていますが、流石に子供が大きくなって最近では箱に入ったままで出して遊ぶ機会もなくなりました。これを機に箱から出してみましょうかね。

WEB軽探団 西沢渓谷を探れ

WEB軽探団資料室に西沢渓谷ガイドマップをアップしました。

先日、塩山温泉入浴時に塩山駅にて入手しました。林用軌道跡を探索する際の参考になりそうです。山梨市駅、塩山駅からのバス時刻表も掲載されてるので便利。原本はA4サイズ両面刷りですが西沢渓谷の探索ならこれで十分な内容です。是非ご活用下さい。
西沢渓谷19950730-02

WEB軽探団 写真帖を探れ

WEB軽探団に新コーナー「写真帖」をマイクロソフト社のSKY DRIVEを利用し開設しました。

とりあえずは団員H君撮影の住友赤平自走枠工場(2011.10.09探索)の写真19点をアップしました。通常非公開の場所ですので画像だけでも楽しんで下さい。

住友赤平自走枠工場

尚、WEB軽探団写真帖の入口はWEB軽探団トップページに設けました。宜しくどうぞ。

WEB軽探団 山二造酢を探る

旧伊勢街道沿いに残る山二造酢(三重県津市)の軌道跡を公開しました。

鉄系、トロ系サイトでは恐らく未公開物件(当社調べ)ですが、ご主人のお話しでは以前に関東大手民鉄のT武鉄道の人が来て写真を撮って行ったそうですので、もしかしたら何処かで公開されているかも知れません。
山二造酢

WEB軽探団 山ニ造酢

携探団 深夜のTXを探れ

※今回はトロネタでは有りませんのでトロマニアの方は流して下さい。

緊急指令 「TXを追跡せよ!」

これはI県で秘密裏に活動をしている諜報部員H君より1通の電信が届いたのが事の発端である。

■20XX.0X.31tue 18:59(諜報部員H君)
「TX車両が甲種輸送で昨日、T駅着。現場の状況より今夜、M谷まで陸送する見込み。以上」
TX001

TX002

TX003

TX004

■20XX.0X.01wed 13:27(本部指令Kっさん)
「本部了解。標的はTX-2000系(H立製作所)か?20XX年度増備分と推定。陸送の現場を押さえろ!以上」

■20XX.0X.02thu 20:10(諜報部員H君)
「今朝、現場確認。標的はK松よりやってきたH立製作所のTX車両。一晩三両ずつ深夜陸送。残6。以上」
TX005

TX006

TX007

■20XX.0X.02thu 22:22(本部指令Kっさん)
「続報了解」

■20XX.0X.03fri 02:12(諜報部員H君)
「本部指令により深夜活動開始。陸送出だしを撮影。満月の深夜、J磐線終電前の00:40過ぎにT駅東口発進。夜間撮影は困難を極める。誘導員はH立のメット使用。H立物流担当と思われる。トレーラーはY口ナンバー。尚、M谷までの追跡は都合により断念。以上」
TX008

TX009

TX010

TX011

■20XX.0X.03fri 12:42(本部指令Kっさん)
「任務遂行、ご苦労様。以上」

■20XX.0X.03fri 18:34(諜報部員H君)
「朝、夕と現場再調査。日中にトレーラーに載せ換え完了、陸送待ち。今夜は作戦会議の為、追跡調査中止。以上」
TX012

TX013

TX014

TX015

TX016

TX017

TX018

■20XX.0X.03fri 23:27(本部指令Kっさん)
「任務完了了解」


Tち「やっぱり団員Hは働き者ですなあ」
S藤「ホンマ。よう働いとる」
Tち「Kっさんのムチャぶり、失礼、本部の緊急指令にも見事に応えてますよ」
S藤「軽探団に入れておいて正解やったろ?」
Tち「まさに後輩の中の後輩ですな」
H君「そんな理由で入れたんですか!」
S藤「そう、なんたって軽探団で欠落しているのは兵隊さん(働き者)やからね」
Tち「オッサン(団長)の言うことなど全く聞かない、どこかのSさんとはエライ違いですね」
S藤「喧しぃ!大体、オッサンの言うことを聞くヤツおるんか?」
団長「こらあ!少しは先輩を敬う気持ちを持たんか!」

と、いうわけで緊急指令を見事全うした諜報部員H君には敬意を表して軽探団内部の人事異動を…。

「辞令 団員H君は本日より働き者次長を命ずる」

S藤「では作戦会議と称した飲み会頑張って
H君「そんな肩書き欲しくないですよ!それより後輩を入れて下さ~い」
Kさ「昇格おめでとう」
団長「いや~何とも微妙な肩書きだなあ」

軽探団 常陸を探る

本日は水戸まで車で出掛けました。そのついでにチョット寄り道。

水戸芸術館(水戸市の中継で必ず映る塔があるとこ)で水戸岡鋭司氏の鉄道デザイン展が開催中でしたので覘いてきました。
水戸岡鋭司の鉄道デザイン展入場券

色々な展示物がありましたが軽探団イチ押し展示物はこちら!どこかで見覚えが!!
水戸芸術館 水戸岡鋭司鉄道デザイン展

おっとこれは以前に団長が博多から送って来たのと同じデザインの機関車ではありませんか!いや~こんなモノもデザインしてたんですね。幅広いな~尚、一応参考までに資料室にパンフレットと会場案内をアップしましたのでご覧下さい。

パンフレット PDF 456kb
会場案内 PDF 136kb

見終えると昼を過ぎています。昼食は国道51号線から大洗に行く途中にある「うどん市(いち)」へ入りました。ここは関東でさぬきうどんブームが起こる以前からさぬきうどんを出していた店です。久しぶりに寄りました。軍鶏丼と冷たいうどんのセットで1050円(税込)です。
うどん市水戸店

食後はトロッコから離れて温泉へ。多くは語りませんが湯小屋温泉泉荘と聞けば温泉マニアはニヤりとするハズです。訪問にはカーナビが必需品です。尚、浴室(キャンピングカーみたいな建物)は独占でした
湯小屋温泉泉荘全景

浴後はナビを石岡にセット。行き先はご存知のココ。
あさ川石岡店

そしてこちら。
福島屋砂糖店

トロマニアには写真だけでお判りかと思いますが、一応念の為に…、上は「あさ川石岡店」、下は「福島屋砂糖店」でした。福島屋さんでは女将さんに沖縄産黒砂糖を頂き幸せ気分。ご馳走様でした。そしてここで夕方も4時過ぎになり渋滞前に帰路につきます。が…、首都高はやはり渋滞でした

軽探団 甲信を探る

今夏第二弾は第一弾に続いて中央線方面。上りのムーンライトを横浜で降りて横浜線経由で八王子から甲府へ。

ムーンライトながら 2012.07.31

メインの目的地は小海線の信濃川上でしたが、そのままでは接続が悪く時間ロスが必至でした。そこで甲府で一旦街に出ることに。約1時間で移転した長田組本社と丸の内にある山本荒物店を軽く探索です。長田組の機関車は以前と変わらぬ姿で本社前に鎮座していました。めでたしめでたし。
長田組

山本荒物店のトロッコはレールの溝も埋められることもなく台車も現存していることから現役と判断していますが、何時行っても軌道上に車が停まっていて本格探索はまだしていません。
山本荒物店

再び中央本線に乗り小淵沢へ。小海線に乗り換えて信濃川上まで行きます。駅から4km弱の森の交流館にある山トロを探索します。帰りの列車は56分後か3時間後…、できれば56分後に乗りたいのですが…。とりあえず現地まで行ってみてから考えましょう。緩い上り坂ですが追い風で幾分ラクに進みました。途中、会う人が「こんにちは」と挨拶してくるのでこちらも「こんにちは」と返事しますが、息は少々上がり気味。漕出しから約20分で現地に到着しました。山トロは屋外にあるので一気に写真撮影して時計…。列車の時間まで30分弱あります。よ~~し戻るぞ!帰りは下り坂でほぼトップギアで疾走します。向かい風で走っている途中は爽やかですが、駅に到着すると一気に汗が噴出してきました。列車まで10分弱。チャリをたたんで駅前の自販機でスポーツ飲料を買ってほぼ一気飲み。すぐに小淵沢行きのハイブリット車が来ました。エアコンの効いた高原列車は天国です。
川上村森の交流館

来る途中、甲斐大泉駅構内で見かけた工事トロを車窓から撮影。その後は心地良い揺れにウトウトしている間に小淵沢駅に到着。
甲斐大泉駅構内の工事トロッコ

すぐに高尾行きの接続がありますが、敢えて1本落として駅構内の立ソバで昼食に。少し爽やかな風に汗が噴出すことなく熱いソバを食べ終えました。尚、ここの蕎麦屋は駅弁「元気甲斐」でお馴染みの地元丸政の経営です。画一化された首都圏のソバ屋とは一線を画してます。黒くて太めのソバを美味しく戴きました。

食後は再び甲府です。まずは山本荒物店。車が少し動いてますが、前に出てしまい更に軌道が見えなくなってましたのでパスして平岡機械工販へ。事務所に声を掛けて奥まで入らせて頂き撮影しました。最奥から事務所前近くに戻ると旦那さんと若旦那さんが事務所から出てきて一服。汗をぬぐいながらお話しをしていると若旦那さんからジュースまで頂き恐縮することしきりです。全国から見学に来ることや、最近テレビ取材も来たこと、逆にウチのトロッコはそんなに貴重なの?って聞かれて…。全国でもここのような距離の長いトロッコが残っているのは貴重ですとお答えしました。商売柄、部品調達は難なくできるのでトロッコを改修しようかな…などと若旦那さん。仕事に戻られたのを機に失礼させていただきました。
平岡機械工販

夕方まで時間があります。市内をアテもなく走り回り新規発見を目論みます。既に探索済みのテツフジに残存する1本線路と桶庄は変わりありませんでした。
テツフジ

桶庄

しかし…、2時間近くウロウロしましたが残念ながら新規発見はナシでした。

帰りの電車に乗る前に汗を流そうと途中で見つけた温泉銭湯「竹の湯」へ行ってみましたが入口は施錠されています。どうやら廃業でしょうか?仕方なく少し早い電車に乗って塩山へ向かいました。塩山には駅から程近い塩山温泉があるハズです。改札口の外に塩山温泉のパンフレットがありました。チャリを駅に残し徒歩で目指します。10分弱のところにある公衆浴場と旅館を兼ねた宏池荘へ行ってみると…「本日定休日」の文字。ツキがないのか?と思っているとお年を召したご婦人が通りかかり「隣で入れますよ。私もこれから入いるとこ」と裏口から中へ入って行きますが、私は一応表の玄関へ回って中で再びご対面。案内看板はありませんが井筒屋さんは浴料500円で入浴可能でした。教えて貰わなければ全く分かりません。入浴料を払い浴室へ。中は常連さんが4人。暑さのため脱衣所の扉は開けっ放しです。浴槽は4~5人も入ればいっぱいになるくらい。湯は無職透明、無味、無臭ですがスベスベ感があっていいお湯で飲泉も可です。
塩山温泉井筒屋

塩山から乗った高尾行きはスカ色でした。何本か乗った115系電車でしたが最後にようやくスカ色の電車が来ました
中央線564M高尾行き





軽探団 東海地区を探る

2012年夏、ようやく探索開始です!

第一弾は愛知、三重、岐阜方面へ。
青春18きっぷ02

チャリ持参してムーンライトながらで出発です。途中、浜松(たぶん)で目覚めると583系が見えました。
ムーンライトながら 浜松駅

早朝、名古屋で下車。チャリを組み立てて人気の少ない名古屋の街を新堀川の堀留近くにある製材所へ疾走します。もしかしたらここが名古屋の製材所では最後の現役トロッコかも知れません。
三建木材工業

製材所から名古屋駅へ戻る途中、名古屋市電の保存車輌をチラ見しました。
上前津東公園

名古屋駅に戻りチャリをたたんで改札口から時刻案内を見ると亀山行きが発車寸前です。チャリを担ぎホームへ急行。次は名張へ向かいます。何とか間に合いましたが時刻表で行程を組むと時間が少々足りません。そこで桑名から近鉄に乗り換えました。18きっぷの1日分よりも高い出費になりますが時間を買ったと思えば安いかも。
桑名~名張

名張には8時過ぎに着くことができました。次の目的地は津なので帰りの特急券を先に購入してから探索します。探索時間は1時間少々です。さて向かった先は…、初瀬街道沿いにある福田本店というお茶屋さんですがカーテンが閉じていて中が見えません。事前の調べでは8時からの営業で無休とのことだったのですが…。
福田本店

まだ時間があるので、仕方なく街道沿いを流してみます。すると近くの米穀店の床に怪しげなラインが…。下水道工事かどうか…、微妙な感じです。
米久

更に南西方向へ流すと街道は鍵の手状に折れ古い建物が多くなります。そしてシャッターの開いた建物を覘くと…、これは間違いなくトロッコの線路です。店は廃業していますが穀物関連の機械が残ってますので元は米屋のようです。
北佐商店

再び福田本店に戻りましたが店が開く気配がなく残念ながら今回は見送りにしました。近鉄特急に乗って津へ。乗った電車は津までノンストップでした。津駅でチャリを組んで伊勢街道(国道23号)を走ります。途中で旧街道へ入り住宅街を行くと黒い大きな木造建造物と煙突が現れます。ここが目的地の山二造酢です。今は使われていませんが製品搬出口の事務所前にトロッコの軌道が少し残っていました。
山二造酢

夏の日差しに汗だくになりながらJRの阿漕駅まで戻りました。列車が来るまで暫く時間があったので駅のホームでゆったりした時間を過ごし体力回復です。津の乗り換えで昼食を済まして快速に乗って名古屋へ。津、四日市は今でも貨物輸送が盛んなところです。車窓からはスイッチャーがチラホラ。
スイッチャー01 スイッチャー02

次なる目的地は常滑です。と、いうわけで名鉄に乗り換えです。チャリを担いでますので乗り換えは名古屋ではなく金山にしました。不慣れで先着の列車が分かりませんが、とりあえず次に来た常滑行きの電車に乗りました。常滑駅から本日最大のサイクリングの始まりです。まずはINAXのミュージアムへ。トンネル窯にあるトロッコもどきの線路と台車を見学です。屋外にあるので無料で見ることができました。
INAXライブミュージアム INAX トンネル窯

INAXライブミュージアムから盛田味の館へ。ご存知SONYの創始者盛田氏のご実家だそうですが興味は工場見学です。WEB上で見学レポートを読むと「見学はトロッコに沿って…」と紹介されていますが…。見学は予約制、15名以上のようです。これは事前調査済みでしたので想定内。様子を窺って撤収します。緩いアップダウンを繰り返す道を半島の反対側、武豊へ向かいます。途中、日本油脂の工場前を通ると門の中に機関車がありました。夕方の4時過ぎになってようやく武豊町歴史民俗資料館に到着です。館内に火薬を運ぶための貨車が展示してあります。他にも武豊線などの展示物も。ココは無料で入館できます。
日本油脂

武豊町歴史民俗資料館

武豊 展示物 レール

その後ターンテーブルを見学してJR武豊線に乗りました。
武豊ターンテーブル

陽も傾き始めましたので1日の締めくくりへ。名古屋で乗り継いで岐阜へ。完全に陽が沈んだ7時過ぎ、長良川に程近い川原町屋へ。店は既に閉店時間を過ぎていますがそれを承知で店の前まで行ってみます。店内の通路にトロッコの線路跡が残っているとのことですのでまた次回…。
川原町屋

さて本日のトロッコ巡りは終了。夕食と風呂で締めくくりです。来る途中で見かけたラーメン屋に入り豚醤油ラーメンなるものに味玉を入れてみました。最初の一口目は旨いと感じたのですが香辛料が効きすぎで後半は味がよく分からない不思議なラーメンでした。
夕食のラーメン

夕食後は近くの銭湯「のはら湯三番町本店」へ。建物は新しいですが市内でも有数の老舗銭湯で、根尾川温泉より運んできた温泉と自家井戸の水を使用した浴槽があります。汗を流してスッキリ爽快、浴後は濃厚なコーヒー牛乳でアガリです。
のはら湯三番町本店
プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。