携探団 広島を探る

2012.04.30着信 団員H君より

「The広電」
9連休で昨日、旅立ちました。

今回の目的の一つ、全国の路面電車19社完乗の18社目です。
広島はあいにくの雨です

広電001

広電002

広電003

----END----

「宮島口の石材店を探る」

広電の1日乗車券を利用して、宮島口へ。
まずは有名なあなごめし「うえの」にて朝食を
10時の開店直後に並んだので2順目に席に着くことが出来ました。

まずは白焼きとおちょこで一杯

広島004
うぅ~んたまりません

続いてあなごめし
広島005

旨すぎです

今晩用の弁当のお持ち帰りもゲットし、数十メートル離れた石材店を探ります。S藤さんがJRのホームから見つけた平本石材店を表から探ってみました。
店内にもJRと平行した軌道とトロッコがありました。残念ながら店は休みのようで中には入れませんでした。
裏に廻るとホーム側の線路はありませんでした。
平本石材001

平本石材002

広島の最後はお好み焼きで締め、高速バスで博多へ
広島006

トロレポートと言うかグルメレポートですみませんm(_)m

----END----

「宮島口の石材店の裏」

裏のホーム側です。
平本石材003

----END----

というわけで団員H君から宮島口の平本石材店のレポートを頂きました。ありがとうございました。残念ながらホーム裏手のヘロヘロ線路はなくなってしまったようですが、店内にもレールがあったとは驚きです。本日送られてきたメールは3通、写真が全部で9枚で路面電車3枚、食べ物3枚、平本石材店3枚でしたが、夜食の弁当も見たかったですね実は私も宮島へ行った時、現地の方からあなごの弁当をご馳走になりました。チョット古風な感じも包み紙でステキなお弁当でした。当然味もサイコーでした。

WEB軽探団 資料室を探る

2012.04.26、WEB軽探団にてマイクロソフト社のオンラインストレージ「SkyDrive」を利用した資料室を開設いたしました。トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。

主にPDFファイルにて保存してありますが、ファイルサイズがやや大きいものがあります。

初回のラインナップは…、
・足尾歴史館 パフレット
・足尾銅山観光 パンフレット
・東大農場 朝日新聞2012.04.08むさしの版
・下津井電鉄時刻表 昭和51年7月1日改正
・下津井電鉄時刻表 昭和60年7月6日改正

WEB軽探団のトップページに入口のトロッコを連結しましたので、そこから入室して下さい。

軽探団 西武新宿線で探る

昨日の陽気とは一転、初夏の様な日和になりました。で、火曜日です。先日、待望のトロッコが復活した東大農場をメインに出掛けてみました。

山手線高田馬場駅で西武線に乗り換えて田無へ向かいます。改札を出て北口へ降りる階段のところに案内板があって「東大農場550m」とあります。駅前の道を真っ直ぐ北ヘ歩いて青梅街道、新青梅街道を立て続けに横切ると正門にぶつかります。正門から更に真っ直ぐ進むと事務室の建物に突き当たるので、そこでノートに記帳して農場博物館へ…。するとありました!念願のトロッコです。新潟県の小野石灰工業からやって来た木製平トロに箱が載せられました。やはり線路の上にトロッコがあるのはいいもんです。
東大農場

折角、田無まで来たので少し足を延ばして川越へ。今までは徒歩で回っていましたが、今回は本川越駅近くでレンタサイクルを借りてのトロ巡りです。
サイクルセンターしも

チャリの利便性を活かして向かったのは川越聖地霊園ですが、まずはその途中にあるヤハリ商店に寄ってみました。丁度昼休みの時間でしたが事務室にいた方に声をかけて最奥に停まっていた鋼製台車の写真を撮りました。見れば見るほどシンプル構造です。
ヤハリ商店

川越聖地霊園は駅から3kmくらいあります。行くにはバスかタクシーか?になりますが天気さえ良ければチャリが好都合です。駐車場の奥に怪しげな機関車と客車があります。何処かの遊園地から来たのでしょうか?良く見ると2両はボギーの連接車です。軌間は762mm。昭和61年アルナ製の銘板がありました。尚、駐車場の開門時間は8:30~17:30です。
川越聖地霊園

川越の市街地を抜けてハーフダイム川越店を目指します。道中、怪しげな建物がたくさんあってキョロキョロしながらのサイクリングです。店の前まで来ると階段下に木製の鉱車が2台転がっていました。鉱山をイメージした店作りのようで、2階にある店のドアも坑口風になっていました。鉱車は模造品と思われますが車輪はホンモノで軌間は508mm。見た目もホンモノと遜色ない出来栄えでした。(結構、ホンモノだったりして…)
ハーフダイム川越店

時計は2時を過ぎています。レンタサイクルの店の近くにあった讃岐うどんの店で昼食にしました。
才谷屋

昼食後は近くのカワモクへ。製材所の一部が月極駐車場になり地面に軌道の痕跡が残ります。残念ながら製材所内の軌道もほとんど残っていませんが、正門近くの事務所前にも少しだけ痕跡を見ることができます。
カワモク

川越で一番観光客で賑わう蔵造りの町並みへ…。有名なやまわのトロッコを覗きました。
やまわ

営業時間外の城のトロッコを店の外から見て、最後は越健産業の倉庫の軌道を確認し、約3時間のトロ巡りを終了にしました。
越健産業

チャリを返却して本川越駅へ戻ると丁度、特急の発車5分前でした。迷わず特急券を購入して乗り込むと石神井あたりで検札を受けるまで熟睡
小江戸24号

短時間ながらも充実の一日でありました。

軽探団 屋根修復工事を探る

トロッコではありませんが…、トロッコ風?なので…。

震災で壊れた我がS藤家の墓の修理が終り確認に行くと、同じく震災の被害を受けたお寺の本堂の屋根の修復工事中で、その屋根に瓦を運ぶトロッコ風ハシゴが架けられていました。
屋根修復工事

ハシゴの横がレール代わりになっていて、荷台に繋がれた鋼製ワイヤーが頂上部を経由してハシゴ下のウインチに巻かれ上下する仕組みになっていました。(ハシゴ下の白いビニールの中にウインチがある)しかし、あいにくの雨のため工事は休工。残念ながら動いている姿を見ることができませんでした。

ハシゴのような、トロッコのような、簡易インクラインのような…、チョット面白い運搬機器でした。

本探団 RM最新号(№345)を探る

20日の晩、学生時代の鉄仲間との飲み会で酔って帰宅すると今月のレイルマガジンが届いてました。

RM345 2012.06

で、今月号のトロッコ・軽便鉄道関連ネタは…、
■井川線対岸の砂防工事軌道(名称不明)p109(取材日不明)
※センターキャブのBLが活躍。トラバーサー、ターンテーブルなど見所あり!

トロッコ度★☆☆☆☆(1)

2012.04.21発売 1200円

WEB軽探団 池島を探る

夢のトロッコアイランド「池島」を公開しました。

池島炭鉱

WEB軽探団 池島炭鉱

軽探団 緊急ゲリラ探索 足尾を探る

久しぶりに軽探団のゲリラ探索です。行き先は足尾。4/15(日)9時30分小山駅東口集合のメールが神奈川県と茨城県を駆け巡りました。

集合場所へ向かうべく4/15早朝、宇都宮線に乗り込みます。
休日おでかけパス

折角ですので集合前に一仕事。栗橋の加藤君とナベトロを見に行き、更に古河でも途中下車して今城商店を覗きます。
利根川上流工事事務所

今城商店

古河駅改札内のそば屋で朝食。準備万端です。
古河駅 駅そば

想定内の団長遅れでしたが、団長他団員H君と私の3名が揃い、いざ足尾へ向けて出陣です。
軽探団

国道50号を走り、桐生から「わ鐡」に沿って走ります。途中、運転手役の団員H君がトイレ休憩に選んだのは大間々駅でした。駅前の観光地図に「トロッコ」の文字を発見し向かってみると、サブロクの保線用トロッコがありました。
大間々博物館

足尾の街へ向かって走ります。通洞の手前でわ鐡を潜り銅山街の通りに入り、怪しげなポイントを探りながら足尾駅まで行きました。構内のキハやタンク車、入換ロコなどを見て軽い作戦会議の結果、一旦本山まで上がって昼食を挟んで通洞、小滝と攻める事にしました。

まずは本山坑付近。残念ながら坑口には近付くことが出来ませんでしたが、近くの電車修繕場跡の建物にレールを発見!軌間は実測値で490mmでしたが多分足尾のスタンダード475mmです。尚、坑口~鉱石積込場付近にもレールがあるのが遠目で確認できました。
足尾銅山 本山付近

昼食は足尾から日光方向へ少し入った所にある「ないとう食堂」のソースカツ丼(850円)です。
ないとう食堂 ソースカツ丼

昼食後向かったのは足尾歴史館です。先日のブログに発表した「世界のナベトロ展」が開催中です。入館料350円を払い2階の展示室へ。狭い室内にナベトロの写真がいっぱいで~す他の展示物や外の保存車輌などいくら時間があっても足りません。泣く泣く流して歴史館を後にしました。
足尾歴史館

次は足尾の定番「足尾銅山観光」です。私は2回目ですが前回は1996年ですので16年振りの訪問です。坑内へ入るトロッコは延伸されていてラック式レールで勾配を降りる演出はいい感じです。坑道内外の展示車輌も急ぎ足で見て回りました。
足尾銅山観光

通洞から小滝方面へ向かいます。途中の中才住宅入口にある線路跡を確認します。ここはレールはありませんが線路跡が明確に残るポイントです。
中才住宅入口

小滝周辺には銅山関連施設があった頃の名残の石積みが随所に残ります。そして小滝最大のポイントは小滝坑跡です。以前は坑口近くにナベトロがありましたが今はありません。坑口の前にはトロッコが走っていた鉄橋が残存していました。
小滝坑

約5時間、足尾の街を巡りました。最後は温泉で〆ます。小滝坑の奥にある国民宿舎かじか荘で一浴。内湯と露天があり、沸かしですがぬめり感が強いいい湯でした。(一浴600円)
足尾温泉かじか荘

帰りは日足トンネルを抜け、有料道路から一気に小金井駅へ。ここで解散しH君は茨城へ、団長と私は始発の湘南新宿ラインに乗って帰路につきました。そして都内で団長と別れると急に空腹感が…。ふと思いついたのは何故か博多ラーメンの一風堂。硬めで一杯いただきました
一風堂

今回の探索はWEB軽探団にて近日公開予定(ホンマかい!)ですのでお楽しみに。

携探団 東大農場を探る

2012.04.12着信『トロッコの件』I氏より

昨日、西東京市の東大農場に行って来ました。調度桜が満開でした。足尾銅山経由の寄贈のほっぱー車二台は、博物資料館に保管されていて、火曜日と金曜日が見学可能との事でした。
東大農場20120411-04

東大農場20120411-03

東大農場20120411-05

東大農場20120411-01

東大農場20120411-06

-----END----- (文章は原文通り)

以前よりトロッコを探していた東大農場ですが、この度足尾歴史館よりトロッコが寄贈されました。これに関する記事が4/8の朝日新聞むさしの版に掲載されました。また同記事が日本農業新聞の電子版にもあります。

記事に寄ればトロッコは新潟県糸魚川市の石灰工場の倉庫(青海石灰でしょうか?)にあった4台を岡本憲之氏が譲り受け、足尾歴史館に保存していたものだとのこと。木製の平台車に木製の箱を新造して乗せて箱トロになっています。

I氏のレポートでは二台とありますが寄贈されたのは一台のような感じです。生憎、水曜日の訪問でしたので肝心のトロッコの写真が無いのが残念ですね。それにしてもターンテーブル横のシートに何が隠されているのかが気になります。

WEB軽探団 青森市森林博物館を探る

青森市森林博物館を公開しました。

津軽をとりまく林鉄起点の貯木場跡に建つ森林博物館です。青森駅から散歩感覚で訪れてみませんか?
青森市森林博物館 シボレートラック

WEB軽探団 青森市森林博物館

暇探団 東大農場を探る

これは行かねばタコねば

こんな記事を発見しました!

ここをクリック!
(怪しい入口ではありません…ホンマかい!)

残念ながら今日は終わってしまいましたが後日必ず見に行こ

暇探団 RM定期購読を探る

この3月末でRMの定期購読が終り、継続の振込案内が届きました

トロッコ記事以外はペラペラとページをめくるくらいで、ほとんど読まないので継続するかどうか?悩みました。(最近トロッコネタが少ないしなあ…)

まあ今回は「中央環状品川線工事軌道」で6ページも割いてるし…、継続するか…。でも、工事が終わる頃に掲載するう?見学会とか無かったのかなあ?などの思いが残っていたりします。
レイルマガジン継続

まあ、とりあえずもう一年。4/1が振込み期限でした。夜、仕事を終えて呑んで帰ってから近くのコンビニまで行って振込みました。

今日、仕事へ行く途中、見上げると桜の花が満開でした。世間では花見ですね。いいなあ~~。
桜 20120408
4/2のブログに載せたのと同じ桜の木です。ここ1週間で開花が急速に進みました。(こりゃ次の休みまで持たねえぞ

ネタ探団 足尾歴史館を探る

足尾歴史館の企画展です。題して「世界のナベトロ展」。

期間:4/1~5/31・4/30を除く月曜日休館 入場料:大人350円

開催期間中、足尾のガソリンカー牽引のナベトロ編成運行

足尾歴史館

※レイルマガジン№344より(レイアウト変更)

軽探団 高崎線を探る

暴風警報の翌日は快晴でしたチャリを担いで出発です。本日のタイムリミットは16時帰宅です。
青春18きっぷ 2012春 最終分

高崎線に乗って一気に高崎まで。電車から降りると何か燃やしたような香りが…。何か懐かしい銭湯のボイラー室のような…、いや、これはSLだ!端の線路にC58が待機していました。一応、写真を撮りましたがここでは割愛。(何でや!)

両毛線の電車に乗って前橋大島で下車。赤城おろしの強い風の中、チャリを広げて向かった先は…。とれいん最新号に発表された不思議なトロッコでした。目印はサッポロ一番の工場、約3kmの道程です。イマイチ好きになれないアングル材レールですが素晴らしい景色に溶け込んだ怪しげなトロッコです。畑の中を一直線に約70メートル。軌間は400mm。錆びたヘンテコな形状のトロッコが佇んでいました。
前橋市の畑

帰り道は前橋駅へ向かいました。4kmくらいの道程でしょうか?高崎行きの電車に乗って湘南新宿ラインの特別快速に乗り換えます。途中、車窓から関東分岐器の工場内を撮影。撮影している時は気付きませんでしたが、家で写真をよく見ると左下にトロッコの車輪が確認できました。いい感じです。
関東分岐器岡部工場

時刻表をめくると少し時間が余りそうです。そこで鴻巣で途中下車。鴻巣に唯一残る鷲屋製麺のトロッコを見に行きました。店の前から製麺工場の方を覗くとご主人らしき方が麺を運搬中。すかさず声をかけて見学させて頂きました。写真を撮っていると製麺工場の中にから若旦那らしき方が出てきて、「自由に動かして下さい」。流石に一人でトロッコをゴロゴロと動かすのも気が引けますのでチョットだけ押してみます。(軽っ)
鷲屋製麺

駅に戻る途中、清水商店のトロッコも覗いてみます。以前は長い距離のトロッコでしたが、軌道部は残念ながら駐車場になってしまい、店舗の裏に少しだけ残っているに過ぎません。しかし、この感じではコンクリートの下には未だにレールがありそうです。
清水商店

鴻巣から再び湘南新宿ラインに乗って帰路につきました。昨日の風がまだ少し残っていましたが少し汗ばむ快晴の一日でした。

WEB軽探団 田中飼料を探る

藤沢宿に残る街角軌道跡を公開しました。

シャッターの下から覗く僅かなレールを見逃すな!辛うじて残る軌道跡は真に奇跡的です。

田中飼料

WEB軽探団 田中飼料

※この軌道に関する情報は関鉄RFC会長様より頂きました。

軽探団 内房線を探る

明日(3日)の雨予報を聞いて予定を変更して急遽内房へ出掛けました

東京からは総武線ではなく京葉線にしました。蘇我から内房線に乗り換え木更津へ。
青春18キップ 2012春04

木更津駅からメインストリートを真っ直ぐ行くと中の島大橋が見えます。その橋の袂に小さな造船所があって船台車用の線路が道路を横切って海中へ続いています。以前に訪れた時は辛うじて稼動している雰囲気でしたが今回は廃業した感じが漂っていました。線路上には鋼製の台車が残っていました。
金子造船

帰り道は古い建物などを見ながら裏道を歩いて駅まで戻ります。上り電車に乗って五井へ。ご存知小湊鉄道の機関区には古い蒸気機関車が保存されていますが、その足元に何故かトロッコ用のレールがあります。見た感じ6kgくらいでしょうか?
五井機関区

五井から小湊鉄道に乗ります。実は初めての乗車です。乗り換え通路で弁当を購入し、跨線橋下の事務室で切符を買って乗り込みます。久しぶりに古いディーゼルカーのエンジン音を聞きながら揺られます。ロングシートの車内では意外と弁当を広げている乗客が多かったので私も憚れることなく弁当を頬張りました。
カマトロ丼

沿線に菜の花がたくさん咲いています。約45分の乗車で目的地の里見駅に着きました。「歩鉄の達人」さんのHPで里見駅から砂利採取場へ引込線があった事を知りました。そしてその終点にナベトロの残骸があるというので行ってみました。引込線跡に沿った細い道を歩くと5分おきくらいにダンプカーが通過します。奥に砂利関係の施設があるようです。Sヶ浦ナンバーのダンプカーは運転が荒い印象を持っていましたがここでは徐行運転で走っていました。途中からダートになって駅から10分強で目的地に到着。竹薮の中を覗くと怪しげな物体が見えます。近付くと…、お~~、ナベトロだ!近くに車輪も転がっていて片輪だけ土から顔を出しています。軌間を調べようと掘り起こしてみましたが車軸が途中で折れて車輪は片側だけでした。
里見砂利採取ナベトロ

里見駅構内の引込線分岐付近に保線用のトロッコがありました。列車待ちの間に失礼して…。
里見駅構内のトロッコ

帰りも同じ車輌でした。女性の車掌さんから切符を購入。行きと同じ車内補充券です。
車内補充券 里見~五井

有名な上総鶴舞駅に線路がある不思議な建物とトロッコの残骸?時間がないので車窓からの撮影です。
上総鶴舞003 上総鶴舞005

五井駅でお土産のラスクを買って快速久里浜行きに乗り込みました。年度代わりの忙しさのせいか?気付くと市川でした。このまま乗って家路に着きました。
小湊鉄道ラスク

近所の桜の木が花を咲かせていました。まだ2分くらいですが桜の花は何となく幸せな気分にさせてくれますね。
近所のサクラ
プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。