暇探団 濱本ジェネラルコーポレーションを造る

2011.09.28、尼崎の住友金属工業鋼管カンパニー特殊管事業所を訪問しましたが、工場内の軌道車を運行しているのが濱本ジェネラルコーポレーションという会社です。その会社のホームページを開くと普通の会社案内などのメニューの中に壁紙やDLのペーパークラフトのダウンロードがあったりしてチョット面白い内容になっています。そこで先日、ペーパークラフトをPCにダウンロードして光沢写真用紙L判にプリントアウトしてみました。

濱本ジェネラルコーポレーションDL型紙
車輌は松山重車輌工業製、10トンの№2。
サイズは2000×1700ピクセル 284KBです。

折角プリントアウトしたので組み立てましょうか…。まずは切り抜き作業です。直線的なんでカッターで作業しましょう。
濱本ジェネラルコーポレーションDL切込み

10分もあれば切抜き完了です
濱本ジェネラルコーポレーションDL切取り

次に折り曲げ線に浅い切込みを入れて曲げやすくして、箱状に組立てながら、のりしろに木工用ボンドを塗布して接着します。ボンドが乾くまで洗濯バサミで固定。
濱本ジェネラルコーポレーションDL完成組立

全行程30分程度で完成しました。元々雑な性格なんで仕上がりも雑ですが、折角なんで手持ちのHOナローのDLと並べてみました。
濱本ジェネラルコーポレーションDL試写会
前から立山砂防酒井の5トン、後ろが加藤の5トン機2台。写真ではあまり違和感がありませんが、モデルは10トン機なのでスケール的にはもう少し大きくなるハズですね。時間があれば皆さんも楽しんでみてはいかがでしょうか?

濱本ジェネラルコーポレーション㈱
1913年 岸本製鉄所の運搬、荷役作業を請け負う
1919年 住友伸銅所が岸本製鉄所を吸収し住友伸銅所尼崎工場となる
    (現住友金属工業鋼管カンパニー特殊管事業所)
    引き続き運搬、荷役業務を行う
    所内に現事業所(鋼管支社)を設立
    (ホームページより)

と、いうことで、濱本ジェネラルコーポレーションと鋼管工場との関係は100年近い歴史があります。

ペーパークラフトダウンロード

WEB軽探団 土佐神社(高知県)

2011.10.25 WEB軽探団特派員情報にて土佐神社(高知県)を公開しました。

土佐神社

WEB軽探団 特派員情報

携探団 博多より

2011.10.23着信 『博多で-』 団長より

今日まで福岡仕事です-昨日空き時間に見つけました-レールは鉄ではないですね-ステンレス?アルミ?
つばめの杜001

つばめの杜002

先程の追加画像-場所は博多CITYつばめ広場
つばめの杜003

つばめの杜004

----END----

一体これは何でしょう?WEB検索してみました。すると…、JR博多駅のビル屋上にあるミニトレインで、2011.03.03開業、1周100メートルで乗車料金は200円。SL風電動ロコに客車が3両。定員20名で乗ると乗車券がもらえるようです。軌間は判りませんでした。

屋上には、このミニトレインの他、鉄道神社、列車展望スペース、100年前の博多駅ホームの支柱があるようです。

で、肝心の機関車の写真がブレてますよ

********************

2011.10.24着信

コンデジなんでごかんべん。
つばめの杜005

つばめの杜006

----END----

というわけで、団長、帰宅後PCメールくれました。お疲れのところ有難うございます。

WEB軽探団 住友石炭鉱業赤平炭砿(北海道)

2011.10.24住友石炭鉱業赤平炭砿(北海道)を公開しました。

住友赤平

WEB軽探団 住友石炭鉱業赤平炭砿

軽探団 2011.10.22 横須賀

天気回復でちょっとドライブ

朝から船の汽笛の音で目覚めました。横浜港から汽笛が聞こえる時は曇りか雨です。起きてみるとやはり雨が降ってました。家族で高尾山へ行く予定を中止しましたが、午前中に雨も上がり、昼過ぎにはお日様も…。そこで急遽、横須賀方面へ出掛けてみました。

16号を走り、トンネルをいくつか抜けると横須賀の街です。午後2時を回ったところですが、昼飯前に出たので空腹感が…。で、漁港近くの『はま蔵』へ。ギリギリ2時半のオーダーストップに間に合い、地魚海鮮丼800円を注文しました。
はま蔵 はま蔵 海鮮丼

満足したところで観音崎方向へ車を進めます。目的地は一応、『横須賀美術館』。トリックアートの特別展を開催しています。(11/6まで)展示物も然ることながら前庭の景色もいい感じです。ひと通り鑑賞すると、いい時間になりました。
トリックアート 横須賀美術館

美術館を後にして、ほんの少し先の観音崎へ。そこにはトロッコマニアにはお馴染みの軌道跡があります。桟橋へ延びるレールの跡は印象的な光景ですが、軌道跡はここからどの様に延びていたのか全く想像できません。因みに軌間(溝と溝の間)を計測すると約50cmでした。
観音崎

暗くなってきたので帰路につきます。再び16号を横浜方面へ。横須賀市街は渋滞で完全に暗くなってしまいました。磯子から海沿いの暗い道を走りますが、元町から急に明るくなります。マリンタワーは近くで見ると綺麗。(遠くからはイマイチなんです)山下公園沿いを行くと大桟橋に強力に大きい客船が入港していました。衝動的に大桟橋へ!行ってみるとサン・プリンセス号(バミューダ・77441トン)という船でした。桟橋デッキから見るとデカいことまるでマンションのようです。今年、大桟橋に入港予定の船の中でもダントツにデカいです。朝の汽笛の正体はこれだったのか
サンプリンセス 大桟橋

調べてみると出港まで1時間チョットでした。せっかくなので見送りをしましょう。一旦、下に降りると大桟橋の写真パネルが展示してありました。その中に気になる一枚が…。大桟橋の拡張工事の様子です。何本もトロッコ軌道が敷設してあります。説明書きによると拡張工事は1913年~1917年だそうです。
大桟橋拡張工事

サン・プリンセス号は次の寄港地サイパンへ向けて19時55分に離岸。ゆっくり後進して転回し、ベイブリッジをくぐるところまで見送って帰りました。

携探団 秋の富山へ

2011.10.21着信 『盛業中』・『こんな所も…』 元登山家Hさんより

予定のない休日、桃屋君桃屋と会うつもりだったが、ヤツが仕事で関西行きを止めて富山へ一人ドライブ。

あの店、健在です。一人じゃ入れないのでスルーするのは辛いところです。
吉川鮮魚店

天気は快晴。こんな所にも出没しました。聖地巡礼、ってヤツです。
立山砂防軌道

整備後のロコが目の前でエンジン始動して、クラに帰っていきました。

今日は早目にチェックインして市内電車に乗ります。

富山地鉄市内線01
今夜の宿は富山Mホテル。市内電車を見ながらデパ地下で買った甘エビで一杯やっています。

----END----

聖地ですね。やはり立山はトロッコ界の最高峰でしょう。それと我が軽探団イチ押しの食事処『吉川鮮魚店』健在の嬉しい知らせも届いて何よりです。吉川鮮魚店で食べられなかった分、ホテルの部屋で楽しんで下さい

本探団 今月のRM №339 2011.12号

《トロッコ・軽便関連記事》

■河合鉱山跡の古レールp83

レイルマガジン№339 2011.12号

今月はRM336号で紹介された滋賀県河合鉱山跡に残る古レール利用の柵についての追レポートですが、写真は無く調査日不明の短いレポートのみでした。

トロッコ度☆☆☆☆☆(0)

2011.10.21発売 1500円(付録あり)

暇探団 思い立ったが…

今日はトロッコネタではありません。急に思い立って生麦にある温泉銭湯「千代の湯」へ行こうと、仕事帰りに京急線に乗りました。所在地は生麦ですが、最寄駅は京急の花月園前かJR国道駅になります。

京急川崎から普通車に乗り換え花月園前で降り、改札口を出るとJRを跨ぐ歩道橋に惹かれて、千代の湯とは反対側に足を向けました。秋風に吹かれながら暫し橋の下を行き来するJRの電車を眺めては、網の隙間から携帯で写真を撮ったり…。
花月園前01

跨線橋の下には歩行者用の細長い踏切もあります。京急が自殺防止目的で採用している青い照明とJRの踏切を照らす照明、警報機の赤ランプなどが混ざって何とも綺麗な色をしています。
花月園前02

駅前の商店街を抜けて国道へ出ると反対側に千代の湯が見えます。が…、電気が消えています。さては廃業か?と近付いてみると軒下に木札が…。定休日は金曜日だと勝手に思い込んでいての結果です
千代の湯 本日休業 千代の湯 天然温泉

気を取り直して鶴見線の国道駅方向へ歩きます。千代の湯横のブロック塀の天然温泉の文字が街灯に怪しく浮かび上がってます。国道駅までは1分もかかりません。昼間でも怪しげな国道駅ですが、夜は一層怪しげに見えます。
国道駅01 国道駅02 国道駅03

国道駅から旧東海道を京急鶴見方面へ歩き、途中、左折し総持寺の踏切へ出ると通行止めになっていました。歩行者は歩道橋を渡るようになっていますが車は何処を迂回するのでしょうか?鶴見駅の西口バスロータリーまで来ると高架線の上を鶴見線の電車が走り出して行きました。温泉銭湯に入りそびれたせいか?秋風がちょっぴり寒く感じます。小一時間の散歩を終え家路につきました。
総持寺参道踏切 鶴見線高架

暇探団 お世話になりました

9月の後半になると関東はすっかり秋の気配が濃くなりました。夏に買った時刻表も使い納めです。普段はJTBの時刻表を使ってますが、今回は店頭に並んだのが早かった交通新聞社になりました。

時刻表2011.08

毎年、年末年始は仕事が忙しく旅行は不可能次回購入は春になりそうです。携帯性重視で小型の時刻表を使ってますが、年々数字が読みにくくなってきました。歳をとった事を痛感する次第です。

地図探団 地形図 赤平周辺

1975年発行の地形図、5万分の1「赤平」です。当時、何が目的だったのか赤と青の色をつけました。

団員H君のレポートに登場した立坑は、自走枠工場はで記しました。
地形図 赤平 1975年

私が1980年に訪問し写真を撮ったのはの地点です。地形図では軌道は道路の所で切れてますが、実際には道路を横切っていました。背後にボタ山に延びるインクラインがあるのが確認できます。

その後、『知られざるナローたち』で発表された記事もあたりの写真ですが、背後には立坑も写し込んでいて、構内配置が判ります。

地形図上で赤平駅裏手に広がる赤間炭礦と右上に延びる軌道は1980年当時既にありませんでした。ネットで調べてみると、1973年閉山だそうで閉山後7年が経過していたことになります。

住友赤平も1994年に廃坑。その跡地は団員H君のレポートでお判りのように一部他の企業が保有管理しており廃坑当時の姿を保っていますが、このような保存施設は景気に左右されやすく維持費がかさめばいつ取り壊せれるか…。機会があれば見学に行きたいですね。

軽探団 1980.08.01 住友赤平

団員H君の赤平レポートにリンクして古い赤平の写真を…。

当時は国鉄根室本線の赤平駅に降りた。駅裏手の赤間坑は既に無く荒地だけが広がっていた。地形図を頼りに住友赤平坑へ向かった。約15分歩いた所に公道を横切る軌道があった。
住友赤平19800801-04

オバさんが運転するBLが行ったり来たり。
住友赤平19800801-02
住友赤平19800801-05
住友赤平19800801-06

煙が出ている煙突の向うにボタ山へ登るインクラインが確認できる。
住友赤平19800801-03

住友赤平19800801-01

次の列車までの間、ウロウロしましたが撮影できたのはこの場所だけでした。

携探団 住友赤平より

2011.10.09着信 『TANtanまつり2011(その2)』 団員H君より

続いては、自走枠工場。

ここでは坑内で使われていた重機等が展示してあり、一部は動かすことが可能。

建物内の線路に興味がそそります。

会場は地元の人、廃墟マニアがほとんどみたいでした。
住友赤平 自走枠工場01

住友赤平 自走枠工場02

住友赤平 自走枠工場03 住友赤平 自走枠工場04

詳しくは赤平市のホームページなどで…

----END----

BL、人車、鉱車、ローダーなどの保存車輌が確認できますね。

こちらも中々のスマッシュヒット(言い回しが古い!)ですね。ヤードと比べると臨場感はやや落着いた感じですが、確かにシャッターので隠される軌道の行方やターンテーブルなどの線路配置は涙モノ(やっぱり言い回しが古い!)です。

今月後半は赤平小特集を予定しています。(急に変更するかも知れませんがその際はお許しを…)尚、赤平市のHPでは既にTANtanまつり情報は更新されてしまっているようです。

軽探団 2011.10.12 横浜・大和

2011.10.12 ちょっとバイクで…

秋晴れのいい陽気の中、市内と横浜市から少し出た大和市のトロッコを探りに行きました。

まずは今月5日、保土ヶ谷区に開園した「たちばなの丘公園」です。ここは元日本カーリットという会社の保土ヶ谷工場があったところです。製造していたのは何と火薬!この工場内にあったトロッコのレールを利用して公園整備の際に復元した軌道です。煉瓦トンネルがいい感じですが、軌道はチョット作り過ぎの感が?
たちばなの丘公園

鶴ヶ峰を経由して大和市へ。246沿いにある中村木材店にレールらしきものが見えます。
中村木材店

昼は横浜に戻って市場の食堂へ。テレビなどで紹介されて有名になった『もみじや』でおまかせ定食1000円を注文。店内の壁には阿藤快のサインが2枚もありました。
もみじや

市場から貨物線に沿った道をゆっくり子安方面へ。東高島駅付近には怪しげなポイントが・・・。この造船所は以前、亀梨君が出ていたTVドラマの撮影に使われた所です。
三石船舶

東高島駅にはコンテナの列。物置か何かに使われているのでしょうか?
JR貨物東高島駅

更に貨物線の跡。何故か撤去されずにココだけ残っています。
東高島近くの廃線

この後は、WEB軽探団でもアップしている船小屋と平戸製作所を冷やかして帰路に着きました。

携探団 住友赤平より

2011.10.09着信 『TANtanまつり2011(その1)』 団員H君より

三連休、秋晴れの北海道に来ています。
例によってスカイマーク茨城~新千歳便の早割で片道10800円、往復利用。

まずは元炭鉱の街、赤平の旧住友赤平立坑のヤード。

不定期の公開でボランティアの案内なしでは入れません。

住友赤平01

住友赤平02

住友赤平03

住友赤平04

----END----

いやあ~、素晴らしい光景ですね。まるで映画のセットみたいな画像です。中々良いモノを見せていただきました ありがとうございます。

住友赤平の公開は10月8日、9日の2日間イベントの一環として行われ、ヤードの他にも自走枠工場見学、坑口浴場見学、坑口めぐりなどがあったようです。いいタイミングで渡道しましたね。

他にも写真をいただきましたので近いうちにWEB軽探団でも公開したいと思います。ご期待下さい

WEB軽探団 大野酒店(千葉県)

震災から7ヶ月が経ちました。今なお3926人の方が行方不明です。(10月7日現在警察庁まとめ)東日本大震災では東北地方の被害が多く取り上げられてますが、関東北部も大きな被害を受けました。一日でも早い復興を願うばかりです。
がんばろう東北 神奈川臨海鉄道

2011.10.11大野酒店(千葉県)を公開しました。
大野酒店 2010.08.08撮影

WEB軽探団 大野酒店

WEB軽探団 祝5000アクセス

2011.10.05 おかげさまでWEB軽探団5000アクセスを達成いたしました。ありがとうございます。

祝5000アクセス

暇探団 檜のお風呂でいい気分

丸サ熊沢製材所より頂きました檜をお風呂に入れてみました。

そのままではどうか?と思い切ってみることに…。厚さが4cmでしたのでそれに合わせてほぼ4cm角にしてみましょう。定規と鉛筆で4cm間隔で線を描き、家庭用の小型電動ノコで切りますが、流石に厚さ4cmは切り応えがあります。歯の長さが5cmでしたのでギリギリです。ノコの歯が中々進みません。結局、押さえる部分も小さく全てを切ることができませんでした。
檜01

4cm角と4×8cm、8×8cmの3種類になり、それらを適当に組み合わせてみかん用ネットに詰めます。するとこんな感じに仕上がりました。これを湯船に浮かべます。
檜03

お銀さんや静ちゃんではないので、お風呂のシーンは割愛させていただきますが、すばらしい香りでした。この香りが何日くらい持続するのか分かりませんが、暫く楽しめそうですいやあ~、最高、最高

熊沢製材所のご主人様、誠に有難うございました

WEB軽探団 土屋酒造店(長野県)

2011.10.03土屋酒造店(長野県)を公開しました。
土屋酒造店

WEB軽探団 土屋酒造店

軽探団 2011.09.30 東武博物館

2011.09.30東武博物館でトロッコを探れ!

普通の鉄道の博物館ですが、何かトロ系ネタは無いか?探ってみます。北千住から東武線に乗って東向島へ。(相変わらず北千住駅は乗り場が分かり難い!)博物館は駅高架下のスペースにあります。入場料は200円。早速探索開始
東武博物館 入場券

入ってすぐ、SLと古い電車がありますが、軽く流して進みます。すると最初に現れたのはトロッコ用レールをスライスした断面図です。東武関連の宇都宮石材か野田人車とは関係ないのでしょうか?特に説明はありません。
トロッコレール断面

すぐ先に軌道自転車が見えます。ペダルがありますが原動機も付いています。説明板があって2人乗り、215ccエンジン搭載、40km/h、重量105kg、1960年製とあります。
軌道自転車
軌道自転車説明

次に現れたのは、ショーティーの無蓋貨車に載った脱線復旧機材の中に怪しげな車輪付きの機材が…。一体どんな風に使用するのでしょうか?4輪ですが軌間は狭いです。どの様なレールに載せるのでしょうか?
脱線復旧機

すぐ隣りに電車の台車がありました。説明板によると元軽便電車の台車で762mmから1067mmへ改軌したものです。横から見ると「いかにも」って感じがしますね。上から見ると半分に切断してスペーサーを入れて再び溶接したのが何となく感じとれます。(まるで模型ですね)
雨宮製台車
雨宮製台車説明

現物展示はこれくらいでしょうか?まあ、折角なので奥まで行ってみましょう。日光軌道203号の車内、模型レイアウトなどを見ながら進みます。ホーム下の覗き窓の奥は資料展示室です。まずは砂利採取線の図です。昔は私鉄各社は結構じ砂利貨物線を有してましたが東武にもいくつかありました。本当に興味があるのは、その貨物線の先にあった軌道ですが、そこまでの資料はありませんでした。
東武 砂利貨物線

古い写真の中に小倉川橋の写真がありました。橋梁工事の下にはトロッコ軌道があります。写真の奥に台車が写ってますね。
小倉川橋

最後の発見は野田の人車軌道です。荷台に載せているのは醤油樽でしょう。醤油会社所蔵の写真だそうです。軌道から直角に延びる黒い線は引込線でしょうか?
野田人車軌道

東武博物館 HP
所在地:東京都墨田区東向島4-28-16 交通:東向島 歩すぐ ℡03-3614-8811
開館:10:00~16:30 休館日:月曜日(休日の場合は翌火曜日)・年末年始 入館料大人200円

暇探団 2011.09.30 船の科学館最終日

皆さんご存知、船の科学館の本館と羊蹄丸が2011年9月30日をもって閉館となりました。その最終日に行ってみました。

いつものように新橋からゆりかもめに乗り、船の科学館駅で下車します。
船の科学館最終日

先に売店を覗いてから、入場券を買いに行きます。入場料は特別の200円。
船の科学館最終日
羊蹄丸のガイド本がありました。

船の科学館最終日

まずはエレベーターで展望室へ。しばし上から羊蹄丸を眺めます。空はすっかり秋の雲です。
船の科学館最終日

エレベーターで5階へ降りて、後は展示物を見ながら下へ降りて行きます。
船の科学館最終日
戦艦大和のガイドツアーが大盛況です。

館内には他にもこんな展示品が…。
船の科学館最終日 船の科学館最終日 船の科学館最終日
やはり笹川良一さんは外せません。「戸締り用心火の用心、一日一善!」
(今の人には分からんな…
更には海上保安部(本当に業務中)や青函連絡船のラジコンも…。

外に出ると秋の空に羊蹄丸の船体が鮮やかに。
船の科学館最終日

船の科学館最終日

ところで譲渡先は決まったのでしょうか?また何処かで保存されればいいですが…。15時45分からお別れのセレモニーがあったようですが、その前に帰りました。すぐには移動しないでしょうから、まだ見る機会はあるようです。見ていない方はお急ぎを。
プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2017.10.08》
●WEB軽探団「20北中込の製材所」「22富士化工」の本文・写真を更新しました。

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。