友探団 足尾鉄道まつりのお知らせ

けいてつ協会の岡本様よりご連絡を頂きました。(2011.08.31)
-------------------------------------------------------
関係各位の皆様お世話になっております。NPO足尾歴史館・足尾駅博物館準備室の岡本憲之です。わたらせ渓谷鐵道の足尾駅にて、鉄道のイベントがありますので、告知申し上げます。

足尾のガソリンカー 足尾のキハ35

-------------------------------------------------------
足尾の鉄道祭り
~足尾鐵道100年(足尾線からわたらせ渓谷鐵道へ) 記念事業~

(説明)
 2011(平成23)年から3年間。足尾鐵道100年(足尾線からわたらせ渓谷鐵道へ)記念事業のひとつとして。また、わたらせ渓谷鐵道の利用促進運動も兼ね、足尾駅で鉄道のお祭りを開催いたします。 通常、非公開となっている足尾駅構内に保管されております入換用小型機関車や濃硫酸・ガソリンタンク車、キハ30等の公開を初めとして、昨年末に完全復元が完了ました足尾のガソリンカーを、足尾駅前の元の線路跡に、レールを特別に仮設して2日間だけ“奇跡の復活運転”をおこないます。

(内容)
開催場所:わたらせ渓谷鐵道 足尾駅
開催日:9月24日(土曜日)と25日(日曜日)の二日間
開催予定時間:9時30分~15時45分
開催予定内容:
 ・足尾のガソリンカー軌道跡で奇跡の復活運転
 ・足尾駅構内保管中の車両の公開展示(一部運転)
 ・模擬店
 ・その他
交通:わたらせ渓谷鐵道「足尾駅」下車
   JR日光駅・東武日光駅から足尾駅までの日光市営バスもあります。
   (1日6往復、片道約40分要問合TEL:0288-93-3113市民課)
入場料:無料
※お願い※会場には駐車場がありませんので、わたらせ渓谷鐵道か日光市営バスをご利用ください。

主催団体:足尾の鉄道祭り実行委員会
問い合わせ先:事務局代行・NPO法人足尾歴史館
 〒321-1523栃木県日光市足尾町松原2825
 TEL/FAX:0288-93-0189
-------------------------------------------------------

以上、宜しくお願い申し上げます。

●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●
足尾歴史館・足尾駅博物館準備室:雑務事務兼任岡本憲之
E-mail:senro@rail.nifty.jp
●・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・●

きのうのニャン・トロ日記762

軽探ニャン

軽探ニャン0101
そろそろ休憩しようか~

軽探ニャン0102
何か嫌な予感?

軽探ニャン0103
な、な、ナント!

軽探ニャン0104
団員にはなりたくな~い

軽探団 業務依頼 浦安臨海軌道

2011.08.25 東京鼠海

私が佐原から帰る頃、カミさんは浦安の有名観光施設へ。「園内にトロッコがあるから写真を撮って来てえ~」と頼んだところ、土産の写真がコレ。形は完全にトロッコですが若干オーバースケール気味。軌間が広く、車輪がデカくて返って怪しげ。

浦安臨海軌道

他にも鉱車などがあると聞いていますので、次回は私も同伴しましょうかね。しかし、流石にここでメジャーをあてたり、車軸のメーカーを探ったりは出来ませんね。(でも結構いたりして

隣りの鼠園にもご存知「浦安軽便鉄道」や「大雷山鉱山軌道」「トゥーン町営軌道(廃止)」などもありトロッコマニアの心をくすぐりますね

軽探団 2011.08.25 佐原

青春18キップ第3弾は千葉県佐原です。

時間効率優先の夜行連泊も2泊が限度。疲れを残したまま活動開始ですが、今日は家事の都合もあって昼過ぎには帰宅しなければならずターゲットを佐原に絞りました。
ムーンライトながら20110824

途中、余分な荷物をコインロッカーに預け、東京から乗り継いで佐原に着いたのは8時過ぎ。10時台の帰りの電車まで約2時間がリミットです。

で、まずは有名な大野酒店へ。店の前まで行くと普段は閉じている門が全開に!奥で何やら作業のトラックがあります。中に店のご主人がいたので撮影の許可を貰って撮影開始。するとご主人から色々とお話しを聞く事ができました。門が開いているのは、実は地震で門が閉まらなくなった為だそうです。と、言う事は撮影するなら今がチャンス!(でも良い子のトロッコファンはイタズラしないでね。ちゃんと断ってから)奥の建物に被害が出て工事中とのことで、奥までは入れませんが門のあたりから撮影ができました。他にもここが紹介された鉄道雑誌や、ご主人自ら撮影した写真(ご主人の趣味はデジカメらしいです)、軌道の事、昔話など・・・。この前はモデルさんが来て撮影会まであったそうで、ご主人もちゃっかりモデルさんを撮影していました。
大野酒店

大野酒店のご主人の話しでは、佐原にも昔はトロッコを使っている店があと3軒くらいあったそうですが、今は全て無くなったとの事でしたが、実は隠し玉が!忠敬橋近くの元畳店に建物の中に軌道が残っているそうなんです。(スクープ!)しかし、扉が閉ざされて中は確認できません。いつか扉が開くのを待ちましょう。
元畳店

流石に疲れました。帰路につくことにしましょう…、えっ、新小岩で事故?あちゃ~。

軽探団 2011.08.24 愛知・岐阜


青春18キップ第2弾はムーンライトながら編です。
青春18キップ2011夏03

昨年のムーンライトえちご以来、チャリ持込みでの乗車です。置きやすいように1号車のデッキに近い位置で席を押さえましたが、一番前は1番でなく13番でした。
ムーンライトながら20110823

名古屋で下車します。相変わらず名古屋駅には朝食を食べる所がありません。(新幹線側の改札を出たとこのマックくらいか?)仕方なくチャリを組み立てて街に出ます。最初に目指したのは丸の内にある山佐林業です。公道を横切る軌道だけが残っていました。
山佐林業

今日はレンタカーを予約していて、中津川、恵那方面を効率良く回ろうという魂胆です基本的にいつもはニッポンレンタカーかトヨタレンタリースを利用しますが初めてニコニコレンタカーを予約してみました。ご存知、料金は2525円~。
車種はマーチ、基本的な保険付、ナビなし、ETC付、CD付でした。営業所もガソンリンスタンドが基本なので返却の際、ガソリンは入れなくても大丈夫なようです。(全営業所かどうかはです)
ニコニコレンタカー

早速、中央道に入って中津川までワープです。ICで降りて下呂方面へ。旧下付知駅跡の製材所へ向かいました。すると製材所から一筋の軌道が出ています。製材所の中からノコの音がしていたので、作業していたご主人に許可を頂き撮影開始。時々作業の手を止めてトロッコを出してくれたり、話しをしてくれたりと恐縮することしきり…。最後に「宣伝してね」と名刺と檜の切れ端まで頂き、本当に有難うございました。
山サ熊沢製材所
(近々WEBにアップする予定です)

製材所を後に賽の神隧道(旧道)へ。廃トンネル利用の施設でしたが既に廃業したらしく、中にあった運材台車など完全撤去でした。
トンネル乾燥工場

付知から一山越えて旧川上村の夕森公園へ。軌道跡の鉄橋上に展示された森林鉄道の保存車を確認します。
夕森公園

坂下まで下って中山道に出て恵那市の岩村へ。道の狭い市街地を抜けると、すぐにトロッコの軌道が見えました。車を旧役場らしき施設の駐車場に停めて、チャリで市街地をブラブラ。先ずは有名な岩村醸造です。ここは通りに面した所から最奥まで見学が可能です。
岩村醸造

次に最初に見た山丸屋商店。軌道の一番奥にトロッコが見えました。
山丸屋商店

岩村には他にトロッコがあるところは2軒あるはずなんですが見つけられませんでした。(残念)恵那の市街地へ出て再び中央道に乗り可児御嵩へ。目指すは八百津の2つのダムです。まずは兼山ダム。立入禁止で近付けませんが、すぐ下流の橋から200mmの望遠で狙います。水面から一段上に軌道らしきふた筋の線が・・・。
兼山ダム

次にすぐ上流にある丸山ダムへ。ここではインクライン跡が確認できました。軌間は1067mmでした。
丸山ダムインクライン

車の返却時間までまだ間があったので八百津の街中にある味噌平へ。渋い軌道がありました。入口のカーブが何ともイイ感じです。
味噌平

4時過ぎに車を返却。走行距離は246km、ガソリン代は2212円でした。電車に乗り定光寺へ。駅マニアには有名な駅です。ここから急な上り坂を登った所の駐車場にある保存車輌を見に行きますが、あまりの急坂に汗だく。ようやく辿り着いた先に車輌がありました。行きは30分弱、帰りは5分でした。
定光寺自然休養林

定光寺で脚力と気力を使い果たしてしまい、今日はこれで打止めか?名古屋へ行き、ゆっくり夕食を摂って最後に銭湯へ。瑞穂区の東栄温泉です。静かな住宅街の落ち着いた銭湯でした。でも、その前に・・・。途中のマルキ製材所のトロッコ跡。以前は製材所跡地に駐車場があって、そこに「マルキ製材所」と書いてあったのですが、跡地はコンビニに。手掛かりがひとつ消えました。
マルキ製材所

東栄温泉

そして長~~~い一日が終り、再びムーンライトに乗り東京へ向かうのでした。う~~ん、超ハード

軽探団 2011.08.20 高崎周辺

2011.08.20 / 天気はもつのか?

ようやく今夏の活動開始!(遅!)関東一円、前夜から雨予報の中、勝手に雨は降らない(降っても弱い)と読みました。早起きして雨が降っていないのを確認してチャリを担いで出かけます。まずは手始めに高崎線に乗りました。
青春18きっぷ2011夏01

最初に下車したのは岡部駅。駅のホームからも見える関東分岐器岡部工場を覗きます。この工場にはJR線から引込線が延びていて大き目の人力トロッコが使われていますが、今回のターゲットは工場内に延びる独立した軌道です。ホームから望遠で狙いますがアングルが悪いので上り電車に乗って車内から撮影しました。柱の右に曲線軌道が見えました。軌間はサブロクでしょうか?
関東分岐器岡部工場

深谷で下車し再び下り電車に乗ります。高崎からは初めて乗る上信電鉄で上州福島へ。駅から徒歩でも10分強の所にある笹森瓦の里ギャラリーへ。今回のメインターゲットがここです。土曜日のみの開館で今日を逃すと暫くチャンスが無いので強引に出発した次第。乗車できる人力トロッコがありますが一人での訪問なので残念ながら押し手がいません
笹森瓦の里ギャラリー

高崎に戻り両毛線で駒形へ。伊勢崎市にある中野園芸へ向かいます。道端にある不思議なSLと客車。恐らく遊園地系のモノと思われます。チョット失礼して軌間を計測すると508mmでした。1-B-1のSLとボギーのオープン客車ですが、多分、蓄電池などの電気系で動くのでしょう。
中野園芸

最後にチャリで前橋市にある佐々木木材防腐に向かいます。ここにトロッコがあるらしい情報をつかみ工場の隙間から覗いてみると…、線路らしきモノが!
佐々木木材防腐

そろそろ帰路につく時間になりました。締め括りに温泉で汗を流します。浴後は両毛線に乗って高崎へ。チャリを持って来た時は都内の乗換えを省く為に湘南新宿ラインに乗り継ぎます。途中、岡部で再び関東分岐器の撮影に挑み空いてる車内でひと眠り
七福の湯

日頃の行いがいいのか?さほど雨に降られず無事に帰宅しました

本探団 今月のRM №337 2011.10号

《トロッコ・軽便関連記事》

■江戸川堤防・河川敷の軽レール車止め群 p81-83(2010.02.24~2010.06.24)
■旧北軽井沢駅 p134(2011.07.03)
■西武山口線保存車移動 p146(2011.05.16)
■足尾鉄道祭り案内告知 p147(2011.09.24~2011.09.25予定)

レイルマガジン337号

当HPでもレールの話題を出しますが、実は私の苦手な分野であります。それでも家からそう遠くない所にたくさんのレールが残されているは嬉しい限り。涼しくなった頃にでも出掛けてみましょうかね

トロッコ度★★☆☆☆(2)

2011.08.20発売 1200円

今月も発売日の配送でした。

謎の郵便物

 2011.08.20 帰宅すると謎の郵便物が!
謎の郵便物

恐る恐る開封してみると…、
中身
出てきたのは、串木野金山蔵、別子マイントピア、東予地区産業観光マップ、ひたちなか海浜鉄道などのパンフに屋久島、北海道、串木野などの写真を収めたDVD-RAM、土佐電をデザインした土佐せんべいでした

で、土電せんべいの袋を良く見てみると…、
やっぱりこれか
やっぱり、「ごめん」「いいの」でした

H君、どうもありがとうございました

WEB軽探団 軽探団SP別子鉱山鉄道跡(愛媛県)

がんばろう!

2011.08.19 軽探団スペシャル「別子鉱山鉄道跡」(団員H君レポート)を公開しました!

別子銅山記念館

WEB軽探団 別子鉱山鉄道跡

軽探団 2011.08.09 水戸

水戸市内を車で流していると、古い鉄橋がありました。交通量の少ない道路の橋にしては立派な感じがしますが…。
茨城交通水浜線跡001

最徐行で近付いて行きます。お気付きですか?中央分離帯のような一筋の帯。
茨城交通水浜線跡002

一体これは何でしょう これはレールではあ~りませんか
茨城交通水浜線跡003

渡った向こう側にもありました!
茨城交通水浜線跡004

答えは茨城交通水浜線の線路跡です。廃止は1966年ですので既に45年の歳月が過ぎています。奇跡的ですね。軌間は計測していませんが1067mmのハズです。動力は直流600Vでしたので何処かに架線を取り付けた痕跡もあるのかも知れませんが、そこまでは気付きませんでした。



水門橋 茨城県水戸市柵町・柳町 水戸駅南口 歩15分

WEB軽探団 東北タンカル(岩手県)

がんばろう!

2011.08.11 東亜産業東北タンカル工場(岩手県)を公開しました!

東北タンカル

WEB軽探団 東北タンカル工場

本探団 洞爺丸はなぜ沈んだか

洞爺丸はなぜ沈んだか 上前淳一郎著

先日の羊蹄丸の見学でこの本を思い出しました。この本に最初に出会ったのは25年くらい前だったと思います。新聞の広告か何かで知って本を購入しました。確かハードカバーで1000円以上する本でした。内容はタイトル通りで、昭和29年に起きた大型台風による洞爺丸沈没事故のドキュメンタリーです。普段あまり本を読まない私でも読み始めたら一気に読み切ってしまいました。その後、その本は後輩へ譲りました。

何年か前に急にこの本を思い出し、また読みたいと思っていたところ、文庫本が出ていた事を知り、探してみたのですが在庫が全くない状態でした。当然、昔のハードカバーの本も入手困難になっていました。こうなると頼りになるのは古本屋ですが、何軒も探してみましたが見つかりませんところが…、諦めかけてたある日、仕事帰りに仙川駅近くの古本屋にふら~っと入ったところ発見!値段はやや高めでしたが即購入決定です!

洞爺丸はなぜ沈んだか 上前淳一郎

本の内容には敢えてあまり触れないでおきますが、洞爺丸の近藤船長や羊蹄丸の佐藤船長の当時の判断などは生き方や仕事の仕方などに通ずるものがあり、時々読み返したりしています。

まあ、それでも内容が気になると思いますので、文庫本の裏表紙に記されている解説を…。

「台風接近の荒天下に、船長はなぜ船を出したのか? タイタニックに匹敵する多数の犠牲者を出した昭和29年の青函連絡船洞爺丸沈没事件。25年以上にわたる取材をもとに、船長ら乗組員や乗客たちが演じる様々なドラマを鮮やかに描きつつ当時の状況を克明に再現し事件の真相をさぐる迫真のドキュメント!」 (解説・根本順吉)

興味のある方は古本屋を丹念に廻ってみて下さい。

トロッコ分 ☆☆☆☆☆(0)

洞爺丸はなぜ沈んだか 上前淳一郎著 文春文庫
1983年4月25日第一刷 320円

軽探団 飲み会の前に…

2011.08.02 今夜は飲み会です

何事も言ってみるもので、ある筋(どんな筋やねん!)から招待券を入手しました
招待状

早速、先日、紹介したばかりの羊蹄丸を見に行きましょう!と言う訳で、8月2日の夜に学生時代の鉄D研Q会の集まりがあるのをきっかけに、仕事を勝手に2時半で切り上げて向かっちゃいました。

最寄駅から都区内パスを購入、さらにゆりかもめも一日乗車券です。
都区内パス ゆりかもめ一日乗車券

現地に着いたのは4時前。閉館まで1時間なので少し早足で回りましょう。入口で招待券を渡すと入場券をくれました。一応、本館をさらっと見てから羊蹄丸へ。
船の科学館入場券

羊蹄丸の近くまでは入場券が無くても行けます。外観の写真だけなら入場券は必要ありません。船尾からレールが出てます。太いレールの為、軌間が狭く見えます。
羊蹄丸01

せっかくなので中も見てみましょう。左舷側から入ります。中は展示館になっているので、意外と現役当時の面影が残っていないのがチョット残念。客席、雑魚寝のカーペット席、シャワールームなども見たかったのですが…。1階に降りると青森を再現した空間になっていて、思い切り昭和テイスト。スハフ44とDE10があります。
羊蹄丸04 羊蹄丸03

2階からデッキを通って階段を上がり、屋上へ。JNRのロゴの入った煙突があります。更に前方にあるブリッジも見学できます。
羊蹄丸35

船内を一回りして外へ出ました。
羊蹄丸36

護岸伝いに前方へ。岸壁がギリギリのため、船首から船全体の写真を撮るには広角レンズが必要でした。
羊蹄丸11

羊蹄丸22

羊蹄丸の見学を終え、売店を覗いて科学館を後にしました。飲み会まで時間があるので軽く腹ごしらえ。上野駅近くの博多ラーメン店「一蘭」へ。(軽くない!)以前に本場博多で食べたほどの美味しさが感じられないのは気のせいでしょうか?
一蘭上野

東京駅の集合までまだ1時間半あります。ビールを美味しくする為、ひと風呂浴びてから行きましょう。東上野にある「鶴の湯」へ。上野駅から徒歩10分程度の距離ですが、途中、銀座線の踏切があるので覗いてみます。夕方なので電車はほとんど出払ってましたが、片隅に保線用車輌がありました。
営団上野車庫03

営団上野車庫04

営団上野車庫01

鶴の湯はマンションの2階が入口になっていますが、中は昔の銭湯に近い造りになっていました。フロントではなく番台が健在で浴衣すがたの女将さんが迎えてくれます。木材をふんだんに使った脱衣所には鈴虫の声が…。何とも風情を感じさせます。浴室には木桶もありました。
鶴の湯

汗を流して気分もスッキリ風呂上りのコーヒー牛乳はグッと我慢して集合場所へ。さあ~ビール呑むぞ!

WEB軽探団 船橋防災センター(千葉県)

がんばろう!

2011.08.01 船橋防災センター(千葉県)を公開しました!

船橋防災センター

WEB軽探団 船橋防災センター
プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。