WEB軽探団 小岩井農場観光トロ馬車(岩手県)

まげんな!東北!

2011.04.29 小岩井農場観光トロ馬車を公開しました!

小岩井農場トロ馬車

WEB軽探団 小岩井農場観光トロ馬車

軽探団 2011.04.26 鶯谷

2011.04.26 ありましたよ

レイルマガジンの記事を見て鶯谷へ行ってきました。別件で赤羽まで行った帰りに寄りました。

まず赤羽から宇都宮線の電車に乗って車窓から現場確認です。おおお~~~、ナベが確認できました。次に上野からすぐの折り返し電車に乗りましたが…、あっちゃ~、こりゃ近すぎて写真が撮れません。

ナベは大きいのですぐ分かりましたが、台枠がハッキリしません。再び尾久から上野行きに乗ります。おっ、ナベの少し上野寄りに怪しげな物体が見えました。

京浜東北線の快速運転が終了する15時30分頃ま時間がありました。宇都宮線では近すぎるので今度は常磐線から狙ってみました。写真を撮るにはいい感じの距離です。上野~日暮里を何度か往復しました。

京浜東北線の快速運転が終了し各駅停車になったところで鶯谷へ。3号車の3番ドアがベストポイント。好位置キープで、鶯谷に着いたところで写真を一枚。

鶯谷駅

上の写真のどこにナベトロがあるか分かりますか?答えは白い標識の右に台枠、画面左端に僅かにナベが写ってます。

最後に鶯谷で下車し、跨線橋の上からと対面のラブホ街の道路からのショットで撮影終了です。いや~、ホントにナベトロがありました。奇跡ですね

友探団 復活運転中のふたつの鉱山鉄道についてのお知らせ

けいてつ協会岡本様よりお知らせが届きました。
-----------------------------------------------------------
関係各位の皆様。お世話になっております。せんろ商会&けいてつ協会本局の岡本憲之です。下記の通りに、鉱山鉄道(電車)の復活運転が始まっておりますので、告知申し上げます。
-----------------------------------------------------------
▲栃木県日光市足尾町・NPO法人足尾歴史館/足尾ガソリン軌道歴史館線▲
【ガソリンカー復活運転中】
足尾01

足尾02
 昨年後半に復元完成しました足尾のガソリンカーと呼ばれるトロッコ列車。大正時代から昭和28年まで、足尾銅山の街中を走っていた町の重要な交通機関のひとつでした。 その復元されたガソリンカーが足尾歴史館にて走っております。復元列車の運行は、基本的に毎月第一土曜日の運行でしたが、今年度より毎週土・日の定期運行となります。(運転要員の都合にて変更がありますので、ご来館前にお問い合わせください。運行時間は10~16時まで) また、全国各地から産業遺産としての保存のため、足尾歴史館にやってきた、けいてつ協会所蔵の小さな蒸気機関車やトロッコの数々を、毎月第一土曜日に復元作業と同時に公開していますので、ぜひ訪れてみてくださいね。※足尾歴史館入館者のみガソリンカーの乗車料金と、トロッコの見学は無料となります。 ※ゴールデンウィーク中は、特別に5月3~5日は運行します。
足尾歴史館はわたらせ渓谷鐵道通洞駅下車、徒歩3分です。
0288-93-0189 詳しくはHPをご参照ください。

-----------------------------------------------------------
▲兵庫県養父市明延地区・一円電車明延線「くろがね号」▲【一円電車復活運転中】
明延01

明延02
 東洋一のスズ鉱山であった明延鉱山にて全国的にも有名であった鉱山鉄道の「一円電車」が「鉱石の道」明延実行委員会の努力によって定期復活運行が始まりました。 場所は養父市の明延地区にある保存運転線となる「一円電車明延線」です。 今年の運行予定日は5月1日、6月5日、7月3日、8月7日、9月4日、10月2日、11月6日(荒天の場合は運休)となります。また同時に探検坑道見学会も開催しております。

あけのべ自然学校
079-668-0258 詳しくはHPをご参照ください。

呑探団 宇奈月ビール「カモシカ」

忘れかけてた宇奈月ビールです。前回の「トロッコ」に続き今回は「カモシカ」。

相変わらずグラスに泡が多くて見た目がイマイチ。しかも今回は背景にウチの晩ご飯まで写って…。(KTDスタジオ撮影ではないのか?)

で、「カモシカ」は「トロッコ」よりも黒いです。一口呑むと甘~~い。ボックという種類だそうです。アルコール分は少し高めの6度ですが、元の甘さでアルコール分の高さを感じません。ビールにキレを求める方には向かないズッシリ系の口当たりです。

宇奈月ビール カモシカ

まあ、何だかんだ言っても今日も美味しくビールを戴くのでした。

今回も缶に記された能書きを…。

 秘境「黒部峡谷」の恵み。◎カモシカ
 ロースト麦芽を多く使い、芳醇な香りと
 甘味を調和した南ドイツ・ババリア
 地方伝統の黒ビールです。
 重厚な口当たりながら、
 スッキリとした後味が特徴です。
 アルコール分は少し高めですが、
 飲むとクセになるビールです。

製造者:宇奈月ビール㈱
所在地:富山県黒部市宇奈月町下立687  0765-65-2277

本探団 今月のRM №333 2011.06号

《トロッコ・軽便関連記事》

■日暮里のナベトロ(東京都荒川区) p83(2006.11.14・2010.07.25)

トロッコネタは1件だけですが、ナント、放置されてるナベトロ1両で1ページも割いてます。我々トロッコマニアは大喜びですが、興味のない方々には理解できない事でしょうね。

以前、貴誌で紹介された和泉多摩川のトロッコを彷彿させます。他誌では絶対に扱わない、こんな超B級ネタが大好きです流石マガジン

レイルマガジン№333 2011.06号

トロッコ度★★★☆☆(3)
ページ数は少ないですが、内容で星三つです

2011.04.19発売 1200円

震災の影響でしょうか、届いたのは21日でした。20日に千住、赤羽、王子と歩き回っていたので、早く知っていれば日暮里も探りを入れたのですが…。ま、我家からはそう遠くはないので次回の休みに行ってみますか。

軽探団 2011.04.20 亀戸~赤羽

2011.04.20 ビミョーな一日

昨日は都区内フリーを使ってトロ系巡りです。

ビミョー① まずは車内から狙います。以前、浜松町~新橋間の線路際にあるJRの変電所の様な施設の一角に短いレールとその上に台車らしきものがあるように見えた。チョット気になっていたので京浜東北線の車内から連写してみた。黄色いの所がそれ。台車らしきものは見えませんが…。どうでしょうか…?
東日本電気エンジニアリング

ビミョー② 亀戸へ行きました。徒歩で亀戸浅間神社へ。都電の車軸があると聞いていたのですが、あったのはレールだけでした。
亀戸浅間神社

ビミョー③ 続いて以前に紹介した旧ヤマダヤです。自販機側から覗き込むと違和感が!撤去か?と思いきや…。
ヤマダヤ01 ヤマダヤ02
柵の塗装作業中でした。従って撮影はこの2枚だけ。

ビミョー④ 東武の亀戸水神から曳舟乗継で北千住へ。昔、敷地内でトロッコを使用していたという横山家住宅へ。現在、一般住宅なので非公開です。中は見えませんが、写真のシャッター部から木が生えている奥にある蔵までがトロッコがあった場所と推定しました。
横山家住宅

ビミョー⑤ JRで一駅、南千住へ移動。改札を出てすぐの所に怪しげな線路が!軌間440mm。この埋もれたレールは一体!
スーパー三徳

せっかくなので、三ノ輪橋まで歩き都電に乗りました。元を取る気はありませんが一日乗車券を購入。遊園か車庫かで下車しようと考えましたが、結局、荒川車庫で下車。保存してある古い電車と車庫にあった新しい電車を撮影して王子へ。

ビミョー⑥ 王子から赤羽へ。荒川の土手にある荒川知水資料館まで歩きました。古いナベトロをカメラに収めました。でも、ここで使われていたものではありません。
荒川知水資料館

ビミョー⑦ 帰りは地下鉄南北線志茂から一駅乗って王子神谷。駅のすぐ南側の交差点から線路跡を辿って京浜東北線との合流部まで。更に線路を越えた道路の下に軍用軌道の遺構が…。とりあえず説明版を読んで写真撮影です。
王子軍用軌道跡

ビミョー番外 文章はあっさり書いてますが、結構な距離を歩きました。最後に汗を流そうと坂道を登り近くの銭湯へ。入口を覗くと「本日定休」

ビミョーまとめ 一日費やして収穫があったのか?キップの元は取れたのか?う~~~~ん、ビミョー!

WEB軽探団 東洋金属鉱業栃原坑(茨城県)

がんばっぺ!茨城!

2011.04.20 東洋金属鉱業栃原坑(栃原金山)を公開しました。

栃原金山

WEB軽探団 東洋金属鉱業栃原坑(栃原金山)

新兵器登場!

先月、新車を購入しました! と、言っても自転車~~です。

実は20年以上前からMTBに乗っていますが、これで4代目。(あえて「台」ではなく「代」です)初代はアラヤ(約7万円)、2代目はジャイアント(約5万円)、3代目はM印R品(約1.5万円)と代を追う毎に値段が下がっていましたが、今回は大奮発。ナント約4万円!(高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょうか?)

先代のM印R品はモデルチェンジ直前の在庫処分で安く購入しましたが、あまり良品ではなく、購入後すぐにサビ始め、スポークは折れるわ、リムは歪むわで、ブレーキの調整が難しく、走行中ブレが大きくなったので年度変わりを期に買い替えました。

今思うと歴代の中では初代のアラヤ製が一番いい感じでしたが、何せ20年以上前でしたのでパーツ類が傷み始め、フレームやリムなどは問題ありませんでしたが、メンテに手間がかかるようになったので手放しました。

新車MTB
で、新車はと言うと…、子供の野球用品を見にSポーツDポへ行った際、自転車コーナーを覗くとカッコイイMTBが並んでいたのでつい欲しくなって…。こういう時の買い物ってスペック云々よりも直感ですよね。基本的に私、シルバーが好きなので、値段を見ながらコレって感じで決まりです。

元値は5万円以上でしたが、型落ちアウトレット価格で3万9千900円。MTBの中では比較的安い部類に入りますが、一応財務省(カミさん)に相談。日頃の行いがいいのか意外とあっさりOKが出て購入です。

久しぶりの本格MTBです。ライト、鍵、スタンドは付いていません。ライトと鍵(ワイヤーロック)は現用を流用することにして、スタンドは購入しました。ちょっと変化をつける目的でセンタースタンドにしてみました。(う~~ん、お洒落!)

チャリを車に積んで帰宅しました。家で取説を開いてビックリ!ナント全部ドイツ語です。私、大学では英語と中国語を専攻してました。ドイツ語は全く分かりましぇ~ん!が、ここはMTB歴20年以上の実績がありますので…と、カラ元気…。

4代目にして初のフロントサス、仏式バルブ…、戸惑いは隠せませんが、今は新車でウキウキ足慣らし中です。(まだ空気も入れてません)今まではリアキャリアなど付属品を付けていましたが、今回は必要最小限に留めようと思います。(あとはボトルホルダーを付けるかどうか?)小振りでアルミ製のフレームは軽量、小回りが利いていい感じです。しばらくは近場の移動はチャリになりそうです。

CENTURION バックファイアー40

WEB軽探団 佐藤麹味噌醤油店(宮城県)

まげんな!東北!

2011.04.18 佐藤麹味噌醤油店を公開しました!

佐藤麹味噌醤油店

WEB軽探団 佐藤麹味噌醤油店

軽探団 2011.04.17 茨城

2011.04.17 常陸路の秘蔵トロ巡り

震災で壊れた我家の墓の様子見で茨城へ。崩れた墓石の簡単な処理をした後、城里、笠間、稲田、筑西を巡ってみました。

まずは高取鉱山跡へ。閉山直後の1987年頃に訪れたきりです。水戸から茂木へ向かう県道51号沿い、旧七会村の直売所山桜を過ぎて暫く行くと塩子郵便局があって、そのチョット先、高取入口のバス停近くにある小さい看板「高取鉱山→」(実物は縦書き)を見逃さなければ大丈夫。(→が消えてましたが「高取鉱山」は残ってました)細い舗装路をゆっくり進み、ダートになるともうすぐ、ドン詰まりが高取鉱山です。が…、直前のゲートが閉鎖で立入禁止です。残念ながらここは勇気ある撤退です ゲートからズリ捨て場が見えます。現在は財団法人「資源環境センター高取事業所」という団体が管理しているようです。ゲート手前の柵にレールが使われていました。
高取鉱山

高取鉱山を後に笠間方面へ。広域農道「ビーフライン」から国道50号へ出て稲田石の採掘場へ向かいます。採掘場を覗かせてくれるという中野組石材工業へ行きました。駐車場に車を停めて「受付へ」の案内に進みましたが、どこが受付なのかわからずウロウロ。すると目の前に採掘場があって思わず写真を一枚。日曜日は休みなのでしょうか?敷地内に車は停まっていますが人影がありません。仕方なく車に戻ろうとしたら目の前に今度は軌道が!幅は広かったですが一応写真に収めました。
中野組

次はすぐ近くの高田石材へ。ここは石の百年館を運営していた会社ですが、既に採掘は止めています。その敷地内に線路がありました。ここも軌間は広めでした。
高田石材

最後に筑西市の「荒為」へ。筑西というよりは下館と言った方が馴染みがありますか?新しい建物と古い町並みが混在している街です。国道50号沿いの下館駅入口近くにある食事処のアプローチに元々あったトロッコの線路がオブジェとして復元保存されています。通りからの撮影で分かりにくいですが、暖簾の奥に線路がありました。
食為

帰りは桜川筑西ICから北関東自動車道に乗り常磐道へ出ました。途中の笠間SAで休憩中、隣りに自衛隊のトラックが停車しました。前面に「災害派遣」と書かれています。被災地から東北道、北関東自動車道、常磐道と通って霞ヶ浦あたりへ帰る途中のようです。災害時には自衛隊の働きが不可欠です。自衛隊の活躍ぶりには感謝せずにはいられません。本当にありがとう!
自衛隊災害派遣

東京の夜道は電力不足で暗くなっています。首都高も同様です。先月は通常よりも暗くて恐怖感がありました。(お陰でスピードは抑え目になりますが)今日は暗くならないうちに早めの帰宅です。

WEB軽探団 日鉄尻屋崎(青森県)

けっぱれ!東北!

2011.04.16 日鉄尻屋崎を公開しました。

日鉄尻屋崎

WEB軽探団 日鉄尻屋崎

軽探団 2011.04.15 羽田・川崎・子安

2011.04.15 謎の京浜臨海地区

東京都大田区にある萩中公園へ入換用の加藤君に会いに行きました。説明板によれば昭和30年製の5t。経歴は尼ヶ崎(原文通り)、玉造(大阪環状線)、東觜崎、大船工場とありますが何故ここに保存されたのかは不明です。
萩中公園 加藤DL

萩中公園から首都高羽田線の下を通って荏原製作所を目指しましたが道を間違え着いたのがここです。東糀谷の北前堀の河口近くにある船溜ですが、船を降ろすスロープに線路が!ウインチの横の小屋に「糀谷漁業組合」と書かれていました。
糀谷漁業組合

お目当ての荏原製作所はグーグル地図の航空写真で工場内に軌道を発見した為に行きましたが、工場は既に取り壊されていました。残念!モノレールからは敷地内を狙えそうですが…。

多摩川を渡り川崎市へ。浮島方面へ向かいます。途中、神奈川臨海鉄道の浮島橋の手前で折れて脇道へ。すると突然列車が通過しました。慌ててシャッターを切ります。実はここ、立入禁止の看板が出ていましたが、釣り人がいて心強いです。(そりゃ不法侵入や!)
神奈川臨海鉄道 浮島橋
「私有地」なら撤退しますが一応「市有地」なのでチョットお邪魔を…。ドン詰まりの先が大陽日酸の工場でフェンス越しに線路が!しかしそのレールにトロッコっぽさは全くなく、神奈臨のDLがやって来てもおかしくないほど立派でした。レールの溝も埋められてます。
大陽日酸

次に向かったのが桜川公園。唯一現存する川崎市電の車輌を見て横浜方面へ行くと…。こんな通りに出ます。
桜川公園 川崎市電
市電通り(川崎市)

最後に子安通りの平戸製作所に寄って家路につきました。
平戸製作所

風の強い一日でしたが、久しぶりのウロウロ取材を楽しみました

WEB軽探団 新日鉄釜石(岩手県)

けっぱれ!東北!

2011.04.14 新日鉄釜石製鉄所を公開いたしました。

新日鉄釜石

WEB軽探団 新日鉄釜石製鉄所

WEB軽探団 みろく沢炭鉱資料館(福島県)

けっぱれ!東北!

大変、お待たせいたしました。
2011.04.13 みろく沢炭鉱資料館を公開いたしました。

みろく沢炭鉱資料館

WEB軽探団 みろく沢炭鉱資料館

満開のサクラ

震災でお亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

一ヶ月前の3月11日14時46分頃に発生した地震は東京都にある職場で揺れを感じました。揺れがだんだん大きくなってきて普通の地震ではないとは思いましたが、こんな大惨事になるとは想像できませんでした。しかし東京近郊でも電車が停まり、電気が消え、石油タンクが燃えて黒い煙を吐き、液状化で水が噴出し、夜には津波の余波が川を上り普段流れがないようなドブ川に凄い勢いの流れが発生したのです。

それでもテレビに映し出される被災地を襲った津波の圧倒的な自然の脅威には比較の対象にすらなりません。自分の気持ちが言葉にすらなりませんでした。

一体どれだけの被害が出るのか?一ヶ月経った今でもハッキリしません。新聞を開けば日を追うごとに増える死者の数。この先いつまで増え続けるのでしょうか?行方不明者もまだたくさんいます。復興まではまだ長い年月が必要だと感じます。

昨日の夕方、仕事の帰り道で桜の花がキレイに咲いている事に気付きました。桜の花が咲いているのは分かっていましたが、多分、あまり上を見ずに歩いていたんだと思います。ふと見上げたら夕暮れの濃い青色の空に桜の花が街灯に照らされ、風に揺れていたのです。しばらく足を止めて枝を見上げていました。

今朝、いつも利用している駐輪場にある桜の木を青空を背景に写真を撮ってみました。いつの間にか満開になっていました。

桜 2011.04.11横浜

ここ何日か余震が再び強く揺れています。今夜も福島県は特に揺れが続いています。

でも、そろそろ上を向いて歩いてみようか…、と思います。ブログには震災後に宮城県からのアクセスもありました。WEBサイトにもコンスタントにアクセスがあります。有り難いことに、こんなブログやWEBサイトでも期待して訪れて下さる方がいるんだ…、と気付きました。

近々取材活動、公開作業を再開します。少しでも早く被災地にキレイなサクラが咲くのを祈っています。


券探団 井笠鉄道の硬券

祈・復興!頑張れ東北!

これ、井笠鉄道のキップ(硬券)なんです。本物ですが、ちょっと変じゃありませんか?

井笠鉄道新山から国鉄山陽本線の笠岡乗換えで大門までの硬券キップです。日付が昭和62年3月30日、国鉄がJRになる2日前です。が…、

井笠鉄道の廃止は資料によれば1971(昭46)年3月31日です。どういう事なのでしょうか?

井笠鉄道硬券
ネタばらしをしますと、実はこのキップは井笠鉄道記念館で発売されていた(現在は不明)硬券でした。新山から笠岡までは井笠鉄道バス、笠岡から国鉄で一駅の大門までです。笠岡まではバスに乗れますので、帰路はこれでバスに乗って、一駅分付けることで下車する際に見せるだけでOK あとは乗らずに記念品として戴けるという寸法です。廃止になってからもキップが手に入るなんて、なかなか粋な企画ですよね。他の区間のキップも販売していました。

井笠鉄道記念館
所在地:岡山県笠岡市山口1457-8 交通:笠岡 バス(新山)→歩5
公開:9:00~17:00・水曜日休館 見学無料

※井笠鉄道記念館は元新山駅駅長が井笠鉄道の車輌などを管理している、個人運営の記念館ですので、臨時休館等があるようです。

ネタ探団 書類整理をしていたら

目指せ!早期復興!頑張ろう東北!

年度変わりで職場の書類を入れ替えていたら、明らかにここ何年か放置されたダンボール箱が出てきました。開けてみると私の前々々々々任者の筆跡と思われる書類が…。(これ、いつから置いとんじゃ!)多分、必要ない書類だろうな、とは思いながらも一応中身を確認していたら意外なものが!

住友金属工業製鋼所(大阪)01
大阪にある住友金属工業製鋼所の会社案内のパンフです。「これは!」、一瞬手が止まりました。住友金属の製鋼所といえば、かつて610mmのナロー軌道を有していた所ではあ~りませんか!何故こんなもんが職場にあるのでしょうか?因みにウチの仕事と住友金属には何の接点もありません。

興味津々で開いてみました。まずはペラペラめくって…、ナロー軌道に関する…、写真…、記事…、無いな!…、ありませんでした

残念ながら工場内のナロー軌道は載ってませんでしたが、いくつか目を引くページがありましたので紹介します。

住友金属工業製鋼所(大阪)02
まずは構内図。引込線の入り具合、施設の配置など、これは資料になりそうです。

住友金属工業製鋼所(大阪)03
次に製品一覧の抜粋。中ほどに「トロッコ用車輪」がありますが、住友金属の分類としては鉄道車輌用ではなく産業機械用なんですね。

住友金属工業製鋼所(大阪)04
これは車輪圧入機の写真です。車軸に車輪を押し込む機械ですが、注目すべきは機械ではなく手前のレールです。全部で8本ありますが、間隔が不揃いです。恐らく組み合わせにより各ゲージに合うようになっているのではないでしょうか?一番狭いのは何ミリなんでしょう?

住友金属工業製鋼所(大阪)05
鉄道用車輪、車軸の製品例です。「鉄道用」なんで「トロッコ用」はありません

住友金属工業製鋼所(大阪)06
最後は組立品のサンプル写真。貨車用台車なんかもありますが、中でも目を引くのは一番下の怪しげな車輌。製鉄用専用車両(250トン積鋼塊車)と説明があります。長物車のような台車ですが、曲線では台車がどのようになるのでしょう。製鉄所の中のどこかで活躍しているのでしょうか?

ここの軌道は1987年頃に大部分が廃止、撤去されてしまいましたが、構内に軌道が残っていることは得意のグーグルマップ航空写真で辛うじて確認できます。しかし、公道を横切る軌道が撤去されて以来、紹介される事がなくなってしまいました。現在ではその構内軌道も使用されているのかどうかも分かりません。

住友金属工業製鋼所
所在地:大阪府大阪市此花区島屋5-1-109 交通:安治川口 歩
区間:製鋼所内 軌間:610mm 動力:内燃
参考資料:RM011p39-41・RM017p63・ナローの散歩道p94-95(1976.10.02・1984.08.07・1984.10.06)など

本探団 日本カメラ №832

目指せ!早期復興!頑張ろう東北!

今回は鉄道誌ではなくカメラ(写真)雑誌です。

年度始めなので、新鮮な感じのするネタを!

もう表紙を見ただけでもワクワクするでしょ?この道(どんな道や!)の方ならすぐにお分かりですよね。屋久島です。鉄道誌でもなかなかここまでは発表できませんわ

2010年の5月号ですので、約1年前の発行になります。カメラ雑誌に屋久島が出ているという情報は聞いてはいたんですが、チェックしただけで購入しそびれました。それが先日、ブッKオF(どんな伏字やねん!)に寄った際に思い出し探してみたところ見事にヒットし購入しました。ブッKオFは古本屋では比較的高値なので積極的には購入しないのですが、品揃えと目的の本の探し易さは文句なしです。基本の定価の半額で購入です。

日本カメラ №832 2010.05号

カメラ雑誌だけあってさすがに写真がきれいです。表紙だけでなく、本文中に8葉、解説に2葉の写真が掲載されていて、構図など鉄道誌とはひと味違った印象です。

現在、屋久杉は伐採させるのではなく、放置された切り株など(土埋木という)を活用していますが、軌道の沿線はすでに運び出されていて、今後、搬送はトラック等に切り替わる可能性が高く、林鉄としての使命は終焉に近いということです。

昨年の1月に崖崩れで使用不能になり、その後の復旧情報は聞いていません。一体どうなっているのでしょうか?もしかしたら…。トロッコマニアなら一度は訪れたい屋久島。生きた林鉄として鉄道遺産にでも登録したいものであります。

日本カメラ №832(2010.05号)
■安房森林鉄道(愛林) 表紙,p25~30,p73(オールカラー)
■定価840円 ■B5版

撮影者:梅木隆秀

トロッコ分★★★☆☆(3) ページ数は少ないが一見の価値あり!


プロフィール

情報家S藤

Author:情報家S藤
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

軽探団メンバー
写真右から
団長
情報家S藤
Tちゃん
団員H君

神奈川県出身?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

E-mail

keitandan@live.jp

軽探団団員心得
●その1
 「ゲリラトロッコ探索ごっこ軍団」は長いので『軽探団』と略す。間違っても『ゲリ便団』と言ってはならない。
●その2
 乗れるトロッコにはとりあえず乗る。
●その3
 軽探団は常に新しいトロッコ情報の収集に努める。
●その4
 レポートは軽探団の個人的な好みを基本にする。
●その5
 広軌や標準軌を無視してはいけない。
●その6
 無断立入禁止の所では、「ごめん下さい、どなたですか?軽探団がやって参りました、まあ遠いとこ良く来たねえ…お入りください、ありがとう」と断ってから入る。
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

WEB軽探団(今年のUP履歴)
リンク(乗継案内)
最新コメント
最新トラックバック
インフォメーション
当ブログ及びWEB軽探団は鉄道系、トロッコ系サイトに限りリンクOKです。(連絡不要)

《2016.07.03》
●WEB軽探団写真帖ページを更新しました。
●WEB軽探団下記本文を更新しました。
 22横山川産業
 22鎌田屋商店

《2016.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。

《2015.01.01》
●WEB軽探団トップページの写真を更新しました。
●WEB軽探団に図書室を開設しました。(作業中)

《2014.09.19》
●軽探団団員心得を少し修正しました。

《2014.07.01》
●ブログ全ページの文字を大きくしました。

《2013.09.10》
●リンクの追加
「つねぴょんの"撮り鉄人生"」、
「青春コレクション~つねぴょんの撮り鉄人生~」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.12.28》
●リンクの追加
「Rottem's Website」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.10.27》
●リンクの追加
「歩鉄の達人」さんと相互リンクさせて頂きました。

《2012.09.21》
●トップページの表示件数を10件に増やしました。古くならないように頑張って更新します。

《2012.04.26》
●WEB軽探団にて資料室を開設いたしました。
トロッコや軽便鉄道に関する資料を順次アップしていきますのでご利用下さい。
主にPDFにて保存してありますが、サイズがやや大きいものがあります。
WEB軽探団のトップページから入室して下さい。

《2012.01.03》
●リンクの追加
団長の昔のHP「木曽森林鉄道」の仮復刻版をリンクしました。
私の後姿も写ってます。ヨロシク!

《2011.10.25》
●WEB軽探団INDEXの表示変更
特派員情報の内容を表示しました。

《2011.09.12》
●WEB軽探団の整理完了
北寺尾パーキング(神奈川県)、
杤原地区治山工事モノレール(兵庫県)、
榎山炭鉱(山口県)を全国小ネタ集に編入しました。

各タイトルに「探」の文字を挿入しました。

目次をマイナーチェンジしました。

《2011.09.09》
●ブログのカテゴリの再編、整理が終了しました。

《2011.09.05》
●WEB軽探団、BLG軽探団の整理をします
・今月いっぱい、タイトル、カテゴリなどが変更になる場合があります。ご了承下さい。(記事を変更する予定はありません)

《2011.07.20》
●WEB軽探団のトップページを若干変更しました

《2011.01.07》
●「レイルエンヂニアリング」さんと相互リンクさせて頂きました。